コミュニティをセットアップしてカスタマイズする

原文の記事の投稿日: 2012 年 8 月 21 日 (火曜日)

​Reagan Templin は SharePoint を専門とするシニア テクニカル ライターで、Robin Miller は SharePoint チームのプログラム マネージャーです。

私たちは、以前の投稿で SharePoint コミュニティを紹介しました。ここでは、コミュニティをセットアップして、カスタマイズすることがどれほど簡単かを説明します。

私は、ライターとして、Microsoft にコンテンツ発行部門に属しています。コンテンツ発行部門では、当社のさまざまなサイト向けにコンテンツの作成、編集、管理、および発行する多くの人がいます。各部門には、特定の製品とスケジュールに即したさまざまなグループがあります。当社は、さまざまな製品、成果物、スケジュールに取り組んでいますが、中核的な目的は、常に同じ、すなわち、顧客に優れたコンテンツを提供することです。実践のコミュニティにより、経験とベスト プラクティスを共有し、従来の組織的な階層の外側で、類似の職務と責任を持つ他の人たちから学ぶことができます。ここでは、コンテンツ発行部門を例として、実践のコミュニティをセットアップして、カスタマイズしてみましょう。

コミュニティを作成する
Microsoft では、私は Microsoft IT 部門にコミュニティを作成するよう依頼できます。この部門が、SharePoint 環境内でコミュニティサイト コレクションが作成される場所を決定して、適切な管理設定を構成します。このコミュニティの発起人として、私はサイト所有者になり、サイトをカスタマイズし共有できます。さらに、その他のユーザーに対して、サイト所有者、モデレーター、メンバー、または訪問者のような適切なアクセス許可を選択します。他に、既存のサイトでコミュニティ サイト機能をアクティブにする方法もありますが、これについては別の機会に触れます。

コミュニティ テンプレートをカスタマイズする
私はコンテンツ発行コミュニティの作成を依頼して、それが作成されたという通知を受け取りました。最初にコミュニティを表示すると、既定のテンプレートでセットアップされています。これも悪くはないのですが、今ひとつ、このコミュニティが目指す専門分野を表していません。

もう少し見栄えを良くしてみましょう。[サイトの設定] (Site Settings) ページからいくつかの簡単な変更を行うだけ見栄えを良くできます。最初に、コミュニティの詳細説明を追加して、ロゴを変更します。
 

次に、外観を変更することにします。最初は、[そよ風] (Breeze) テンプレートを選択しましたが、別の背景と配色に変更することにします。背景を本の画像を置き換えて、もっとしゃれたカラー パレットを選択します。
 

これで試すことにして、サイトがどのように見えるかプレビューを表示します。この選択が気に入ったので、この外観を使うことにします。

カテゴリをセットアップする
サイトの見栄えがクールになったので、次の手順として、カテゴリをセットアップする必要があります。SharePoint ライブラリにすでにいくつかの画像をアップロードしておいたので、それらを使用して、これから作成する各カテゴリを表すことができます。また、メンバーがどこに質問を投稿するか分かるように、各カテゴリの説明を追加します。
 

コミュニティのメンバーには、カテゴリはこのように見えます。[全般] (General) カテゴリなどの、カテゴリの 1 つにマウス ポインターを置くと、そのカテゴリの詳細情報を見ることができます。
 

[コミュニティ情報] (About) ページには、既定のテキストがありますが、ここも少し手を入れます。これはリッチ テキスト エディターを使用する Wiki ページなので、編集は簡単です。
 

また、告知およびイベントのカレンダー用に [ホーム] (Home) ページにいくつかのアプリケーションを追加する必要があります。[サイト コンテンツ] (Site Contents) を開いて、このサイトにそれらのアプリケーションを追加します。次に [ホーム] (Home) を編集して、それらのアプリケーションを挿入します。メンバーがページを表示したとき、これらのアプリケーションが中央にはっきり見えるように、紹介テキストの下にそれらを移動します。
 

コミュニティおよび評価の設定を構成する
これで、このサイトがコミュニティを表すのにふさわしいものとなったので、次に、メンバーが参加し始める前に、コミュニティおよび評価の設定を確認して、微調整します。

 

最初に、[コミュニティの設定] (Community Settings) ページに移動します。作成の日付には問題がなく、自動承認は有効にしないことにします。最初は、コンテンツ発行グループ内のすべてのメンバーとコミュニティを共有しますが、その後は一回限りの要求を承認することになります。しかし、メンバーが投稿にフラグを付けられるようにする必要があります。多くのコミュニティでは自治が行われていますが、問題があれば、メンバーがモデレーターに通知できるようにしたいと思います。たとえば、投稿に問題がある場合や、投稿を他のカテゴリに移動する必要がある場合です。
 

次に、[評価の設定] (Reputation Settings) ページに移動して、何か変更する必要があるか確認します。ここでは、メンバー達成ポイントシステムを更新することにします。メンバーには、作成と返信をすることで 10 ポイント、"いいね!" には 20 ポイント、ベスト回答に 100 のポイントが与えられるようにします。これらの設定は後で編集できますが、メンバーが参加する前にセットアップすることがベストです。
 

サイトを共有する
次に、モデレーターたちとサイトを共有しましょう。コミュニティの繁栄には、コミュニティ管理が重要です。モデレーターの作業としては、メンバーを巻き込んで質問への回答を促進し、ベスト回答のマークを付け、活発な議論にマークを付けて更新し、メンバーを称賛し、報告されたコンテンツを監視するなどがあります。 
 

Alex がコミュニティに参加して、メンバーとして表示された後で、その他のメンバーがコミュニティ内で簡単に彼を識別できるように、"有能" バッジを割り当てることができます。
 

さあ、コミュニティにメンバーを参加させる時が来ました。コミュニティのメンバー グループにすべてのコンテンツ発行者を追加しようとしています。チェック ボックスをオンにして、コミュニティのことを知らせる電子メール招待状を送ります。

 

コミュニティ サイト機能をアクティブにする
コミュニティはサイト機能としても使用できると前述したことを覚えていますでしょうか。[サイトの設定] (Site Settings) ページから [サイト機能の管理] (Manage site features) を選択し、[コミュニティ サイトの機能] (Community Site Feature) をアクティブにできます。
 

これにより、サイトに、すべてのコミュニティ Web パーツと共に、4 つのコミュニティ ページ ( [ホーム] (Home)、[カテゴリ] (Categories)、[メンバー] (Members) 、および [コミュニティ情報] (About)) が追加されます。コミュニティ機能コミュニティ サイトの間の重要な違いは、コミュニティ サイトのみがコミュニティポータルに表示されるということです。また、コミュニティ機能をアクティブにしたサイトは、検索でコミュニティ結果テンプレートを使用しません。コミュニティの機能はまったく同じです。

 

詳細情報
Communities overview: http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj219805(office.15).aspx (英語)
Plan for communities: http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj219489(office.15).aspx (英語)
Create and configure communities: http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj219543(office.15).aspx (英語)

 

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Setting Up and Customizing Communities」をご覧ください。