MSDNサイトリニューアル

こんにちは、こだかです。

すでに様々なところで伝えられているのですが、MSDNとTechNetがリニューアルしています。
その中で、特に開発者の方々にとって有効に使っていただけるサイトとして、各デベロッパーセンターがあります。

このデベロッパーセンターは製品やテクノロジーに分かれた技術ポータルサイトです。http://www.microsoft.com/japan/msdn/aboutmsdn/devcenters/
製品やテクノロジーについて”何か”を知りたいときには、このサイトが入口になるでしょう。

デベロッパーセンター自体は以前から存在しており、このブログでも、SQL Serverデベロッパーセンター(http://msdn.microsoft.com/ja-jp/sqlserver/)の紹介をしたことがあります。
しかしながら、このブログでよく扱うデータアクセス系のページは、今まで更新頻度も少なく、埋もれてしまっていたのが事実でした。
そこで、今回このリニューアル担当の社員に協力する形で、新たにデータプラットフォームデベロッパーセンター( http://msdn.microsoft.com/ja-jp/data ) を立ち上げ直した次第です。

以前マイクロソフトに入社する前、外からMSの技術情報のサイトを見てよく思ったのですが、同じテクノロジーのコンテンツが色々なサイトにおいてあったり、ポータルと思われるサイトがすたれていったり、どのページを足場にするべきか解らないというのが正直なところでした。(その結果、検索エンジン ---どのエンジンかは問わないことにしましょう 笑--- に頼りっぱなしだったと思います。)
また、特にデータアクセス系の情報は、データベース、VisualStudio、.NETFramework、その他色々と、情報が分散されていて、ますます良くわからない状況でした。
このあたりの思いや状況を担当にフィードバックして、今回のリニューアルに反映させたわけです。

今回、これで少なくともデータアクセス系の情報は一か所に集約できたはずです。
よくある昔の情報も切り捨てることなく、ODBC、MDAC(なつかしい単語です・・・)から、最新のEntityFrameworkやTechDaysでセッションのあるVelocityまで網羅しています。

そして、もちろん課題は継続性ですよね。初心を忘れず協力していきたいと思います。
よろしければ、ぜひ一度ご確認ください。

こだかたろう