WPF/E CTP SDKのインストールについて(続報)

今月初旬に公開されたWPF/E CTPのSDKですが、以前、日本語環境にはインストールできないということを書かせていただきました。

“WPF/E” CTP SDK

インストールできない原因は、Web Application Project(WAP)が日本語環境に提供されていなかったからなのですが、そのWAPも、Visual Studio 2005 Service Pack 1(VS2005SP1)の一部として日本語環境にもリリースされました。

Visual Studio 2005 Service Pack 1

VS2005SP1適用後、WPF/E CTP SDKをインストールしたところあっさりインストールはできたのですが、実は、WPF/E CTP SDKにも変更が加えられていたようで、VS2005SP1未適用の環境であってもWPF/E CTP SDKのインストールが可能になっていました。

とはいえ、VS2005SP1では、数々の新機能もありますので、ぜひインストールください。

※この投稿は、WPF/E CTP およびWPF/E CTP SDKの日本語環境での動作を保証するものではありません。 

WPF/E CTP SDKダウンロード
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=2B01EC7E-C3B8-47CC-B12A-67C30191C3AA&displaylang=en

Visual Studio 2005 Service Pack 1
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/downloads/sp/vs2005/sp1/

Visual Studio 2005 Service Pack 1 新機能
http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/88fx1xy0(VS.80).aspx