Visual Studio Code Azure Machine Learning 拡張機能をセットアップする (プレビュー)

機械学習ワークフローに使用する Azure Machine Learning Visual Studio Code 拡張機能をセットアップする方法について説明します。

VS Code 用の Azure Machine Learning 拡張機能には、次の作業を行うためのユーザー インターフェイスが備わっています。

  • Azure Machine Learning リソース (実験、仮想マシン、モデル、デプロイなど) を管理する
  • ローカルからリモート コンピューティング インスタンスを使用して開発を行う
  • 機械学習モデルをトレーニングする
  • 機械学習の実験をローカルでデバッグする
  • 仕様ファイルの作成に関するスキーマベースの言語サポート、オートコンプリート、診断

前提条件

  • Azure のサブスクリプション。 お持ちでない場合は、無料版または有料版の Azure Machine Learning にサインアップしてお試しください。
  • Visual Studio Code。 インストールしていない場合は、インストールします。
  • Python
  • (省略可) 拡張機能を使用してリソースを作成するには、CLI (v2) をインストールする必要があります。 設定手順については、CLI (v2) のインストール、設定、使用に関する記事を参照してください。
  • コミュニティ主導のリポジトリをクローンする
        git clone https://github.com/Azure/azureml-examples.git --depth 1
    

拡張機能をインストールする

  1. Visual Studio Code を開きます。

  2. アクティビティ バー拡張機能アイコンを選択して、拡張機能ビューを開きます。

  3. [拡張機能] ビューの検索バーに「Azure Machine Learning」と入力し、最初の拡張機能を選択します。

  4. [インストール] を選択します。

    Install Azure Machine Learning VS Code Extension

Note

Azure Machine Learning VS Code 拡張機能では、既定で CLI (v2) を使用しています。 1\.0 CLI に切り替えるには、Visual Studio Code の azureML.CLI Compatibility Mode 設定を 1.0 に設定します。 Visual Studio の設定の変更について詳しくは、ユーザーとワークスペースの設定に関するドキュメントを参照してください。

Azure アカウントにサインインする

Azure でリソースをプロビジョニングし、ワークロードを実行するには、Azure アカウントの資格情報でサインインする必要があります。 アカウント管理を支援するために、Azure Machine Learning では Azure アカウント拡張機能が自動的にインストールされます。 Azure アカウント拡張機能の詳細については、こちらのサイトを参照してしてください。

Azure アカウントにサインインするには、Visual Studio Code のステータス バーの右下隅にある [Azure: サインイン] ボタンを選択してサインイン プロセスを開始します。

既定のワークスペースを選択する

既定の Azure Machine Learning ワークスペースを選択すると、CLI (v2) YAML 仕様ファイルの作成時に次の機能が有効になります。

  • スキーマの検証
  • オート コンプリート
  • 診断

ワークスペースをお持ちでない場合は、作成してください。 詳細については、VS Code 拡張機能を使用して Azure Machine Learning リソースを管理する方法に関するページを参照してください。

既定のワークスペースを選択するには、Visual Studio Code のステータス バーにある [Set Azure ML Workspace](Azure ML ワークスペースの設定) ボタンを選択し、画面の指示に従ってワークスペースを設定します。

または、コマンド パレットの > Azure ML: Set Default Workspace コマンドを使用し、画面の指示に従ってワークスペースを設定します。

次の手順