SharePoint Server 2010 向けの最初のテスト ラボ ガイド (TLG) が公開されました!

原文の記事の投稿日: 2012 年 3 月 9 日 (金曜日)

SharePoint Server 2010 向けの最初のテスト ラボ ガイド (TLG) が公開されたことをお知らせいたします。タイトルは、「Test Lab Guide: Configure SharePoint Server 2010 as a Single Server with Microsoft SQL Server (英語)」です。Microsoft ダウンロード センターにあるこのドキュメントでは、Base Configuration テスト ラボのコンピューターを使用して、Microsoft SLQ Server 2008 R2 がインストールされた単一サーバー上に SharePoint Server 2010 をインストールして構成する方法について説明します。

次の図は、構築されたテスト ラボの構成を示しています。

SharePoint の経験があまりないユーザーにとってこの TLG は最適です。これに従って、単一サーバー上で SharePoint Server 2010 の既定のインストールを体験できます。サーバーには SQL Server 2008 R2 もインストールされています。TLG には、以下の作業の詳細な手順が含まれます。

  1. Base Configuration テスト ラボ (英語) を構成する (まだ構成していない場合)
  2. APP1 サーバーに SQL Server 2008 R2 (英語) をインストールする
  3. APP1 に SharePoint Server 2010 の必須コンポーネントをインストールする。
  4. APP1 に SharePoint Server 2010 をインストールする。
  5. APP1 で既定のチーム サイトの機能のデモを行う

構築されたテストラボを使用して、SharePoint をより詳しく学んだり、SharePoint がビジネスにどのように役立つかを学んだりできます。

次の図は、単一サーバーの SharePoint TLG スタックに含まれる TLG セットを示しています。

Microsoft TLG

TechEd セッションや TechNet バーチャル ラボで製品やテクノロジの機能を確認するのも良いのですが、一番良いのは、自分の手で構築することによって製品やテクノロジの機能を理解することです。TLG では、標準化されて簡素化されたテスト ラボで Microsoft 製品やテクノロジの構成および機能を体験できます。TLG は再利用可能であり、拡張可能であり、積み重ねることができます。これにより、ユーザーの実際の環境に近づけた複雑なシナリオや、複数製品で構成されるソリューションを構成できます。Windows Server 2008 R2、Windows Server "8" Beta、Forefront 製品とテクノロジ、System Center、そして現在は SharePoint Server 2010 向けの 50 を超える TLG があります。

TLG は、私たちの製品評価コンテンツ ポートフォリオの重要な一部です。これを使用して、ユーザーは、正常に機能する簡素化された構成を作成したり、AD DS グループおよびアカウント、DNS レコード、証明書、追加のサーバーなど、インフラストラクチャの要件を直接体験したりできます。その後、ユーザーは正常に機能するテストラボ環境を保存して、新しいテクノロジ、機能、製品、複数機能のソリューション、または製品ソリューションの学習や評価を行うときに、さらにカスタマイズを加えたり、実験を行ったりできます。

TLG のイニシアチブの詳細については、以下のリソースを参照してください。

SharePoint Server 2010 TLG について、私たちが検討すべき提案などありましたら、電子メール (tlgfb@microsoft.com) でお聞かせください。

SharePoint Server 2010 の利用を開始するには、以下を参照してください。

これらの投稿もぜひご覧ください。

Joe Davies
主席ライター
SharePoint Server プラットフォームとインフラストラクチャの著述チーム

これはローカライズされたブログ投稿です。英文の記事は、「The first Test Lab Guide (TLG) for SharePoint Server 2010 is published!」を参照してください。