Visual Studio Team System Web Access 2008 Power Tool

今回はVisual Studio Team System Web Access 2008 Power Tool(以下TSWA)のご紹介です。

TSWAは、12月14日に日本語版がリリースされた、Visual Studio 2008のTeam Foundation ServerのWebインターフェースです。Team Foundation Serverのクライアントとして、Team Explorerで可能なほとんどの機能を提供します。

英語版は、既に以下のダウンロードセンターに公開されています。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=C568FBA9-3A62-4781-83C6-FDFE79750207&displaylang=en

Visual Studio 2005に対応するバージョンも以下のところからダウンロード出来ます(ページは日本語ですが英語版です)。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/products/vsts/wa/

Visual Studio 2005に対応するバージョンは英語版のみでしたが、今回のVisual Studio 2008に対応するバージョンでは、各国語にローカライズされたものがリリースされる予定で、日本語版を先行して、現在ローカライズ作業および検証の最中です。

TSWAの主な機能としては、以下のようなものがあります。

  • 新しいワークアイテムの追加、既存のワークアイテムの編集
  • 新しいワークアイテムクエリの追加、既存のワークアイテムクエリの編集
  • ワークアイテムやクエリ結果へのダイレクトリンク
  • ワークアイテムフォーム上のカスタムコントロールの表示
  • 新しいビルドの待機状況の確認
  • SharePointチームポータル上でのドキュメントの参照、ダウンロード、アップロード、チェックイン、チェックアウト
  • レポートの参照、PDFまたはExcelへのエクスポート
  • ビルド結果の参照、ビルドのスタートまたは停止
  • ワークアイテム中のキーワード検索

なお、クライアントととしては、Internet Explorer 6以降、または、Mozilla Firefox 1以降となっています。

英語になりますが、参考資料が以下のところにありますので、御覧下さい。

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb892990.aspx

Visual Studio Team Systemの将来のリリースでは、TSWAは製品に組み込まれる予定です。

また序でではありますが、英語版が12月21日に公開されたばかりの、Visual Studio Team System 2008 Team Foundation Server Power Toolsというものもあります。こちらは現段階ではローカライズプランはありませんが、英語版は以下のところに公開されています。

http://msdn2.microsoft.com/en-us/tfs2008/bb980963.aspx

このTeam Foundation Server Power Toolsは以下のツール群を含んでいます。

  • Team Foundation Power Tool command line tool (TFPT.EXE) - コマンドラインツール群
  • Build Notification - ビルドステータス監視ツール
  • Process Template Editor - TFSプロセステンプレート編集ツール
  • Custom Check-In Policy Pack - Check-Inポリシー群
  • Team Foundation Server Best Practices Analyzer - TFS診断ツール
  • Work Item Templates - ワークアイテムテンプレート集

以上、Team Foundation Serverに関連したツールのご紹介でした。