IDbContextOptions インターフェイス

定義

DbContext使用するオプション。 通常は、このインターフェイスを実装するクラスのインスタンスをオーバーライド OnConfiguring(DbContextOptionsBuilder) または使用 DbContextOptionsBuilder して作成します。アプリケーション コードで直接作成するようには設計されていません。

サービスの有効期間は Scoped. これは、各 DbContext インスタンスがこのサービスの独自のインスタンスを使用することを意味します。 実装は、任意の有効期間で登録されている他のサービスに依存する場合があります。 実装はスレッド セーフである必要はありません。

public interface IDbContextOptions
type IDbContextOptions = interface
Public Interface IDbContextOptions
派生

注釈

詳細については、「 データベース プロバイダーと拡張機能の実装 」を参照してください。

プロパティ

Extensions

構成されたオプションを格納する拡張機能を取得します。

メソッド

FindExtension<TExtension>()

指定された型の拡張機能を取得します。 指定した型の拡張子が構成されていない場合は null を返します。

適用対象