Windows Touch

ご無沙汰しております。なおきお~です。

年末となり、皆様、如何お過ごしでしょうか?

今年最後の投稿をさせていただきます。

 

まず、私たち、DDK/WDK サポートチームの中で、今年 最も大きなニュースは、やはりWindows 7のリリースです。

そのWindows 7のデバイス ドライバ関連でのトピックと言えば、Windows Touchがあります。

 

さて、Windows Touchに対応したデバイス ドライバというのは、どうやって開発するのかご存知でしょうか?

開発するデバイスにもよりますが、USB の HID デバイスならば、Windows 7標準のデバイス ドライバが動くので、デバイス ドライバを開発/提供しなくてもいいのです。

 

Windows Touch Overview

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee220483.aspx

抜粋: If your digitizer device supports HID in firmware, you are not required to provide a driver.

 

さて、デバイス ドライバは、必要ないとして、USB HID のデバイスは、どうすればいいのだろう?と思われた方は、HID の仕様書をご確認ください。

HID Informationには、Multi-touch digitizersの情報があります。このMulti-touch digitizersに準拠していたら、Windows 7標準のデバイス ドライバが動きます。

 

HID Information

http://www.usb.org/developers/hidpage/

 

私たちは、DDK/WDKをご利用いただき開発をしていただきたいのですが、デバイスをご提供されている皆様の立場の場合、デバイス ドライバを開発せず、デバイスだけを開発する方が負荷が減ると思います。

 

なお、USB の HID デバイスではない場合はどうするの?という場合は、デバイス ドライバを開発する必要がありますが、以下のようなHID ClassのMinidriverのサンプル コードを提供しています。そのためデバイス ドライバを開発する必要がある皆様も決してスクラッチ開発をしなくてもいいのでご安心ください。

 

WacomKMDF Driver

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee220508.aspx

 

Elotouch Driver

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee220514.aspx

 

WDKドキュメントで、皆様のシナリオに合うトピックを見つけて、サンプル コードをご利用いただければ幸いです。

 

それでは、皆さん、よいお年をお迎えください。