Course AZ-500T00JA-A: Microsoft Azure セキュリティ技術

このコースでは、各種セキュリティ ツールを使用して、セキュリティ制御の実装、セキュリティに対する姿勢の維持、脆弱性の特定と修復に必要な知識とスキルを習得します。このコースでは、スクリプトと自動化、仮想化、およびクラウド N 階層アーキテクチャについても説明します。

Audience profile

このコースを受講するには、Azure ワークロードを保護するための 1 年以上の実践的な経験と、Azure のワークロードのセキュリティ制御の経験が必要です。

Job role: Security Engineer

Skills gained

  • Azure での専門的データの分類について説明する
  • Azure データ保護のメカニズムを特定する
  • Azure データの暗号化方法を実装する
  • インターネット プロトコルのセキュリティを保護し、それを Azure で実装する方法を理解する
  • Azure セキュリティ サービスと機能を説明する

Prerequisites

このコースに参加するには、次の知識が必要です。

  • Microsoft Azure 管理者業務

Course outline

セクション 1: ID とアクセス

レッスン

  • Azure ワークロードとサブスクリプション向け Azure Active Directory の設定
  • Azure AD Privileged Identity Management の設定
  • Azure サブスクリプション向けのセキュリティ設定

セクション 2: プラットフォームの保護

レッスン

  • クラウド セキュリティの理解
  • ネットワーク構築
  • ネットワークのセキュリティ保護
  • プラットフォーム セキュリティの実装
  • サブスクリプション セキュリティの実装

セクション 3: セキュリティ オペレーション

レッスン

  • セキュリティ サービスの設定
  • Azure Security Center を使用したセキュリティ ポリシーの設定
  • セキュリティ アラートの管理
  • セキュリティ問題への対応と修正
  • セキュリティ ベースラインの作成

セクション 4: データとアプリケーション

レッスン

  • データを管理するためのセキュリティ ポリシーの設定
  • データ インフラストラクチャ向けセキュリティの設定
  • 保存データの暗号化の設定
  • アプリケーション セキュリティの理解
  • Implemアプリケーション ライフサイクル向けセキュリティの実装
  • アプリケーションのセキュリティ保護
  • Azure Key Vault の設定と管理