パートナー VPN デバイス構成の概要

この記事では、オンプレミスの VPN デバイスを Azure VPN ゲートウェイに接続するための構成の概要について説明します。 サンプルの Azure 仮想ネットワークと VPN ゲートウェイの設定を使って、同じパラメーターで異なるオンプレミス VPN デバイス構成に接続する方法を紹介します。

デバイスの要件

Azure VPN ゲートウェイは、標準の IPsec/IKE プロトコル スイートをサイト間 (S2S) VPN トンネルに使います。 Azure VPN ゲートウェイで使用される IPsec/IKE パラメーターと暗号アルゴリズムの一覧については、VPN デバイスに関するページを参照してください。 暗号化の要件に関する記事の説明に従って、特定の接続を対象に、暗号アルゴリズムとキーの強度を具体的に指定することもできます。

単一の VPN トンネル

サンプルの 1 つ目の構成は、Azure VPN ゲートウェイとオンプレミスの VPN デバイスとの間にある単一の S2S VPN トンネルから成ります。 必要に応じて、VPN トンネル上にボーダー ゲートウェイ プロトコル (BGP) を構成することもできます。

Diagram of a single S2S VPN tunnel

単一の VPN トンネルを設定する具体的な手順については、サイト対サイト接続の構成に関するページを参照してください。 以降のセクションでは、サンプル構成の接続パラメーターについて詳しく説明すると共に、基本的な PowerShell スクリプトを紹介します。

接続パラメーター

このセクションでは、前のセクションで説明した例に使用されている一連のパラメーターを列挙しています。

パラメーター Value
仮想ネットワーク アドレス プレフィックス 10.11.0.0/16
10.12.0.0/16
Azure VPN Gateway IP Azure VPN Gateway IP
オンプレミス アドレス プレフィックス 10.51.0.0/16
10.52.0.0/16
オンプレミス VPN デバイス IP オンプレミス VPN デバイス IP
* 仮想ネットワーク BGP ASN 65010
* Azure BGP ピア IP 10.12.255.30
* オンプレミス BGP ASN 65050
* オンプレミス BGP ピア IP 10.52.255.254

* BGP 専用のオプション パラメーター。

PowerShell スクリプトのサンプル

このセクションでは、作業を始めるときに役立つサンプル スクリプトを提供します。 詳しい手順については、PowerShell を使用して S2S VPN 接続を作成する方法に関するページを参照してください。

# Declare your variables

$Sub1          = "Replace_With_Your_Subscription_Name"
$RG1           = "TestRG1"
$Location1     = "East US 2"
$VNetName1     = "TestVNet1"
$FESubName1    = "FrontEnd"
$BESubName1    = "Backend"
$GWSubName1    = "GatewaySubnet"
$VNetPrefix11  = "10.11.0.0/16"
$VNetPrefix12  = "10.12.0.0/16"
$FESubPrefix1  = "10.11.0.0/24"
$BESubPrefix1  = "10.12.0.0/24"
$GWSubPrefix1  = "10.12.255.0/27"
$VNet1ASN      = 65010
$DNS1          = "8.8.8.8"
$GWName1       = "VNet1GW"
$GWIPName1     = "VNet1GWIP"
$GWIPconfName1 = "gwipconf1"
$Connection15  = "VNet1toSite5"
$LNGName5      = "Site5"
$LNGPrefix50   = "10.52.255.254/32"
$LNGPrefix51   = "10.51.0.0/16"
$LNGPrefix52   = "10.52.0.0/16"
$LNGIP5        = "Your_VPN_Device_IP"
$LNGASN5       = 65050
$BGPPeerIP5    = "10.52.255.254"

# Connect to your subscription and create a new resource group

Connect-AzAccount
Select-AzSubscription -SubscriptionName $Sub1
New-AzResourceGroup -Name $RG1 -Location $Location1

# Create virtual network

$fesub1 = New-AzVirtualNetworkSubnetConfig -Name $FESubName1 -AddressPrefix $FESubPrefix1 $besub1 = New-AzVirtualNetworkSubnetConfig -Name $BESubName1 -AddressPrefix $BESubPrefix1
$gwsub1 = New-AzVirtualNetworkSubnetConfig -Name $GWSubName1 -AddressPrefix $GWSubPrefix1

New-AzVirtualNetwork -Name $VNetName1 -ResourceGroupName $RG1 -Location $Location1 -AddressPrefix $VNetPrefix11,$VNetPrefix12 -Subnet $fesub1,$besub1,$gwsub1

# Create VPN gateway

$gwpip1    = New-AzPublicIpAddress -Name $GWIPName1 -ResourceGroupName $RG1 -Location $Location1 -AllocationMethod Dynamic
$vnet1     = Get-AzVirtualNetwork -Name $VNetName1 -ResourceGroupName $RG1
$subnet1   = Get-AzVirtualNetworkSubnetConfig -Name "GatewaySubnet" -VirtualNetwork $vnet1
$gwipconf1 = New-AzVirtualNetworkGatewayIpConfig -Name $GWIPconfName1 -Subnet $subnet1 -PublicIpAddress $gwpip1

New-AzVirtualNetworkGateway -Name $GWName1 -ResourceGroupName $RG1 -Location $Location1 -IpConfigurations $gwipconf1 -GatewayType Vpn -VpnType RouteBased -GatewaySku VpnGw1 -Asn $VNet1ASN

# Create local network gateway

New-AzLocalNetworkGateway -Name $LNGName5 -ResourceGroupName $RG1 -Location $Location1 -GatewayIpAddress $LNGIP5 -AddressPrefix $LNGPrefix51,$LNGPrefix52 -Asn $LNGASN5 -BgpPeeringAddress $BGPPeerIP5

# Create the S2S VPN connection

$vnet1gw = Get-AzVirtualNetworkGateway -Name $GWName1  -ResourceGroupName $RG1
$lng5gw  = Get-AzLocalNetworkGateway -Name $LNGName5 -ResourceGroupName $RG1

New-AzVirtualNetworkGatewayConnection -Name $Connection15 -ResourceGroupName $RG1 -VirtualNetworkGateway1 $vnet1gw -LocalNetworkGateway2 $lng5gw -Location $Location1 -ConnectionType IPsec -SharedKey 'AzureA1b2C3' -EnableBGP $False

(オプション) UsePolicyBasedTrafficSelectors でカスタム IPsec/IKE ポリシーを使用する

VPN デバイスが任意の環境間のトラフィック セレクター (ルートベース/VTI ベースの構成など) をサポートしていない場合は、UsePolicyBasedTrafficSelectors オプションを使ってカスタム IPsec/IKE ポリシーを作成します。

重要

接続で UsePolicyBasedTrafficSelectors オプションを有効にするためには、IPsec/IKE ポリシーを作成する必要があります。

このサンプル スクリプトでは、次のアルゴリズムとパラメーターを使用して IPsec/IKE ポリシーが作成されます。

  • IKEv2: AES256、SHA384、DHGroup24
  • IPsec: AES256、SHA1、PFS24、SA の有効期間 7,200 秒および 20,480,000 KB (20 GB)

このスクリプトでは、接続に IPsec/IKE ポリシーを適用して UsePolicyBasedTrafficSelectors オプションを有効にします。

$ipsecpolicy5 = New-AzIpsecPolicy -IkeEncryption AES256 -IkeIntegrity SHA384 -DhGroup DHGroup24 -IpsecEncryption AES256 -IpsecIntegrity SHA1 -PfsGroup PFS24 -SALifeTimeSeconds 7200 -SADataSizeKilobytes 20480000

$vnet1gw = Get-AzVirtualNetworkGateway -Name $GWName1  -ResourceGroupName $RG1
$lng5gw  = Get-AzLocalNetworkGateway -Name $LNGName5 -ResourceGroupName $RG1

New-AzVirtualNetworkGatewayConnection -Name $Connection15 -ResourceGroupName $RG1 -VirtualNetworkGateway1 $vnet1gw -LocalNetworkGateway2 $lng5gw -Location $Location1 -ConnectionType IPsec -SharedKey 'AzureA1b2C3' -EnableBGP $False -IpsecPolicies $ipsecpolicy5 -UsePolicyBasedTrafficSelectors $True

(オプション) S2S VPN 接続で BGP を使用する

S2S VPN 接続を作成するとき、必要に応じて VPN ゲートウェイに BGP を使用することができます。 このアプローチには 2 つの違いがあります。

  • オンプレミスのアドレス プレフィックスには、1 つのホスト アドレスを指定できます。 オンプレミスの BGP ピア IP アドレスは次のように指定します。

    New-AzLocalNetworkGateway -Name $LNGName5 -ResourceGroupName $RG1 -Location $Location1 -GatewayIpAddress $LNGIP5 -AddressPrefix $LNGPrefix50 -Asn $LNGASN5 -BgpPeeringAddress $BGPPeerIP5
    
  • 接続を作成するときに、-EnableBGP オプションを $True に設定する必要があります。

    New-AzVirtualNetworkGatewayConnection -Name $Connection15 -ResourceGroupName $RG1 -VirtualNetworkGateway1 $vnet1gw -LocalNetworkGateway2 $lng5gw -Location $Location1 -ConnectionType IPsec -SharedKey 'AzureA1b2C3' -EnableBGP $True
    

次のステップ

アクティブ/アクティブ VPN ゲートウェイを設定する具体的な手順については、クロスプレミス接続と VNet 間接続にアクティブ/アクティブ VPN ゲートウェイを構成する方法に関するページを参照してください。