作業ウィンドウから、SharePoint のライブラリに保存する方法

久々の更新になります。(本当にすみません。)

セミナーや顧客対応で VSTO のお話をすることはあるのですが、

それ以外の Office の案件(互換性への対処、展開方法)も多く、なかなか、最近は自己研鑽をおこなう場が少ないです。

いろいろと試してみたいことはあるのですが、時間が取れず、すみません。

ただ、お客様へ提供するデモやセミナー対応の中のトピックは引き続き取り上げていきたいと思います。

昨日、社内の方からタイトルの件について、ご質問をいただいたのですが、

この場で簡単に説明をしてみたいと思います。

作業ウィンドウのボタンから、SharePoint のライブラリに保存する場合ですが、以下のような構文で対応が可能です。

Globals.ThisWorkbook.Application.WorkBooks(1).SaveAs("URL & ファイル名")

具体例としては以下でしょうか。

Dim orderData As String = Globals.Sheet1.DateTimePicker1.Text.Replace("/", "-")
Dim shopID As String = Globals.Sheet1.Shop_NAMEComboBox.Text.ToString
Dim salesPersonID As String = Globals.Sheet1.Person_NAMEComboBox.Text.ToString
Dim xten As String = ".xlsx"

Globals.ThisWorkbook.Application.Workbooks(1).SaveAs("http://testsite/Order/Shared%20Documents/" & orderData & "_" & shopID & "_" & salesPersonID & xten)

MessageBox.Show("ファイルは保存されました。")

このサンプルでは URL 名のあとにファイル名として、特定のコントロールのテキストをファイル名の要素として利用しています。

以下のサイトに詳細な記述があります。

Microsoft Office System による Microsoft Windows SharePoint Services の使用
http://www.microsoft.com/japan/msdn/office/office2003/odc_ofofficesysandwss.aspx

今回、ご紹介した内容は Office 2003 と Office 2007 開発の双方で利用可能です。

ということで、SharePoint のライブラリへの保存方法についてご紹介させていただきました。