.NET を利用して Excel のプログラミングのお役立ち情報

VSTO を利用した Office のプログラミングで一番困ることはなんでしょうか?

立場によって違うとは思うのですが、

.NET の開発者であれば、VSTO クラスを利用した Office プログラミングのお作法でしょうか。

ここは Office のオブジェクトモデルがベースとはなっておりますので、そのあたりをご周知であれば問題はないかと思います。

VBA・マクロを利用したOffice の開発者からすると Office プログラミングのお作法は問題ないとは思うのですが、やはり、.NET 部分でしょうか。

.NET 開発者の中でも、VB 派と C# 派に分かれるかと思います。

そうすると、そのあたりのお作法で問題になるのかなと。

VSTO 開発でいうと実はこれらの要素を結構、埋めないといけないので身近な開発手法のはずが、実はしきいが高いような気がしています。

なので、大事なのはやはり情報だとは思うのですが、MSDN ライブラリ以外の情報というところでは分散化していたり、現場で必要なコードやお作法は公開されていなかったりします。

でも、ユーザーの業務が見える開発手法なので、クライアントの引きも以外とよいので、この開発手法を取られるケースも増えてきているのが最近の現状かなと思います。

私自身も実際のシステムではないのですが、VB から C# に変換しているコードがあるのですが、上記のような穴に落ちたりして、以外とはまります。

そんな時に VSTO Excel 開発のお作法ということで、以下の情報が役立ちました。

最新の VSTO ではなく、各シートに対して想定されたコードは用意されておりませんが、VSTO におけるExcel開発のお作法というところで、大事なところが抑えられています。

.NET 開発者の観点から捉えた Excel オブジェクト モデル

http://www.microsoft.com/japan/msdn/office/vsto2003/ExcelObj.aspx

逆引きというかこういう本があればVSTOはもっと広まるのかなと思います。

うちの関係各位の皆様、どうぞご出資ください。(笑)

VS も DB も売れますよー。Office も最新バージョンの訴求ができます。(笑)

もれなく、SharePoint もついて、OBA も訴求できるし。

今、めちゃくちゃ忙しいこだかさん(こだかさんすみません。m(__)m)とがんばりますので。(笑)