SharePoint 2013 と Office 365 のハイブリッド機能

原文の記事の投稿日: 2012 年 11 月 14 日 (水曜日)

今日は、まだご存じない方のために、SharePoint 2013 のすばらしい新機能をご紹介します。これらの機能を使うと、社内ファームと o365 ファームの間でハイブリッド環境を実現できます。これにより、社内の BCS アプリケーションを o365 ファームで使ったり、特定のファームの検索結果を別のファームから表示したりできるようになります。たとえば、社内ファームからクエリを実行して、社内ファームと o365 の両方の結果を 1 つの統合されたビューで表示できます。今週開かれる SharePoint Conference (SPC) で Brad Stevenson がこのトピックについて発表します (SPC 243 - Hybrid Overview: Connecting SharePoint 2013 On-premises to SharePoint Online in Office365 (ハイブリッドの概要: 社内の SharePoint 2013 を Office 365 の SharePoint Online に接続する) )。筆者も Brad と一緒に発表する予定でしたが、呼吸器感染症にかかってしまったため、こうしてブログを書いています。

ハイブリッド環境を実現するには多くの構成と設定が必要になるため、参考になるリソースをいくつか用意しました。まず、この設定に関する一連のホワイト ペーパーとドキュメントを公開しました。ダウンロード センターでそれらのリソースの概要を確認できます (http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj838715.aspx (英語))。このページの一番下のリンクから http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=35593 (英語) にアクセスすると、それらのホワイト ペーパーをダウンロードできます。ハイブリッド検索環境を設定するには、sps-2013-config-one-way-hybrid-environment (Word 文書または PDF) をダウンロードしてください。

この機能のデモをご覧になりたい方は、以下のリンクから、Brad が SPC で紹介するデモをご覧いただけます。

ダウンロード:

https://skydrive.live.com/redir?resid=96D1F7C6A8655C41!759

埋め込み:

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Hybrid Features In SharePoint 2013 and Office 365」をご覧ください。