Teams を Skype for Business と一緒に使用する組織向けの移行と相互運用に関するガイダンスMigration and interoperability guidance for organizations using Teams together with Skype for Business

ヒント

共存および相互運用性の詳細については、こちらのセッションをご覧ください。Watch the following session to learn about Coexistence and Interoperability

Skype for Business を使用する組織が Teams を導入するとき、管理者は TeamsUpgradePolicy のプロパティである共存 "モード" の概念を使用して、組織のユーザー エクスペリエンスを管理することができます。As an organization with Skype for Business starts to adopt Teams, administrators can manage the user experience in their organization using the concept of coexistence "mode" which is a property of TeamsUpgradePolicy. モードを使用すると、管理者は Skype for Business から Teams への切り替えを管理するときに、相互運用と移行を管理することができます。Using mode, administrators manage interop and migration as they manage the transition from Skype for Business to Teams. ユーザのモードによって、どのクライアントがどのような通話を受け、どのサービス (Teams または Skype for Business) の新しい会議がスケジュールされるかが決まります。A user's mode determines in which client incoming chats and calls land as well as in what service (Teams or Skype for Business) new meetings are scheduled. また、Teams クライアントで使用できる機能も管理します。It also governs what functionality is available in the Teams client.

基礎概念Fundamental concepts

  1. 相互運用性 : Lync/Skype for Business ユーザーと Teams ユーザーの間の 1 対 1 の通信。Interop : 1 to 1 communication between a Lync/Skype for Business user and a Teams user.

  2. フェデレーション: さまざまなテナントのユーザー間の通信。Federation : Communication between users from different tenants.

  3. Teams ユーザーはすべて、オンラインまたはオンプレミスのいずれかに "所属" する、基本の Skype for Business アカウントを所有しています。All Teams users have an underlying Skype for Business account that is “homed” either online or on-premises:

    • 既に Skype for Business Online を使用しているユーザーは、既存のオンライン アカウントを使用します。Users already using Skype for Business Online use their existing online account.
    • 既にオンプレミスの Skype for Business/Lync を使用しているユーザーは、既存のオンプレミス アカウントを使用します。Users already using Skype for Business/Lync on-premises use their existing on-premises account.
    • 既存の Skype for Business アカウントが検出できないユーザーの場合、Teams ユーザーが作成されたときに、Skype for Business Online アカウントが自動的にプロビジョニングされます。Users for whom we cannot detect an existing Skype for Business account will have a Skype for Business Online account automatically provisioned when the Teams user is created.
  4. Skype for Business または Lync いずれかのオンプレミス展開が存在し、そのユーザーを Teams のユーザーとする必要がある場合は、Teams/Skype for Business Online によりオンプレミス環境が適切に検出されるよう、少なくとも Azure AD Connect が msRTCSIP-DeploymentLocator を AAD に同期していることを確認する必要があります。If you have an on-premises deployment of either Skype for Business or Lync, and you want those users to be Teams users, you must at a minimum ensure that Azure AD Connect is syncing the msRTCSIP-DeploymentLocator attribute into AAD, so that Teams/Skype for Business Online properly detects your on-premises environment. さらに、どのユーザーを TeamsOnly モードに移行する (つまりユーザーをアップグレードする) 場合でも、まず Skype for Business ハイブリッド モードを構成する必要がありますFurthermore, to move any users to Teams-only mode (i.e., upgrade a user), you must first configure Skype for Business hybrid mode. 詳細については、Skype for Business と Teams 向けの Azure AD Connect の構成に関する記事を参照してください。For more details, see Configure Azure AD Connect for Skype for Business and Teams.

  5. Teams と Skype for Business ユーザー間の相互運用は、Teams ユーザーが Skype for Business でオンラインに所属している場合のみ可能ですInterop between Teams and Skype for Business users is only possible if the Teams user is homed online in Skype for Business. 受信者となる Skype for Business ユーザーは、オンプレミス (Skype for Business ハイブリッドの構成が必要) またはオンラインに所属できます。The recipient Skype for Business user can be homed either on-premises (and requires configuring Skype for Business Hybrid) or online. オンプレミスの Skype for Business に所属しているユーザーはアイランド モード (このドキュメントの後で定義されます) で Teams を使用できますが、Skype for Business を使用している他のユーザーとの相互運用またはフェデレーションのために Teams を使用することはできません。Users who are homed in Skype for Business on-premises can use Teams in Islands mode (defined later in this doc), but they cannot use Teams to interop or federate with other users who are using Skype for Business.

  6. アップグレードと相互運用の動作は、後で説明するユーザーの共存モードに基づいて決定されます。Upgrade and interop behavior are determined based on Coexistence mode of a user, described later below. モードは、TeamsUpgradePolicy によって管理されます。Mode is managed by TeamsUpgradePolicy.

  7. ユーザーを TeamsOnly モードにアップグレードすると、送信元のクライアントの種類に関係なく、すべての着信チャットと通話が常にユーザーのチームクライアントに表示されます。Upgrading a user to the TeamsOnly mode ensures that all incoming chats and calls will always land in the user's Teams client, regardless of what client it originated from. また、アップグレードされたユーザーは新しい会議を Teams でスケジュールするようになります。These users will also schedule all new meetings in Teams. TeamsOnly モードにするには、ユーザーが Skype for Business でオンラインに所属している必要があります。To be in TeamsOnly mode, a user must be homed online in Skype for Business. これは、Teams ユーザーの相互運用、フェデレーション、および完全な管理を確実にするために必要です。This is required to ensure interop, federation, and full administration of the Teams user. ユーザーをチームにアップグレードするには、次の操作を行います。To upgrade a user to TeamsOnly:

    • ユーザーが Skype for Business Online に所属している (または Skype アカウントを所有したことがない) 場合、PowerShell で "UpgradeToTeams" を使用して、Mode=TeamsOnly で TeamsUpgradePolicy をそのユーザーに付与します。または、Teams 管理センターを使用して TeamsOnly モードを選択します。If the user is homed in Skype for Business online (or never had any Skype account), grant them TeamsUpgradePolicy with Mode=TeamsOnly using the "UpgradeToTeams" instance using PowerShell, or use the Teams Admin Center to select the TeamsOnly mode.
    • ユーザーがオンプレミスに所属している場合、オンプレミスの管理ツールから Move-CsUser を使用して、まずそのユーザーを Skype for Business Online に移動します。If the user is homed on-premises, use Move-CsUser from the on-premises admin tools to first move the user to Skype for Business Online. Skype for Business Server 2019 または CU8 for Skype for Business Server 2015 をお持ちの場合、Move-CsUser-MoveToTeams スイッチを指定して、オンラインへの移行の一環としてユーザーを直接 Teams に移動することができます。If you have Skype for Business Server 2019 or CU8 for Skype for Business Server 2015, you can specify the -MoveToTeams switch in Move-CsUser to move the user directly to Teams as part of the move online. このオプションでは、ユーザーの会議も Teams に移行されます。This option will also migrate the user's meetings to Teams. -MoveToTeams が指定されていないか使用できない場合、Move-CsUser の完了後に PowerShell または Teams 管理センターを使用して、TeamsOnly モードをそのユーザーに割り当てます。If -MoveToTeams is not specified or not available, then after Move-CsUser completes, assign TeamsOnly mode to that user using either PowerShell or the Teams Admin Center. 詳細については、「ユーザーのオンプレミスとクラウド間の移動」を参照してください。For more details see Move users between on-premises and cloud. 会議の移行の詳細については、「会議移行サービス (MMS) の使用」を参照してください。For more details on meeting migration, see Using the Meeting Migration Service (MMS).
  8. Microsoft 電話システムを Teams と共に使用するには、ユーザーが TeamsOnly モード (Skype for Business Online に所属し、チームにアップグレードされます) を使用している必要があります。また、Microsoft Phone システムのダイレクトルーティング用に構成する必要があります (これにより、電話システムを使うことができます。自分の SIP trunks と SBC) か、Office 365 通話プランを利用できます。To use Microsoft Phone System with Teams, users must be in TeamsOnly mode (i.e., homed in Skype for Business Online and upgraded to Teams), and they must either be configured for Microsoft Phone System Direct Routing (which allows you to use Phone System with your own SIP trunks and SBC) or have an Office 365 Calling Plan. 島々モードでは、Microsoft Phone システムのダイレクトルーティングはサポートされません。Microsoft Phone System Direct Routing is not supported in Islands mode.

  9. 電話会議 (PSTN 経由のダイヤルインまたはダイヤルアウト) でのチーム会議のスケジュールは、ユーザーが Skype for Business Online と Skype for Business のオンプレミスのどちらを使用しているかに関係なく利用できます。Scheduling Teams meetings with Audio Conferencing (dial-in or dial-out via PSTN) is available regardless of whether the user is homed in Skype for Business Online or Skype for Business on-premises.

共存モードCoexistence modes

相互運用と移行は、TeamsUpgradePolicy を使用する "共存モード" に基づいて管理されます。Interop and migration are managed based on “coexistence mode” using TeamsUpgradePolicy. 共存モードは、組織が Skype for Business から Teams に移行するときに、シンプルで予測可能な操作環境をエンド ユーザーに提供します。Co-existence modes provide a simple, predictable experience for end users as organizations transition from Skype for Business to Teams. Teams に移行する組織にとって、各ユーザーの最終的な目的地は TeamsOnly モードですが、すべてのユーザーに TeamsOnly (またはその他のモード) を同時に割り当てる必要はありません。For an organization moving to Teams, the TeamsOnly mode is the final destination for each user, though not all users need to be assigned TeamsOnly (or any mode) at the same time. ユーザーが TeamsOnly モードに到達する前に、組織は Skype for Business の任意のモード (SfBOnly、SfBWithTeamsCollab、SfBWithTeamsCollabAndMeetings) を使用して、TeamsOnly であるユーザーとまだ TeamsOnly ではないユーザー間の予測可能な通信を確保することができます。Prior to users reaching TeamsOnly mode, organizations can use any of the Skype for Business modes (SfBOnly, SfBWithTeamsCollab, SfBWithTeamsCollabAndMeetings) to ensure predictable communication between users who are TeamsOnly and those who aren’t yet.

技術的な観点からは、ユーザーのモードによってユーザーの操作環境のいくつかの側面が制御されます。From a technical perspective, a user’s mode governs several aspects of the user's experience:

  • 受信ルーティング: 受信チャットと通話が、どのクライアント (Teams または Skype for Business) に届くのか。Incoming routing: In which client (Teams or Skype for Business) do incoming chats and calls land?
  • プレゼンス公開: 他のユーザーに表示されるユーザーのプレゼンスが、Teams または Skype for Business のいずれのアクティビティに基づいたものなのか。Presence publishing: Is the user's presence that is shown to other users based on their activity in Teams or Skype for Business?
  • 会議のスケジュール: 新しい会議のスケジュールを設定し、Outlook に適切なアドインが存在するかどうかを確認するために使用されるサービスはどれですか。Meeting scheduling: Which service is used for scheduling new meetings and ensuring that the proper add-in is present in Outlook? TeamsUpgradePolicy は会議への参加については制御しないことに注意してください。Note that TeamsUpgradePolicy does not govern meeting join. ユーザーは常に、Skype for Business または Teams のいずれの会議であっても、参加することができます。Users can always join any meeting, whether it be a Skype for Business meeting or a Teams meeting.
  • クライアント エクスペリエンス: Teams または Skype for Business で利用可能な機能はどれなのか。Client experience: What functionality is available in Teams and/or Skype for Business client? ユーザーは通話やチャットを、Teams または Skype for Business のいずれで開始できるのか、または両方で開始できるのか。Can users initiate calls and chats in Teams, Skype for Business or both? チームとチャンネルのエクスペリエンスは使用可能なのか。Is Teams & Channels experience available?

モードに基づくルーティングとプレゼンスの動作の詳細については、「Skype for Business との共存」を参照してください。For more details on routing and presence behavior based on mode, see Coexistence with Skype for Business.

一方で、エクスペリエンスの観点からは、モードは次のエクスぺリエンスを定義するものであると、よりシンプルに説明することができます。However, from an experience perspective, mode can more simply be described as defining the experience for:

  • チャットと通話: ユーザーが使用するクライアントはどれなのか。Chat and Calling: Which client does a user use?
  • 会議のスケジュール: ユーザーは新しい会議を Teams と Skype for Business のいずれの会議としてスケジュールするのか。Meeting Scheduling: Do users schedule new meetings as Teams or Skype for Business meetings?
  • Teams クライアントでの共同作業機能の使用可能性Availability of collaboration functionality in Teams client. ユーザーがまだ Skype for Business を所有している場合、チームとチャンネル、およびファイル機能を使用できるかどうか。Is Teams & Channels and Files functionality available while users still have Skype for Business?

モードの一覧を次に示します。The modes are listed below.

モードMode 通話とチャットCalling and Chat 会議のスケジュール1Meeting Scheduling1 チームとチャンネルTeams & Channels 使用例Use Case
TeamsOnly2TeamsOnly2
Skype for Business Online に所属していることが必要Requires home in Skype for Business Online
TeamsTeams TeamsTeams はいYes アップグレード過程の最終的な状態。The final state of being upgraded. 新しいテナントの既定値でもあります。Also the default for new tenants.
アイランドIslands いずれかEither いずれかEither はいYes 既定の構成。Default configuration. 1人のユーザーが両方のクライアントを並べて評価することを許可します。Allows a single user to evaluate both clients side by side. チャットと通話はいずれかのクライアントに届くので、ユーザーは両方のクライアントを常に起動しておく必要があります。Chats and calls can land in either client, so users must always run both clients. 混乱または regressed の Skype for Business エクスペリエンスを回避するため、外部 (フェデレーション) 通信、PSTN 音声サービスと音声アプリケーション、Office の統合、その他のいくつかの統合は、引き続き Skype for Business で処理されます。To avoid a confusing or regressed Skype for Business experience, external (federated) communications, PSTN voice services and voice applications, Office integration, and several other integrations continue to be handled by Skype for Business.
SfBWithTeamsCollabAndMeetings2SfBWithTeamsCollabAndMeetings2 Skype for BusinessSkype for Business TeamsTeams ありYes "会議優先"。"Meetings First". 主に、オンプレミスの組織向けに、クラウドへの通話を移行する準備がまだできていない場合は、Teams の会議機能を活用できます。Primarily for on-premises organizations to benefit from Teams meeting functionality, if they are not yet ready to move calling to the cloud.
SfBWithTeamsCollabSfBWithTeamsCollab Skype for BusinessSkype for Business Skype for BusinessSkype for Business ありYes 厳しく管理の制御が必要な複雑な組織のための代替の開始点です。Alternate starting point for complex organizations that need tighter administrative control.
SfBOnlySfBOnly Skype for BusinessSkype for Business Skype for BusinessSkype for Business なし3No3 データコントロールに関する厳格な要件を持つ組織向けの特殊なシナリオ。Specialized scenario for organizations with strict requirements around data control. Teams は、他のユーザーがスケジュールした会議に参加する場合にのみ使用します。Teams is used only to join meetings scheduled by others.


注:Notes:

1 既存の (Teams または Skype for Business でスケジュールされた) 会議に参加できるかどうかは、モードによって制御されません。1 The ability to join an existing meeting (whether scheduled in Teams or in Skype for Business) is not governed by mode. 既定では、ユーザーは常に招待されたすべての会議に参加できます。By default, users can always join any meeting they have been invited to.

2既定では、Teams sonly または SfbWithTeamsCollabAndMeetings を個々のユーザーに割り当てると、そのユーザーによって予定されている既存の Skype for business 会議が Teams 会議に変換されます。2 By default, when assigning either TeamsOnly or SfbWithTeamsCollabAndMeetings to an individual user, any existing Skype for Business meetings scheduled by that user for the future are converted to Teams meetings. 必要に応じて、これらの会議を Skype for Business 会議のままに-MigrateMeetingsToTeams $falseしておくには、TeamsUpgradePolicy を付与するか、Teams 管理ポータルのチェックボックスをオフにします。If desired, you can leave these meetings as Skype for Business meetings either by specifying -MigrateMeetingsToTeams $false when granting TeamsUpgradePolicy, or by unselecting the checkbox in the Teams Admin portal. Skype for Business から Teams への会議の変換機能は、テナント全体で TeamsUpgradePolicy を付与する場合は使用できません。Note that the ability to convert meetings from Skype for Business to Teams is not available when granting TeamsUpgradePolicy on a tenant-wide basis.

3 Teams では現在、チームとチャンネル機能を無効にすることはできないため、今の段階では有効のままとなります。3 Currently, Teams does not have the ability to disable the Teams and Channels functionality so this remains enabled for now.

TeamsUpgradePolicy: 移行と共存の管理TeamsUpgradePolicy: managing migration and co-existence

TeamsUpgradePolicy は、Mode と NotifySfbUsers の 2 つの主要プロパティを示しています。TeamsUpgradePolicy exposes two key properties: Mode and NotifySfbUsers.

パラメーターParameter Type 使用できる値Allowed values
(斜体が既定値)(default in italics)
説明Description
ModeMode 列挙Enum アイランドIslands
TeamsOnlyTeamsOnly
SfBOnlySfBOnly
SfBWithTeamsCollabSfBWithTeamsCollab
SfBWithTeamsCollabAndMeetingsSfBWithTeamsCollabAndMeetings
クライアントの実行モードを示します。Indicates the mode the client should run in.
NotifySfbUsersNotifySfbUsers ブールBool false または trueFalse or true Skype for Business が間もなく Teams に置き換えられることをユーザーに知らせるバナーをクライアントに表示するかどうかを示します。Indicates whether to show a banner in the Skype for Business client informing the user that Teams will soon replace Skype for Business. Mode=TeamsOnly の場合、これを true にすることはできません。This cannot be true if Mode=TeamsOnly.

Teams は TeamsUpgradePolicy のすべての関連するインスタンスを、組み込みの読み取り専用ポリシーを使用して提供します。Teams provides all relevant instances of TeamsUpgradePolicy via built-in, read-only policies. したがって、使用できるコマンドレットは Get と Grant のみとなります。Therefore, only Get and Grant cmdlets are available. 組み込みのインスタンスを次に示します。The built-in instances are listed below.

IdentityIdentity ModeMode NotifySfbUsersNotifySfbUsers
アイランドIslands アイランドIslands FalseFalse
IslandsWithNotifyIslandsWithNotify アイランドIslands TrueTrue
SfBOnlySfBOnly SfBOnlySfBOnly FalseFalse
SfBOnlyWithNotifySfBOnlyWithNotify SfBOnlySfBOnly TrueTrue
SfBWithTeamsCollabSfBWithTeamsCollab SfBWithTeamsCollabSfBWithTeamsCollab FalseFalse
SfBWithTeamsCollabWithNotifySfBWithTeamsCollabWithNotify SfBWithTeamsCollabSfBWithTeamsCollab TrueTrue
SfBWithTeamsCollabAndMeetingsSfBWithTeamsCollabAndMeetings SfBWithTeamsCollabAndMeetingsSfBWithTeamsCollabAndMeetings FalseFalse
SfBWithTeamsCollabAndMeetingsWithNotifySfBWithTeamsCollabAndMeetingsWithNotify SfBWithTeamsCollabAndMeetingsSfBWithTeamsCollabAndMeetings TrueTrue
UpgradeToTeamsUpgradeToTeams TeamsOnlyTeamsOnly FalseFalse
GlobalGlobal
既定値Default
アイランドIslands FalseFalse

これらのポリシー インスタンスは、個々のユーザーに付与することも、テナント全体に付与することもできます。These policy instances can be granted either to individual users or on a tenant-wide basis. 次に例を示します。For example:

  • ユーザー ($SipAddress) を Teams にアップグレードするには、"UpgradeToTeams" インスタンスを付与します。To upgrade a user ($SipAddress) to Teams, grant the “UpgradeToTeams” instance:
    Grant-CsTeamsUpgradePolicy -PolicyName UpgradeToTeams -Identity $SipAddress
  • テナント全体をアップグレードするには、grant コマンドから Identity パラメーターを省略します。To upgrade the entire tenant, omit the identity parameter from the grant command:
    Grant-CsTeamsUpgradePolicy -PolicyName UpgradeToTeams

フェデレーションに関する考慮事項Federation Considerations

Skype for Business を使用している他のユーザーへの Teams からのフェデレーションには、Teams ユーザーが Skype for Business のオンラインに所属している必要があります。Federation from Teams to another user using Skype for Business requires the Teams user be homed online in Skype for Business.

TeamsUpgradePolicy は、フェデレーションされた受信チャットと通話のルーティングを制御します。TeamsUpgradePolicy governs routing for incoming federated chats and calls. フェデレーションされたルーティングの動作は、同じテナントの場合のシナリオと同じものです (アイランド モードの場合を除く)。Federated routing behavior is the same as for same-tenant scenarios, except in Islands mode. 受信者がアイランド モードの場合の動作は、次のようになります。When recipients are in Islands mode:

  • Teams から開始されたチャットと通話は、受信者がフェデレーションされたテナントにいる場合、Skype for Business に届きます。Chats and calls initiated from Teams land in SfB if the recipient is in a federated tenant.
  • Teams から開始されたチャットと通話は、受信者が同じテナントにいる場合、Teams に届きます。Chats and calls initiated from Teams land in Teams if the recipient is in the same tenant.
  • Skype for Business から開始されたチャットと通話は常に、Skype for Business に届きます。Chats and calls initiated from SfB always land in Skype for Business.

詳細については、「Skype for Business と共存する」を参照してください。For more details, see Coexistence with Skype for Business.

SfB モードを使用している場合の Teams クライアントのユーザーエクスペリエンスThe Teams client user experience when using SfB modes

ユーザーが Skype for Business モード (SfBOnly、SfBWithTeamsCollab、SfBWithTeamsCollabAndMeetings) のいずれかの場合、すべての受信チャットと通話はユーザーの Skype for Business クライアントにルーティングされます。When a user is in any of the Skype for Business modes (SfBOnly, SfBWithTeamsCollab, SfBWithTeamsCollabAndMeetings), all incoming chats and calls are routed to the user’s Skype for Business client. ユーザーが Skype for Business モードのいずれかになっている場合、エンドユーザーの混乱を回避して、適切なルーティング、チームクライアントでの通話とチャットの機能が自動的に無効になるようにします。To avoid end user confusion and ensure proper routing, calling and chat functionality in the Teams client is automatically disabled when a user is in any of the Skype for Business modes. 同様に、Teams での会議のスケジュール設定は、ユーザーが sfbonly は Sfbwithteamsの [共同作業] モードになっている場合は自動的に無効になり、ユーザーが SfBWithTeamsCollabAndMeetings モードになったときに自動的に有効になります。Similarly, meeting scheduling in Teams is automatically disabled when users are in the SfBOnly or SfBWithTeamsCollab modes, and automatically enabled when a user is in the SfBWithTeamsCollabAndMeetings mode. 詳細については、「チームクライアントエクスペリエンスと共存モードの準拠」を参照してください。For details, see Teams client experience and conformance to coexistence modes.

注意

  • チームとチャネルの自動実施が行われる前に、SfbOnly と Sfbwithteams の各モードは同じように動作します。Prior to delivery of the automatic enforcement of Teams and Channels, the SfbOnly and SfBWithTeamsCollab modes behave the same.

モードの詳細な説明Detailed mode descriptions



ModeMode 解説Explanation
アイランドIslands
(既定)(default)
ユーザーは Skype for Business と Teams の両方を並べて実行します。A user runs both Skype for Business and Teams side-by-side. このユーザーは、This user:
  • Skype for Business または Teams クライアントで、チャットや VoIP 通話を開始できます。Can initiate chats and VoIP calls in either Skype for Business or Teams client. オンプレミスの Skype for Business に所属しているユーザーは、受信者のモードに関わらず、Teams から他の Skype for Business ユーザーに対して連絡することはできません。Note: Users with Skype for Business homed on-premises cannot initiate from Teams to reach another Skype for Business user, regardless of the recipient's mode.
  • Skype for business クライアントの別のユーザーが、Skype for Business で開始された VoIP 通話 & チャットを受信します。Receives chats & VoIP calls initiated in Skype for Business by another user in their Skype for Business client.
  • チームクライアント内の別のユーザーが同じテナントにいる場合に、チームで開始された & VoIP 通話を受信します。Receives chats & VoIP calls initiated in Teams by another user in their Teams client if they are in the same tenant.
  • フェデレーションされたテナントにいる場合は、Skype for business クライアントの別のユーザーが開始したチャット & VoIP 通話を受信します。Receives chats & VoIP calls initiated in Teams by another user in their Skype for Business client if they are in a federated tenant.
  • 次に示すような、PSTN 機能があります。Has PSTN functionality as noted below:
    • ユーザーが Skype for Business をオンプレミスで使用しており、エンタープライズ Voip を利用している場合、PSTN 通話は常に Skype for Business で開始および受信されます。When the user is homed in Skype for Business on-premises and has Enterprise Voice, PSTN calls are always initiated and received in Skype for Business.
    • ユーザーが Skype for Business Online をホームとしていて、Microsoft 電話システムを使用している場合、ユーザーは常に Skype for Business で PSTN 通話を開始および受信します。When the user is homed on Skype for Business Online and has Microsoft Phone System, the user always initiates and receives PSTN calls in Skype for Business:
      • この問題が発生するのは、ユーザーが Microsoft の通話プランを使用しているかどうか、または Skype for business Cloud Connector Edition か、または Skype for Business Server (ハイブリッドボイス) のオンプレミス展開を介して PSTN ネットワークに接続しているかどうかに関係なく発生します。This happens regardless of whether the user has a Microsoft Calling Plan, or connects to the PSTN network via either Skype for Business Cloud Connector Edition or an on-premises deployment of Skype for Business Server (hybrid voice).
      • 注: Microsoft Teams 電話システムのダイレクトルーティングは、島々モードではサポートされていません。Note: Microsoft Teams Phone System Direct Routing is not supported in Islands mode.
  • Skype for Business で Microsoft 通話キューと自動応答の通話を受信します。Receives Microsoft Call Queues and Auto-Attendant calls in Skype for Business.
  • Teams または Skype for Business で会議をスケジュールすることができます (また、既定では両方のプラグインが表示されます)。Can schedule meetings in Teams or Skype for Business (and will see both plug-ins by default).
  • Skype for Business または Teams のあらゆる会議に参加できます。会議はそれぞれのクライアントで開きます。Can join any Skype for Business or Teams meeting; the meeting will open in the respective client.
SfBOnlySfBOnly ユーザーは Skype for Business のみを実行します。A user runs only Skype for Business. このユーザーは、This user:
  • Skype for Business からのみチャットと通話を開始することができます。Can initiate chats and calls from Skype for Business only.
  • オンプレミスの Skype for Business に所属している Teams ユーザーが開始したものでない限り、すべてのチャット/通話を開始元に関わらず自分の Skype for Business クライアントで受信します。
  • Skype for Business の会議のみスケジュールできます。ただし、Skype for Business 会議と Teams 会議のいずれにも参加することができます。
    *
  • オンプレミスのユーザーにアイランド モードを使用することは、他の SfBOnly モードのユーザーとの組み合わせにおいて、お勧めできません。Receives any chat/call in their Skype for Business client, regardless of where initiated, unless the initiator is a Teams user with Skype for Business homed on-premises.
  • Can schedule only Skype for Business meetings, but can join Skype for Business or Teams meetings.
    *
  • Using Islands mode with on-premises users is not recommended in combination with other users in SfBOnly mode.
    オンプレミスの Skype for Business に所属している Teams ユーザーが、SfBOnly ユーザーに対して通話またはチャットを開始した場合、SfBOnly ユーザーには届かず、届かなかったチャット/通話に関する電子メールが送られます。*If a Teams user with Skype for Business homed on-premises initiates a call or chat to an SfBOnly user, the SfBOnly user is not reachable and receives a missed chat/call email.*
SfBWithTeamsCollabSfBWithTeamsCollab ユーザーは Skype for Business と Teams の両方を並べて実行します。A user runs both Skype for Business and Teams side-by-side. このユーザーは、This user:
  • SfBOnly モードのユーザーと同じ機能があります。Has the functionality of a user in SfBOnly mode.
  • Teams をグループでの共同作業 (チャネル) に関してのみ利用できます。チャット/通話/会議のスケジュールは利用できません。Has Teams enabled only for group collaboration (Channels); chat/calling/meeting scheduling are disabled.
SfBWithTeamsCollab
AndMeetings
SfBWithTeamsCollab
AndMeetings
ユーザーは Skype for Business と Teams の両方を並べて実行します。A user runs both Skype for Business and Teams side-by-side. このユーザーは、This user:
  • SfBOnly モードのユーザーと同じチャットと通話機能があります。Has the chat and calling functionality of user in SfBOnly mode.
  • Teams をグループでの共同作業 (チャネル (チャネル会話を含む)) に対してのみ利用できます。チャットと通話は利用できません。Has Teams enabled for group collaboration (channels - includes channel conversations); chat and calling are disabled.
  • Teams 会議のみスケジュールできます。ただし、Skype for Business 会議と Teams 会議のいずれにも参加することができます。Can schedule only Teams meetings, but can join Skype for Business or Teams meetings.
TeamsOnlyTeamsOnly
(Skype for Business Online に所属していることが必要)(requires SfB Online home)
ユーザーは Teams のみ実行します。A user runs only Teams. このユーザーは、This user:
  • すべてのチャットと通話を開始元に関わらず自分の Teams クライアントで受信します。Receives any chats and calls in their Teams client, regardless of where initiated.
  • Teams からのみチャットと通話を開始することができます。Can initiate chats and calls from Teams only.
  • Teams でのみ会議をスケジュールできます。ただし、Skype for Business 会議と Teams 会議のいずれにも参加することができます。Can schedule meetings in Teams only, but can join Skype for Business or Teams meetings.
  • Skype for Business IP 電話を使用し続けることができます。Can continue to use Skype for Business IP phones.

    チームの導入が飽和状態になるまでは、Teams を使用して他のユーザーと別のユーザーと組み合わせて使用することはお勧めできません。つまり、すべての孤島モードのユーザーは、チームと Skype for Business クライアントの両方を積極的に使用および監視します。チームのユーザーのみが発信またはチャットを開始した場合は、その呼び出しまたはチャットが諸島ユーザーのチームクライアントに表示されます。島々ユーザーが Teams を使用しないか監視している場合、そのユーザーはオフラインとして表示され、チームのユーザーのみがアクセスできなくなります。Using TeamsOnly mode in combination with other users in Islands mode is not recommended until Teams adoption is saturated, i.e. all Islands mode users actively use and monitor both the Teams and Skype for Business clients. If a TeamsOnly user initiates a call or chat to an Islands user, that call or chat will land in the Islands user’s Teams client; if the Islands user does not use or monitor Teams, that user will appear offline and will not be reachable by the TeamsOnly user.

Skype for Business と共存するCoexistence with Skype for Business

Teams のクライアント エクスペリエンスおよび共存モードへの準拠Teams client experience and conformance to coexistence modes

Get-CsTeamsUpgradePolicyGet-CsTeamsUpgradePolicy

Grant-CsTeamsUpgradePolicyGrant-CsTeamsUpgradePolicy

Get-CsTeamsUpgradeConfigurationGet-CsTeamsUpgradeConfiguration

Set-CsTeamsUpgradeConfigurationSet-CsTeamsUpgradeConfiguration

会議移行サービス (MMS) を使用するUsing the Meeting Migration Service (MMS)