DbContextOptions クラス

定義

によって使用されるオプション DbContext 。 通常、 をオーバーライドまたは使用してこのクラスのインスタンスを作成し、アプリケーション コードで直接構築 OnConfiguring(DbContextOptionsBuilder) DbContextOptionsBuilder するようには設計されていない。

public abstract class DbContextOptions : Microsoft.EntityFrameworkCore.Infrastructure.IDbContextOptions
type DbContextOptions = class
    interface IDbContextOptions
Public MustInherit Class DbContextOptions
Implements IDbContextOptions
継承
DbContextOptions
派生
実装

注釈

詳細 については、「DbContextOptions の使用 」を参照してください。

コンストラクター

DbContextOptions()

これは、パブリック API と同じ互換性標準Entity Framework Coreインフラストラクチャをサポートする内部 API です。 これは、リリースで予告なしに変更または削除される場合があります。 これをコード内で直接使用する場合は、慎重に行う必要があります。そうすると、新しいリリースに更新するときにアプリケーションエラーが発生する可能性Entity Framework Coreがあります。

DbContextOptions(ImmutableSortedDictionary<Type,ValueTuple<IDbContextOptionsExtension,Int32>>)

これは、パブリック API と同じ互換性標準Entity Framework Coreインフラストラクチャをサポートする内部 API です。 これは、リリースで予告なしに変更または削除される場合があります。 これをコード内で直接使用する場合は、慎重に行う必要があります。そうすると、新しいリリースに更新するときにアプリケーションエラーが発生する可能性Entity Framework Coreがあります。

DbContextOptions(IReadOnlyDictionary<Type,IDbContextOptionsExtension>)

これは、パブリック API と同じ互換性標準Entity Framework Coreインフラストラクチャをサポートする内部 API です。 これは、リリースで予告なしに変更または削除される場合があります。 これをコード内で直接使用する場合は、慎重に行う必要があります。そうすると、新しいリリースに更新するときにアプリケーションエラーが発生する可能性Entity Framework Coreがあります。

プロパティ

ContextType

これらのオプションのコンテキストの種類。 特定の DbContext 派生コンテキストに対してオプションが構築されていない場合は が返されます。

Extensions

構成されたオプションを格納する拡張機能を取得します。

ExtensionsMap

これは、パブリック API と同じ互換性標準Entity Framework Coreインフラストラクチャをサポートする内部 API です。 これは、リリースで予告なしに変更または削除される場合があります。 これをコード内で直接使用する場合は、慎重に行う必要があります。そうすると、新しいリリースに更新するときにアプリケーションエラーが発生する可能性Entity Framework Coreがあります。

IsFrozen

が呼 true び出 Freeze() された場合は を返します。 固定されたオプション オブジェクトは、 でさらに構成することはできません OnConfiguring(DbContextOptionsBuilder)

メソッド

Equals(DbContextOptions)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

Equals(Object)

Determines whether the specified object is equal to the current object.

FindExtension<TExtension>()

指定された型の拡張機能を取得します。 指定した null 型の拡張が構成されていない場合は を返します。

Freeze()

このオプション オブジェクトのそれ以上の構成を行う必要がなさいと指定します。

GetExtension<TExtension>()

指定された型の拡張機能を取得します。 指定した型の拡張が構成されていない場合は、 をスローします。

GetHashCode()

Serves as the default hash function.

WithExtension<TExtension>(TExtension)

指定した拡張機能を基になるオプションに追加し、拡張機能を追加 DbContextOptions して新しい を作成します。

適用対象