Course 23740-B: Windows Server 2016 のインストール、ストレージとコンピュート

この 5 日間のコースは、主に、Windows Server を操作した経験がある IT プロフェッショナル向けに設計されています。Windows Server 2016 を使用してストレージとコンピュートの管理を担当するプロフェッショナルや、Windows Server 2016 の使用に適したシナリオ、要件、およびストレージとコンピュートのオプションを理解する必要があるプロフェッショナルを対象にしています。

Audience profile

このコースは、ある程度の Windows Server の操作経験があり、Windows Server 2016 のストレージとコンピュートを説明する 5 日間のコースを受講したいと考えている IT プロフェッショナルを対象とします。このコースは、そのような受講者に対して、Windows Server 2016 のストレージとコンピュートに関する知識とスキルの更新を支援します。次のような方が対象となります。

  • Windows Server の管理と、関連するテクノロジに十分慣れていない管理者、および Windows Server 2016 のストレージとコンピュート機能について理解を深めたいと考えている管理者
  • 一般的な IT の知識を備え、Windows Server についての知識、特に Windows Server 2016 のストレージとコンピュートのテクノロジについての知識を深めたいと考えている IT プロフェッショナル

MCP 試験「70-740: Installation, Storage, and Compute with Windows Server 2016」の準備をしたいと考えている IT プロフェッショナル

Job role: Developer

Skills gained

  • Nano Server と Server Core を準備し、インストールし、サーバーの更新と移行の戦略を計画することができます。
  • パーティション テーブル形式、ベーシック ディスクとダイナミック ディスク、ファイル システム、仮想ハード ディスクとドライブ ハードウェアなど、さまざまなストレージのオプションを説明し、ディスクとボリュームの管理方法を説明することができます。
  • 企業のストレージ ソリューションを説明し、状況に適したソリューションを選択することができます。

Prerequisites

このコースの受講者は、次の前提条件を満たす必要があります。

  • ネットワークの基礎について、基本を理解している。
  • セキュリティのベスト プラクティスを認識し、理解している。
  • Active Directory ドメイン サービス (AD DS) の基本的な概念を理解している。
  • サーバー ハードウェアの基本的な知識を備えている。
  • Windows 8 や Windows 10 などの Windows クライアント オペレーティング システムをサポートおよび構成した経験がある。

また、Windows Server のシステム管理者としての経験など、過去に Windows Server オペレーティング システムでの経験がある受講者にも役立ちます。

Course outline

セクション 1: サーバーとワークロードのインストール、アップグレード、および移行

Windows Server 2016 の新機能を説明し、Nano Server と Server Core を準備し、インストールする方法を説明します。また、サーバーの更新と移行の戦略を計画する方法、ドメイン内およびドメイン間でサーバーの役割とワークロードを移行する方法についても説明します。さらに、環境の特徴に基づいてライセンス認証モデルを選択する方法を説明します。

レッスン

  • Windows Server 2016 の紹介
  • Nano Server および Server Core の準備とインストール
  • アップグレードと移行の準備
  • サーバーの役割とワークロードの移行
  • Windows Server ライセンス認証モデル

ラボ : Nano Server のインストールと構成

  • Nano Server のインストール
  • Nano Server でのインストール後のタスクの完了
  • リモート管理の実行

この章により、次のことを習得できます。

  • Windows Server 2016 の新機能を説明することができます。
  • Nano Server および Server Core を準備し、インストールすることができます。
  • サーバーのアップグレードと移行の戦略を計画することができます。
  • ドメイン内およびドメイン間でサーバーの役割およびワークロードを移行することができます。
  • 適切なライセンス認証モデルを選択することができます。

セクション 2: ローカル記憶域の構成

Windows Server 2016 のディスクとボリュームを管理する方法を説明します。

レッスン

  • Windows Server でのディスクの管理
  • Windows Server でのボリュームの管理

ラボ : ローカル記憶域の構成

  • ボリュームの作成と管理
  • ボリュームのサイズ変更
  • 仮想ハード ディスクの管理

この章により、次のことを習得できます。

  • Windows Server でディスクを管理することができます。
  • Windows Server でボリュームを管理することができます。

セクション 3: エンタープライズ記憶域ソリューションの実装

直接接続記憶域 (DAS)、ネットワーク接続ストレージ (NAS)、および記憶域ネットワーク (SAN) について説明します。さらに、インターネット記憶域ネーム サービス (iSNS) サーバー、データセンター ブリッジング (DCB)、および マルチパス I/O (MPIO) の目的も説明します。また、ファイバー チャネル、Internet Small Computer System Interface (iSCSI)、および Fibre Channel Over Ethernet (FCoE) を比較し、Windows Server 2016 で共有を構成する方法を説明します。

レッスン

  • DAS、NAS、および SAN の概要
  • ファイバー チャネル、iSCSI、および Fibre Channel over Ethernet の比較
  • iSNS、DCB、および MPIO の理解
  • Windows Server 2016 の共有の構成

ラボ : 記憶域テクノロジおよびコンポーネントの計画と構成

  • 記憶域の要件の計画
  • iSCSI 記憶域の構成
  • 共有インフラストラクチャの構成と管理

この章により、次のことを習得できます。

  • 直接接続記憶域 (DAS)、ネットワーク接続ストレージ (NAS)、および記憶域ネットワーク (SAN) を説明することができます。
  • ファイバー チャネル、Internet Small Computer System Interface (iSCSI)、および Fibre Channel over Ethernet を比較することができます。
  • インターネット記憶域ネーム サービス (iSNS)、データセンター ブリッジング (DCB)、および マルチパス I/O (MPIO) の使用方法を説明することができます。
  • Windows Server 2016 で共有を構成することができます。

セクション 4: 記憶域スペースおよびデータ重複除去の実装

記憶域スペースを実装し、管理する方法を説明します。また、データ重複除去の実装方法も説明します。

レッスン

  • 記憶域スペースの実装
  • 記憶域スペースの管理
  • データ重複除去の実装

ラボ : 記憶域スペースの実装

  • 記憶域スペースの作成
  • 記憶域階層化の有効化と構成

ラボ : データ重複除去の実装

  • データ重複除去のインストール
  • データ重複除去の構成

この章により、次のことを習得できます。

  • エンタープライズの記憶域のニーズに合わせて記憶域スペース機能を説明し、実装することができます。
  • 記憶域スペースを管理し、保守することができます。
  • データ重複除去を説明し、実装することができます。

セクション 5: Hyper-V および仮想マシンのインストールと構成

Hyper-V と仮想化の概要を説明します。Hyper-V のインストール方法、Hyper-V ホスト サーバー上に記憶域とネットワークを構成する方法を説明します。さらに、Hyper-V 仮想マシンの構成と管理の方法を説明します。

レッスン

  • Hyper-V の概要
  • Hyper-V のインストール
  • Hyper-V ホスト サーバーでの記憶域の構成
  • Hyper-V ホスト サーバーでのネットワークの構成
  • Hyper-V 仮想マシンの構成
  • 仮想マシンの管理

ラボ : Hyper-V のインストールと構成

  • Hyper-V サーバーの役割のインストールの確認
  • Hyper-V ネットワークの構成
  • 仮想マシンの作成と構成
  • 仮想マシンの入れ子になった仮想化の有効化

この章により、次のことを習得できます。

  • Hyper-V と仮想化を説明することができます。
  • Hyper-V をインストールすることができます。
  • Hyper-V ホスト サーバーで記憶域を構成することができます。
  • Hyper-V ホスト サーバーでネットワークを構成することができます。
  • Hyper-V 仮想マシンを構成することができます。
  • Hyper-V 仮想マシンを管理することができます。

セクション 6: Windows Server コンテナーおよび Hyper-V コンテナーの展開と管理

Windows Server 2016 のコンテナーの概要を説明します。さらに、Windows Server コンテナーと Hyper-V コンテナーを展開する方法を説明します。また、Docker を使用してコンテナーをインストールし、構成、および管理する方法も説明します。

レッスン

  • Windows Server 2016 のコンテナーの概要
  • コンテナーの準備
  • Docker によるコンテナーのインストール、構成、および管理

ラボ : コンテナーのインストールと構成

  • Docker のインストール
  • コンテナーのインストールと構成

この章により、次のことを習得できます。

  • Windows Server 2016 のコンテナーを説明することができます。
  • コンテナーの展開方法を説明することができます。
  • Docker を使用してコンテナーをインストール、構成、および管理する方法を説明することができます。

セクション 7: 高可用性と障害復旧の概要

Windows Server 2016 のフェールオーバー クラスタリングによる高可用性と障害復旧の概要を説明します。さらに、Hyper-V 仮想マシンによる高可用性と障害復旧のソリューションの計画方法を説明します。また、Windows Server バックアップを使用して、Windows Server 2016 オペレーティング システムとデータをバックアップし、復元する方法も説明します。

レッスン

  • 可用性のレベルの定義
  • Hyper-V 仮想マシンによる高可用性と障害復旧ソリューションの計画
  • Windows Server バックアップによるバックアップと復元
  • Windows Server 2016 でのフェールオーバー クラスタリングによる高可用性

ラボ : 高可用性および障害復旧ソリューションの計画と実装

  • 適切な高可用性および障害復旧ソリューションの決定
  • 記憶域の移行の実装
  • Hyper-V レプリカの構成

この章により、次のことを習得できます。

  • 可用性のレベルを定義することができます。
  • Hyper-V 仮想マシンを使用した高可用性と障害復旧のソリューションを計画することができます。
  • Windows Server バックアップを使用してデータをバックアップおよび復元することができます。
  • Windows Server 2016 でのフェールオーバー クラスタリングを使用した高可用性を説明することができます。

セクション 8: フェールオーバー クラスタリングの実装

フェールオーバー クラスタリングを計画する方法を説明します。また、フェールオーバー クラスタリングの作成、管理、およびトラブルシューティングの方法も説明します。さらに、サイト用に高可用性とストレッチ クラスタリングを実装する方法を説明します。

レッスン

  • フェールオーバー クラスターの計画
  • 新しいフェールオーバー クラスターの作成および構成
  • フェールオーバー クラスターの保守
  • フェールオーバー クラスターのトラブルシューティング
  • ストレッチ クラスタリングによるサイトの高可用性の実装

ラボ : フェールオーバー クラスタリングの実装

  • フェールオーバー クラスターの作成
  • クォーラム設定の確認とノードの追加

ラボ : フェールオーバー クラスターの管理

  • ノードの削除とクォーラム設定の確認
  • ディスク監視からファイル共有監視へのクォーラムの変更とノード投票の定義
  • 高可用性の確認

この章により、次のことを習得できます。

  • フェールオーバー クラスタリングの実装を計画することができます。
  • フェールオーバー クラスターを作成および構成することができます。
  • フェールオーバー クラスターを保守することができます。
  • フェールオーバー クラスターをトラブルシューティングすることができます。
  • サイト用に高可用性とストレッチ クラスタリングを実装することができます。

セクション 9: Windows Server 2016 Hyper-V によるフェールオーバー クラスタリングの実装

Hyper-V をフェールオーバー クラスタリングと統合する方法を説明します。また、フェールオーバー クラスターに Hyper-V 仮想マシンを実装する方法も説明します。さらに、クラスター環境における仮想マシン向けの主な機能を説明します。

レッスン

  • Hyper-V Server 2016 とフェールオーバー クラスタリングの統合の概要
  • フェールオーバー クラスターへの Hyper-V 仮想マシンの実装
  • クラスター環境における仮想マシン向けの主な機能

ラボ : Windows Server 2016 Hyper-V によるフェールオーバー クラスタリングの実装

  • 仮想環境の構成
  • Hyper-V のフェールオーバー クラスターの構成
  • 高可用性仮想マシンの構成

この章により、次のことを習得できます。

  • Hyper-V とフェールオーバー クラスタリングの統合方法を説明することができます。
  • フェールオーバー クラスターに Hyper-V 仮想マシン (VM) を実装することができます。
  • クラスター環境における仮想マシン向けの主な機能を説明することができます。

セクション 10: ネットワーク負荷分散の実装

NLB と NLB クラスターの概要を示します。また、NLB クラスターの実装を計画して、構成する方法も説明します。

レッスン

  • NLB の概要
  • NLB クラスターの構成
  • NLB の実装の計画

ラボ : ネットワーク負荷分散の実装

  • ネットワーク負荷分散クラスターの実装
  • NLB クラスターの構成と管理
  • NLB クラスターの高可用性の確認

この章により、次のことを習得できます。

  • NLB を説明することができます。
  • NLB クラスターを構成することができます。
  • NLB の実装を計画する方法を説明することができます。

セクション 11: 展開イメージの作成と管理

Windows Server 2016 のイメージ展開プロセスの概要を示します。また、Microsoft Deployment Toolkit (MDT) を使用して、展開イメージを作成し、管理する方法も説明します。さらに、仮想マシン環境でのさまざまなワークロードを説明します。

レッスン

  • 展開イメージの紹介
  • MDT による展開イメージの作成と管理
  • さまざまなワークロードのための仮想マシン環境

ラボ : MDT による Windows Server 2016 の展開

  • MDT の構成
  • イメージの作成と展開

この章により、次のことを習得できます。

  • Windows Server 2016 のイメージ展開プロセスを説明することができます。
  • MDT を使用して展開イメージを作成および管理することができます。
  • 仮想マシン環境でのさまざまなワークロードを説明することができます。

セクション 12: Windows Server 2016 の監視と保守

Windows Server Update Services (WSUS) の概要と WSUS を実装するための要件を示します。WSUS により更新プロセスを管理する方法を説明します。また、Windows PowerShell Desired State Configuration (DSC) と Windows Server 2016 の監視ツールの概要を示します。最後に、パフォーマンス モニターの使用方法とイベント ログの管理方法を説明します。

レッスン

  • WSUS の概要と展開オプション
  • WSUS による更新管理プロセス
  • Windows PowerShell DSC の概要
  • Windows Server 2016 監視ツールの概要
  • パフォーマンス モニターの使用
  • イベント ログの監視

ラボ : WSUS の実装と更新プログラムの展開

  • WSUS の実装
  • 更新プログラムの設定の構成
  • WSUS による更新プログラムの承認と展開

ラボ : Windows Server 2016 の監視とトラブルシューティング

  • パフォーマンス ベースラインの確立
  • パフォーマンスの問題の原因の特定
  • 一元化されたイベント ログの表示と構成

この章により、次のことを習得できます。

  • WSUS の目的、および WSUS を実装するための要件を説明することができます。
  • WSUS による更新プロセスを管理することができます。
  • Windows PowerShell Desired State Configuration (DSC) の目的と利点を説明することができます。
  • Windows Server 2016 で使用できる監視ツールについて説明することができます。
  • パフォーマンス モニターを使用することができます。
  • イベント ログを管理することができます。