Windows Update に失敗したら

みなさま、こんにちは。WSUS サポート チームです。

今回は Windows Update に失敗した場合に、一般的にご確認いただきたいこと等についてご紹介します。

 

Windows Update に失敗した場合に、一般的にご確認いただきたい対処方法


「先月まで上手く適用出来ていたのに、なぜか今月は上手くできない!」といった場合等には、以下ブログの手順をご確認ください。ブログの中でも紹介している通り、まず実施いただきたい対処方法となります。

Windows Update クライアントの情報をクリアにする手順 https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2014/12/02/windows-update-3/

また、以下の公開情報では Windows Update に失敗した場合に実施いただきたい内容を、ウォークスルー ガイドで紹介しています。上記のブログで紹介している手順でも解消しない場合には、ウォークスルー ガイドに沿って対処をお試しください。

Windows Update 問題を修正する https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10164

 

Windows Update になぜ失敗したのかを調査したい


「対処方法を色々と実行するのではなく、なぜ問題が発生したのか知りたい」という場合や「上記の対処方法は実施出来ないから、その他の対処方法を調査したい」という場合等は、ログから調査等を行う必要があります。

ログの調査の仕方については、以下のブログや公開情報にて紹介しているのでご参考としてください。もちろん弊サポート部門へお問い合わせいただくことも手法の 1 つとなります。

ReportingEvents.log の見方 https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2018/02/02/rpev/

Windowsupdate.log ファイルの高度なユーザーを理解します。 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4035760/understanding-the-windowsupdate-log-file-for-advanced-users

また、Windows 10 でのアップグレードに失敗する場合の調査の手法については以下の公開情報にて紹介しております。

Windows 10 のアップグレード エラーの解決: IT 担当者向けの技術情報 https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/deployment/upgrade/resolve-windows-10-upgrade-errors

しかし、多くの端末の管理を行われている場合には、Windows Update 失敗している端末に対して 1 台 1 台調査を行うと非常に多くのコストが掛かってしまいます。共通したエラーであれば 1 台の端末の調査で調査は完了しますが、最悪の場合、端末毎にエラーの状況が異なり、失敗しているそれぞれの端末で調査が必要となる可能性があります。そのため調査を行う前に、調査を進める価値があるのかも含め、慎重に検討をすすめる必要があります。

例えば、以下のような場合には、迷わず調査を行う必要があるものと考えられるでしょう。

  • 共通したエラー コードが複数の環境で継続して発生している
  • 事象が発生している環境が、ビジネス上重要なものであり対処が実施しづらい環境である
    (役員が利用している端末、業務上重要なサーバー上で問題が発生している等)

逆に上記のようなケースに当てはまらない場合には、まずは一般的にご確認いただきたい対処方法を、まずはお試しいただき、それでも解消しない場合には調査を進めるという運用も一つの手法となります。

また、よくお問い合わせいただく問題や対処方法については、本ブログでも随時紹介してまいりますため、是非ご参考としてください!