Tech Days フォローアップ(その7)  ADO.NET Entity Framework ストアドプロシージャのプログラミング Object Services編

みなさん、こんにちは。今日はADO.NET Entity Frameworkにおけるストアドプロシージャの利用方法についてご紹介します。今日はObject Services編です。次回から.NET Framework 4.0で搭載される予定の様々な機能をご紹介していきます。

プログラミングの詳細は下記のURLをご参照ください。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb896334.aspx

ここではストアドプロシージャとEntityをマッピングして実行する方法をご紹介します。

といっても非常に簡単です。

まずは下図のようにEntityを選択して、右クリックします。コンテキストメニューにストアドプロシージャマッピングがあるのが確認できます。

選択すると下図のようにマッピングの詳細ペインでCSDLに定義されているストアドプロシージャが選択できるようになります。トリガーとなるイベントはInsert、Update、Deleteです。

以上です。

Entityに対してUpdate、Delete、Insertを実行すれば、関連付けたストアドプロシージャが呼び出されることになります。以下はご参考。