az network public-ip

パブリック IP アドレスを管理します。

パブリック IP アドレスの詳細については、以下を参照してください https://docs.microsoft.com/azure/virtual-network/virtual-network-public-ip-address

コマンド

az network public-ip create

パブリック IP アドレスを作成します。

az network public-ip delete

パブリック IP アドレスを削除します。

az network public-ip list

パブリック IP アドレスを一覧表示します。

az network public-ip prefix

パブリック IP プレフィックス リソースを管理します。

az network public-ip prefix create

パブリック IP プレフィックス リソースを作成します。

az network public-ip prefix delete

パブリック IP プレフィックス リソースを削除します。

az network public-ip prefix list

パブリック IP プレフィックス リソースを一覧表示します。

az network public-ip prefix show

パブリック IP プレフィックス リソースの詳細を取得します。

az network public-ip prefix update

パブリック IP プレフィックス リソースを更新します。

az network public-ip show

パブリック IP アドレスの詳細を取得します。

az network public-ip update

パブリック IP アドレスを更新します。

az network public-ip create

パブリック IP アドレスを作成します。

az network public-ip create --name
                            --resource-group
                            [--allocation-method {Dynamic, Static}]
                            [--dns-name]
                            [--edge-zone]
                            [--idle-timeout]
                            [--ip-address]
                            [--ip-tags]
                            [--location]
                            [--public-ip-prefix]
                            [--reverse-fqdn]
                            [--sku {Basic, Standard}]
                            [--tags]
                            [--tier {Global, Regional}]
                            [--version {IPv4, IPv6}]
                            [--zone {1, 2, 3}]

基本的なパブリック IP リソースを作成します。

az network public-ip create -g MyResourceGroup -n MyIp

DNS 名ラベルの静的パブリック IP リソースを作成します。

az network public-ip create -g MyResourceGroup -n MyIp --dns-name MyLabel --allocation-method Static

現在のリソース グループ リージョンの可用性ゾーンにパブリック IP リソースを作成します。

az network public-ip create -g MyResourceGroup -n MyIp --zone 2

必須のパラメーター

--name -n

パブリック IP アドレスの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--allocation-method

IP アドレスの割り当て方法。

承認された値: Dynamic, Static
--dns-name

グローバルに一意の DNS エントリ。

--edge-zone

エッジ ゾーンの名前。

--idle-timeout

アイドル タイムアウト (分単位)。

既定値: 4
--ip-address

パブリック IP アドレス リソースに関連付けられている IP アドレス。

--ip-tags

'TYPE=VAL' 形式の IP タグのスペース区切りリスト。

--location -l

場所。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

--public-ip-prefix

パブリック IP プレフィックスの名前または ID。

--reverse-fqdn

逆引き FQDN (完全修飾ドメイン名)。

--sku

パブリック IP アドレス SKU の名前。

承認された値: Basic, Standard
--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--tier

パブリック IP アドレス SKU とグローバルレベルの層は、標準 SKU のパブリック IP アドレスでのみサポートされます。

承認された値: Global, Regional
--version

IP アドレスの種類。

承認された値: IPv4, IPv6
既定値: IPv4
--zone -z

リソースをプロビジョニングする可用性ゾーンのスペース区切りの一覧。

承認された値: 1, 2, 3

az network public-ip delete

パブリック IP アドレスを削除します。

az network public-ip delete [--ids]
                            [--name]
                            [--resource-group]

パブリック IP アドレスを削除します。

az network public-ip delete -g MyResourceGroup -n MyIp

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

パブリック IP アドレスの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network public-ip list

パブリック IP アドレスを一覧表示します。

az network public-ip list [--resource-group]

サブスクリプション内のすべてのパブリック IP を一覧表示します。

az network public-ip list

リソース グループ内のすべてのパブリック IP を一覧表示します。

az network public-ip list -g MyResourceGroup

ドメイン名ラベルのすべてのパブリック IP を一覧表示します。

az network public-ip list -g MyResourceGroup --query "[?dnsSettings.domainNameLabel=='MyLabel']"

省略可能のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network public-ip show

パブリック IP アドレスの詳細を取得します。

az network public-ip show [--expand]
                          [--ids]
                          [--name]
                          [--resource-group]

パブリック IP リソースに関する情報を取得します。

az network public-ip show -g MyResourceGroup -n MyIp

パブリック IP リソースの FQDN と IP アドレスを取得します。

az network public-ip show -g MyResourceGroup -n MyIp --query "{fqdn: dnsSettings.fqdn, address: ipAddress}"

省略可能のパラメーター

--expand

参照されているリソースを展開します。 既定値は [なし] です。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

パブリック IP アドレスの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network public-ip update

パブリック IP アドレスを更新します。

az network public-ip update [--add]
                            [--allocation-method {Dynamic, Static}]
                            [--dns-name]
                            [--force-string]
                            [--idle-timeout]
                            [--ids]
                            [--ip-tags]
                            [--name]
                            [--public-ip-prefix]
                            [--remove]
                            [--resource-group]
                            [--reverse-fqdn]
                            [--set]
                            [--sku {Basic, Standard}]
                            [--tags]
                            [--version {IPv4, IPv6}]

DNS 名ラベルと静的割り当てを使用してパブリック IP リソースを更新します。

az network public-ip update -g MyResourceGroup -n MyIp --dns-name MyLabel --allocation-method Static

省略可能のパラメーター

--add

パスとキー値のペアを指定して、オブジェクトの一覧にオブジェクトを追加します。 例: --add property.listProperty <key=value,string または JSON 文字列>。

--allocation-method

IP アドレスの割り当て方法。

承認された値: Dynamic, Static
--dns-name

グローバルに一意の DNS エントリ。

--force-string

'set' または 'add' を使用する場合は、JSON への変換を試みる代わりに、文字列リテラルを保持します。

--idle-timeout

アイドル タイムアウト (分単位)。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--ip-tags

'TYPE=VAL' 形式の IP タグのスペース区切りリスト。

--name -n

パブリック IP アドレスの名前。

--public-ip-prefix

パブリック IP プレフィックスの名前または ID。

--remove

リストからプロパティまたは要素を削除します。 例: --remove property.list OR --remove propertyToRemove。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--reverse-fqdn

逆引き FQDN (完全修飾ドメイン名)。

--set

設定するプロパティのパスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例: --set property1.property2=。

--sku

パブリック IP SKU。

承認された値: Basic, Standard
--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--version

IP アドレスの種類。

承認された値: IPv4, IPv6
既定値: IPv4