【結論】 Microsoft iSCSI Target を無償提供

多くを語る必要はなさそうですねスマイル

Microsoft は、Storage Server のオプションとして数十万円もしていた iSCSI Target を無償でダウンロードできるようにしました!

Microsoft iSCSI Software Target Download

ファイバーチャネルによる SAN の良さはあると聞きますが、コスト削減を目指して仮想化導入を決めた企業にとって iSCSI という選択肢は現実のものとなりました。

そして、この iSCSI Target は、Windows Server をストレージに変えるソフトウェアとなりますので、Windows の操作に慣れている方であれば、ハードウェアストレージに詳しくなくても導入が可能です。

****
さて、どうやって使うのかが知りたい方は、こちらの資料をご覧ください。

セッション資料:
Hyper-V 2.0 & Microsoft VDI の環境を一から作る
高添 修
[PDF→] [XPS→]

少し前に私がやっていたセミナーの資料で、上記 iSCSI Target のインストールから接続方法、Hyper-V のライブマイグレーション環境の作成までの手順を追ったものになります。

====
少しだけ解説をしておきましょう。

この iSCSI Target は、6.5MB 程度のモジュールで、インストールは1~2分。

そして、インストール後に作る LUN は VHDファイルそのものになります。

VHDファイルにiSCSI経由でアクセスすると、なぜか共有ストレージに見えていて、フェールオーバークラスタ環境が作れるわけです。

「VHD は仮想化技術そのものである。」と言えばよいでしょうか。

すぐにはイメージがわかないと思いますが、一度触れば意味が分かります。

そして、無償化されたのでいつでも使えます。

是非、一度使ってもらえるとうれしいです。

念のため、本社側の発表に使われたサイトも掲載しておきます。

http://blogs.technet.com/b/virtualization/archive/2011/04/04/free-microsoft-iscsi-target.aspx

日本マイクロソフト 高添