VSTO Power Tools ってご存知ですか? 

久々に VSTO ネタですが、

「こんなんありますよ」と改めてというかんじですね。

かなり昔、社内のメーリングリストで VSTO Power Tools の機能を紹介したのですが、次のブログネタの前振りも兼ねてその時に利用したメールの内容をそのまま紹介します。

Microsoft Visual Studio Tools for the Office System Power Tools v1.0

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=46B6BF86-E35D-4870-B214-4D7B72B02BF9&displaylang=en

ご存じの方もいらっしゃるとは思うのですが、VSTO による開発の機能を拡張してくれるツールです。

こだか師匠も以下のブログで紹介されている内容ですね。

http://blogs.msdn.com/tarok/archive/2008/02/22/microsoft-visual-studio-tools-for-the-office-system-power-tools.aspx

概要:

VSTO に組み込むツール

l OpenXML Package Editor

VSTO からOpenXML ファイル形式を開いて、編集できるツール

主にカスタムXML の組み込みやOpen XML ファイルのXML レベルでの修正が可能なもの

l Ribbon IDs ToolWindow

リボンのカスタマイズ時のボタンにイメージを挿入したい場合のイメージの挿入とIDのマッピング

コマンドラインツール

l SharePoint Feature Sweeper (SPFeatureSweeper.exe)

Workflow Featureを一括して削除してくれるツール(ステージング環境で有効)

l SharePoint Workflow Package Generator (WorkflowPackageGen.exe)

VSTO のワークフローソリューションから、関連するファイルを含めて、直接 WSP ファイルをビルドしてくれるツール

l VSTO/VSTA Pipeline Verifier (PipelineVerifier.exe)

VSTO/VSTA のパイプラインの整合性をチェックし最適化するツール

l VSTO Developer Cleaner (VSTODeveloperCleanupTool.exe)

使われていない、信頼済みの VSTO ソリューションやソリューションフォルダ、レジストリエントリを整理してくれるツールです。

VSTO のデベロッパーには便利かもしれません。私の環境ではゴミだらけでした。

l VSTOTroubleshooter.doc (VSTOTroubleshooter.exe)

現行の VSTO の開発環境を確認してくれるもので、動作環境などのチェックとレポートをおこなってくれます。

リファレンス

l Office Interop Extensions (OfficeInteropAPIExtensionsUsersGuide.docx)

.NET Framework 3.5 で拡張された Office Interop API についての説明です。

LINQ を Office 開発でどう利用するかの説明もあります。

Open XML 開発だとどうしてもコード量が多くなるところですが、LINQ を利用することで大幅にコード量を削減できます。

LINQ の利用は極めて相性がよいものだと思います。

また、VSTO の技術解説で、.NET と COM アプリを接続する PIA とその動きについて説明があります。

l UI Manager (UIManagerSampleTool.doc)

複数のアドインが存在した場合に連携させて、UI 上で動作を統合させるクラスとその使い方資料

Word、InfoPath、Outlook のサンプル付きです。

手順:

まず、以下のファイルをダウンロードしてインストールする必要があります。

Microsoft Visual Studio Tools for the Office System Power Tools v1.0

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=46B6BF86-E35D-4870-B214-4D7B72B02BF9&displaylang=en

l VSTO_PTExtLibs.exe

l VSTO_PTRibbonIDs.exe

l VSTO_PT.exe

これをインストールすることで、既定だと以下のフォルダに各アプリケーションとその説明書きが保存されます。

※いくつかのアプリはアドインとして、VSTO に組み込まれるようです。

既定のフォルダ

C:\Program Files\Microsoft VSTO Power Tools 1.0

VSTO に組み込み

l OpenXML Package Editor

l Ribbon IDs ToolWindow

コマンドベース

l SharePoint Feature Sweeper(SPFeatureSweeper.exe)

l SharePoint Workflow Package Generator(WorkflowPackageGen.exe)

l VSTO/VSTA Pipeline Verifier(PipelineVerifier.exe)

l VSTO Developer Cleaner(VSTODeveloperCleanupTool.exe)

l VSTOTroubleshooter.doc(VSTOTroubleshooter.exe)

以上です。

次のブログでちょっと小ネタをご紹介します。