az group

リソース グループとテンプレートのデプロイを管理します。

コマンド

az group create

新しいリソース グループを作成します。

az group delete

リソース グループを削除します。

az group deployment

Azure Resource Manager デプロイを管理します。

az group deployment cancel

現在実行中のテンプレートのデプロイを取り消します。

az group deployment create

デプロイを開始します。

az group deployment delete

デプロイ履歴からデプロイを削除します。

az group deployment export

デプロイに使用されたテンプレートをエクスポートします。

az group deployment list

リソース グループに対して行われたすべてのデプロイを取得します。

az group deployment operation

デプロイ操作を管理します。

az group deployment operation list

デプロイのすべてのデプロイ操作を取得します。

az group deployment operation show

デプロイの操作を取得します。

az group deployment show

デプロイを取得します。

az group deployment validate

テンプレートが構文的に正しいかどうかを検証します。

az group deployment wait

デプロイ条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。

az group exists

リソース グループが存在するかどうかを確認します。

az group export

リソース グループをテンプレートとしてキャプチャします。

az group list

リソース グループを一覧表示します。

az group lock

Azure リソース グループのロックを管理します。

az group lock create

リソース グループ ロックを作成します。

az group lock delete

リソース グループのロックを削除します。

az group lock list

リソース グループ内のロック情報を一覧表示します。

az group lock show

リソース グループ ロックの詳細を表示します。

az group lock update

リソース グループのロックを更新します。

az group show

リソース グループを取得します。

az group update

リソース グループを更新します。

az group wait

リソース グループの条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。

az group create

新しいリソース グループを作成します。

az group create --location
                --name
                [--managed-by]
                [--tags]

米国西部リージョンに新しいリソース グループを作成します。

az group create -l westus -n MyResourceGroup

必須のパラメーター

--location -l

場所。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

--name --resource-group -g -n

新しいリソース グループの名前。

省略可能のパラメーター

--managed-by

このリソース グループを管理するリソースの ID。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

az group delete

リソース グループを削除します。

az group delete --name
                [--force-deletion-types {Microsoft.Compute/virtualMachineScaleSets, Microsoft.Compute/virtualMachines}]
                [--no-wait]
                [--yes]

リソース グループを削除します。

az group delete -n MyResourceGroup

リソース グループ内のすべてのVirtual Machinesを強制的に削除します。

az group delete -n MyResourceGroup --force-deletion-types Microsoft.Compute/virtualMachines

必須のパラメーター

--name --resource-group -g -n

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--force-deletion-types -f

強制的に削除するリソースの種類。

承認された値: Microsoft.Compute/virtualMachineScaleSets, Microsoft.Compute/virtualMachines
--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

az group exists

リソース グループが存在するかどうかを確認します。

az group exists --name

'MyResourceGroup' が存在するかどうかを確認します。

az group exists -n MyResourceGroup

必須のパラメーター

--name --resource-group -g -n

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az group export

リソース グループをテンプレートとしてキャプチャします。

az group export --name
                [--include-comments]
                [--include-parameter-default-value]
                [--resource-ids]
                [--skip-all-params]
                [--skip-resource-name-params]

必須のパラメーター

--name --resource-group -g -n

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--include-comments

コメント付きのテンプレートをエクスポートします。

--include-parameter-default-value

既定値を使用してテンプレート パラメーターをエクスポートします。

--resource-ids

エクスポートをフィルター処理するスペース区切りのリソース ID。 すべてのリソースをエクスポートするには、この引数を指定したり、"*" を指定したりしないでください。

--skip-all-params

テンプレート パラメーターをエクスポートし、すべてのパラメーター化をスキップします。

--skip-resource-name-params

テンプレートをエクスポートし、リソース名のパラメーター化をスキップします。

az group list

リソース グループを一覧表示します。

az group list [--tag]

米国西部リージョンにあるすべてのリソース グループを一覧表示します。

az group list --query "[?location=='westus']"

省略可能のパラメーター

--tag

'key[=value]' 形式の 1 つのタグ。 既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

az group show

リソース グループを取得します。

az group show --name

必須のパラメーター

--name --resource-group -g -n

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az group update

リソース グループを更新します。

az group update --name
                [--add]
                [--force-string]
                [--remove]
                [--set]
                [--tags]

リソース グループを更新します。 (自動生成)

az group update --resource-group MyResourceGroup --set tags.CostCenter='{"Dept":"IT","Environment":"Test"}'

必須のパラメーター

--name --resource-group -g -n

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--add

パスとキー値のペアを指定して、オブジェクトの一覧にオブジェクトを追加します。 例: --add property.listProperty <key=value,string または JSON 文字列>。

--force-string

'set' または 'add' を使用する場合は、JSON への変換を試みる代わりに、文字列リテラルを保持します。

--remove

リストからプロパティまたは要素を削除します。 例: --remove property.list OR --remove propertyToRemove。

--set

設定するプロパティのパスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例: --set property1.property2=。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

az group wait

リソース グループの条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。

az group wait --name
              [--created]
              [--custom]
              [--deleted]
              [--exists]
              [--interval]
              [--timeout]
              [--updated]

リソース グループの条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。 (自動生成)

az group wait --created  --resource-group MyResourceGroup

リソース グループの条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。 (自動生成)

az group wait --deleted --resource-group MyResourceGroup

必須のパラメーター

--name --resource-group -g -n

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--created

'provisioningState' が 'Succeeded' で作成されるまで待ちます。

--custom

条件がカスタム JMESPath クエリを満たすまで待ちます。 例: provisioningState!='InProgress'、instanceView.statuses[?code=='PowerState/running']。

--deleted

削除されるまで待ちます。

--exists

リソースが存在するまで待ちます。

--interval

ポーリング間隔 (秒)。

既定値: 30
--timeout

最大待機時間 (秒単位)。

既定値: 3600
--updated

provisioningState が 'Succeeded' で更新されるまで待ちます。