SharePoint 2007: サーバーの全体管理を使用してオブジェクトの ID を取得する方法

こんにちは。

SharePoint サポートチームのたらかわです。

先日、ついにInternet Explorer 9 ベータ版の提供が開始されました。

MTML5 のサポート、GPU レンダリングによる高速化や GUI の刷新など、気になる機能が満載ですので、新しいもの好きな方、ちょっと気になる方は是非試してみてくださいね。

さて、今回は、知っておくとトラブルシュートの際に役に立つかもしれない豆知識をご紹介します。

SharePoint の一般的なトラブルシュートにおいて、診断ログを解析する機会は多いかと思います。 ログには Web アプリケーションやサイトコレクション、コンテンツ データベースなどのオブジェクトの ID (GUID) 情報が含まれることがありますが、SharePoint 内部で使用されているこれらの ID を確認するための特別な GUI は用意されていません。これらの情報を確認するために SQL Server を直接参照する方法もありますが、実はもっと簡単に、サーバーの全体管理サイトから確認する方法があるんです。

Web アプリケーション ID
1) サーバーの全体管理サイトを開きます。

2) [アプリケーション構成の管理] タブを選択します。

3) [SharePoint Web アプリケーション構成の管理] セクションの [コンテンツ データベース] を選択します。

4) [コンテンツデータベースの管理] ページが表示された直後は URL から ID を確認できませんので、右上メニューの [Web アプリケーション:] のプルダウンリストから現在選択されている Web アプリケーション以外の別の Web アプリケーションを選択します。

5) すると、ブラウザの URL ボックスから以下のように Web アプリケーションの ID を確認できるようになります。

http://moss.contoso.com:2345/\_admin/CNTDBADM.aspx?WebApplicationID <Web Application ID>

6) この状態で選択されている Web アプリケーションを最初に選択されていたものに戻しても、ID は確認できる状態になるので、任意の Web アプリケーションの ID を確認することが可能です。

コンテンツ データベース ID
1) サーバーの全体管理サイトを開きます。

2) [アプリケーション構成の管理] タブを選択します。

3) [SharePoint Web アプリケーション構成の管理] セクションの [コンテンツ データベース] を選択します。

4) [コンテンツデータベースの管理] ページで確認したいコンテンツ データベース名をクリックすると、[コンテンツ データベース設定の管理] ページに移動して、ブラウザの URL ボックスから以下のようにコンテンツ データベースの ID を確認できるようになります。

http://moss.contoso.com:2345/\_admin/oldcntdb.aspx?DatabaseId=%7 <Content Database ID> %7D

なお、ここではコンテンツ データベース ID の部分が URL エンコードされていますので、“%2D” が “-” に置き換えられます。

サイト コレクション ID
1) サーバーの全体管理サイトを開きます。

2) [アプリケーション構成の管理] タブを選択します。

3) [SharePoint サイトの管理] セクションの [サイト コレクションのクォータとロック] を選択します。

4) [サイトコレクションのクォータとロック] ページが表示された直後は URL から ID を確認できませんので、[サイト コレクション:] のプルダウンリストから現在選択されているサイト コレクション以外の別のサイト コレクションを選択します。

5) すると、ブラウザの URL ボックスから以下のように Web アプリケーションの ID を確認できるようになります。

http://moss.contoso.com:2345/\_admin/delsite.aspx?SiteId <Site Collection ID>

6) この状態で選択されているサイトコレクションを最初に選択されていたものに戻しても、ID は確認できる状態になるので、任意のサイト コレクションの ID を確認することが可能です。

いかがでしょうか。

実際に役に立つ機会は少ないかもしれませんが、覚えておくと思わぬところで役に立つかもしれませんね。

サポートエンジニア募集のお知らせ現在マイクロソフトでは、私達と一緒にSharePointのサポートに携わるサポートエンジニアを募集しています。 募集職種: Support Engineer (ビジネスアプリケーションサーバーサポートエンジニア) SharePointに興味がある方はもちろん、SharePointを通じでお客様のビジネス成功に携わりたい方、そしてマイクロソフトの製品をより良くしていきたいと考えている方、私達と一緒にマイクロソフトのサポートエンジニアとして働いてみませんか。 興味がある方は、是非一度、こちら(マイクロソフト採用情報)をクリックしてみてください。 皆さまからのご応募を、心よりお待ちしております。