USB 2.0 カーネル デバッグ その後

こんにちは、K里です。今回は、以前ご紹介した USB 2.0 カーネルデバッグについての追加情報をお知らせします。USB デバッグの詳細については、まずは以下の記事をご一読いただけますと幸いです。

 

USB 2.0 カーネル デバッグ 前編

USB 2.0 カーネル デバッグ 後編

 

上記記事の前編にて、ターゲットマシンの設定 (3) に以下のコマンドがあります。

 

  bcdedit /set {identifier} loadoptions busparams=x.y.z

 

これは、カーネルデバッガ接続のために使うデバイス (USB EHCI の Host Controller や 1394 Host Controller) を一意に指定するために、デバイスマネージャーで確認される busparams=<Bus>.<Device>.<Func> の入力を行いますが、この busparams の指定方法が、USB デバッグの場合、ターゲット OS によって何進数で入力するのかが異なります。以下、1394 デバッグも併せてターゲット OS 毎の指定方法を記載します。

 

Target OS

USB 2.0 Debug

1394 Debug

Windows Vista &

Windows Server 2008

16 進数で入力

10 進数で入力

Windows 7 &

Windows Server 2008 R2

10 進数で入力 new!

10 進数で入力 new!

 

上記の通り、Windows 7 & Server 2008 R2 で USB デバッグ接続する場合、デバイスマネージャーの表記のまま (下図をご参照ください) busparams を入力することになります。一方で、Windows Vista & Server 2008 の場合は、以前の記事で説明したとおり、デバイスマネージャーの表記を 16 進数に変更して入力します。1394 デバッグ接続では、OS 問わず、10 進数で指定します。このため、USB デバッグの場合、busparams の指定方法が OS によって異なりますのでご注意ください。

 

ehci 

 

 

例えば、上記 “PCI バス 0 デバイス 29 機能 7” のコントローラーをデバッグ接続のデバイスとして指定する場合、以下のようにコマンドを実施します。

Windows Vista & Server 2008 の場合

bcdedit /set {identifier} loadoptions busparams=0.1d.7

Windows 7 & Server 2008 R2 の場合

bcdedit /set {identifier} loadoptions busparams=0.29.7

ではまた。

Appendix

BCDEdit /set - loadoptions busparams=Bus.Device.Function

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa906211.aspx