ユーザーの条件に基づいてクラウドに移行するためのガイダンス

原文の記事の投稿日: 2011 年 10 月 5 日 (水曜日)

​新しいホワイトペーパー「Hybrid SharePoint Environments with Office 365」の紹介

ハイブリッド (名詞) - 本質的に同じ機能を果たす 2 種類の構成要素を持つもの (動力装置、自動車、電子回路など)。
- Merriam-Webster.com

Office 365 は現在および将来にわたってあなたの総合的なコミュニケーションとコラボレーションの戦略プランに適合するでしょうか。SharePoint の場合、ファイアウォール内で全面的にクラウドを採用する予定ですか。それとも、Office 365 内でオンラインおよび社内の両方について SharePoint 環境全体にわたって混合展開でクラウドへの移行を開始する予定ですか。この分野での洞察を提供するものとして、「Hybrid SharePoint Environments with Office 365」という新しいホワイトペーパーを次の場所からダウンロードできます。www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=154e9524-27a1-4c1f-b4ea-efeb0027b1bc (英語)

2011 年 6 月 28 日の時点で、Office 365 は Active Directory フェデレーション サービス (ADFS) を通じてシングル サインオン (SSO) を行える機能を導入しました。これを設定すると、エンド ユーザーが社内とオンライン境界の間で安全に移動できるようになります。「Hybrid SharePoint Environments with Office 365」では、SSO を超えて SharePoint と SharePoint Online を拡張するための手順を説明しており、クロス ドメイン情報アーキテクチャを計画するためのベスト プラクティス、セキュリティとコンプライアンスの要件に取り組むための指針、および一貫性のあるエンド ユーザー エクスペリエンスを実現する際にブランド化とナビゲーションが果たす重要な役割についての知識を提供します。このホワイトペーパーは、さまざまなビジネス シナリオを平等に検討しており、それぞれの組織にどの展開アプローチが最適なのかを知るためのわかりやすいガイダンスとなっています。

ユーザーの条件に基づいてクラウドに移行することをお勧めします。また、このホワイトペーパーのハイブリッド ガイダンスと技術的機能を利用して、クラウド ロードマップの計画を立てることをお勧めします。 SharePoint チームは将来のハイブリッド シナリオの計画と設計を続けており、ユーザーをずっとサポートしていくことをお約束します。周到なハイブリッド展開計画によって、既に投資したものの間のギャップが埋められ、クラウドへの移行が容易になり、組織における迅速でクラウド ファーストなイノベーションが促進されるでしょう。

ぜひお読みください。
SharePoint チーム

関連リソース:

o シングル サインオン (SSO) を準備する – Office 365

o メイン Office 365 展開ページ

o Microsoft Office 365 Deployment Guide for Enterprises (英語)

o Office 365 for enterprises 用 SharePoint Online 計画ガイド

o 共存 - 企業向け Office 365 ベータ版

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は「Guidance to Move to the Cloud on Your Terms」をご覧ください。