SharePoint Workspace 2010 の紹介

SharePoint Workspace 2010 の紹介

「外出中やオフライン時に SharePoint ドキュメントを更新する方法はないでしょうか」または「ブラウザーを使用せずに SharePoint コンテンツにすばやく簡単にアクセスする方法はないでしょうか」と SharePoint ユーザーに聞かれた場合に、それはこうだと、簡単に答えることができたら良いと思いませんか。

クライアント コンピューターに SharePoint Workspace をインストールする。どうやらそれが答えのようです。SharePoint Workspace は Office Professional Plus 2010 スイートの一部で、オフラインでの作業が必要であったり、SharePoint サーバーに頻繁にアクセスできない状況にある SharePoint のリモートおよびオフライン ユーザーをサポートするように特化されています。

SharePoint Workspace を使用すると、エンドユーザーは、指定された SharePoint サイトに容易に接続して、選択された SharePoint ライブラリとリストのローカル コピーを取得し、個人用の "SharePoint ワークスペース" 内でライブラリとリストのコンテンツを追加または変更できます。SharePoint ワークスペースのコンテンツは、ユーザーがネットワークに接続しているときに、関連する SharePoint サイトと自動的に同期され、必要に応じて手動で同期することもできます。アクセスするのにブラウザーは必要なく、VPN や特別な IT セットアップも必要ありません。

組織内で Active Directory ドメイン サービス (AD DS) を実行しているときは、他の Office アプリケーションの場合と同様に、グループ ポリシーを使用して SharePoint Workspace の展開を管理したり、IT プラクティスに応じて SharePoint Workspace の展開をカスタマイズしたりできます。また、Office カスタマイズ ツールを使用することもできます。SharePoint Workspace の展開について検討する必要がある最も重要なポリシーは、ピア ワークスペースの使用を禁止するポリシーです。一般に、SharePoint Workspace では、共同作業用の "Groove ワークスペース" と共有フォルダーを作成し、信頼できるピアを招待して情報を共有できます。Groove ワークスペースと SharePoint ワークスペースは切り離されており、SharePoint サイトへの接続はサポートされません。このような方法によってユーザーが情報共有することを組織で禁止するか推奨しない場合は、Groove ワークスペースを禁止するポリシーを Office ProPlus 2010 の展開に含めてください。

この他にも重要なポリシーとして、SharePoint Server 2010 への SharePoint Workspace クライアント接続を Secure Socket Layer (SSL) で保護するポリシーと、Windows Search 4.0 による SharePoint Workspace コンテンツのクロールを防止するポリシーがあり、これらについても検討が必要です。

SharePoint Workspace の計画および展開方法については、http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee649106.aspx を参照してください。

SharePoint コンテンツを提供するために SharePoint ワークスペースを使い始めた社員は、それが別のアプリケーションであることをほとんどに意識せずに、SharePoint ワークスペースを使用します。そのため、すぐに、複数のワークスペースを作成して複数の SharePoint サイトにアクセスするようになります。また、SharePoint ワークスペースで SharePoint コンテンツを操作すると、オフラインの問題が解決されるだけでなく、ブラウザーを使用するよりも SharePoint コンテンツにすばやく容易にアクセスできるため (画像を表示したり、遠隔サーバーに変更を保存したりする場合を想像してください)、SharePoint コンテンツを取得しようとするリモート ユーザーから呼び出されることもなくなります。

SharePoint Workspace の有用性については、http://office.microsoft.com/ja-jp/sharepoint-workspace-help/CH010289332.aspx を参照してください。

-- Mena Paton、SharePoint Workspace ライター

これはローカライズされたブログ投稿です。原文の記事は、「Introducing SharePoint Workspace 2010」をご覧ください。