ILogger<TCategoryName> インターフェイス

定義

指定した TCategoryName の型名からカテゴリ名が派生しているログのための汎用インターフェイス。 一般に、依存関係の挿入から名前付き ILogger のアクティブ化を有効にするために使用されます。

generic <typename TCategoryName>
public interface class ILogger : Microsoft::Extensions::Logging::ILogger
public interface ILogger<out TCategoryName> : Microsoft.Extensions.Logging.ILogger
type ILogger<'CategoryName> = interface
    interface ILogger
Public Interface ILogger(Of Out TCategoryName)
Implements ILogger

型パラメーター

TCategoryName

ロガー カテゴリ名に使用される名前を持つ型。

この型パラメーターは共変です。 つまり、指定した型、または強い派生型のいずれかを使用することができます。 共変性および反変性の詳細については、「ジェネリックの共変性と反変性」をご覧ください。
派生
実装

メソッド

BeginScope<TState>(TState)

論理操作スコープを開始します。

(継承元 ILogger)
IsEnabled(LogLevel)

指定した logLevel が有効かどうかを確認します。

(継承元 ILogger)
Log<TState>(LogLevel, EventId, TState, Exception, Func<TState,Exception,String>)

ログ エントリを書き込みます。

(継承元 ILogger)

拡張メソッド

BeginScope(ILogger, String, Object[])

メッセージの書式を設定し、スコープを作成します。

Log(ILogger, LogLevel, EventId, Exception, String, Object[])

ログ メッセージの書式を設定し、指定したログ レベルで書き込みます。

Log(ILogger, LogLevel, EventId, String, Object[])

ログ メッセージの書式を設定し、指定したログ レベルで書き込みます。

Log(ILogger, LogLevel, Exception, String, Object[])

ログ メッセージの書式を設定し、指定したログ レベルで書き込みます。

Log(ILogger, LogLevel, String, Object[])

ログ メッセージの書式を設定し、指定したログ レベルで書き込みます。

LogCritical(ILogger, EventId, Exception, String, Object[])

重大なログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogCritical(ILogger, EventId, String, Object[])

重大なログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogCritical(ILogger, Exception, String, Object[])

重大なログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogCritical(ILogger, String, Object[])

重大なログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogDebug(ILogger, EventId, Exception, String, Object[])

デバッグ ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogDebug(ILogger, EventId, String, Object[])

デバッグ ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogDebug(ILogger, Exception, String, Object[])

デバッグ ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogDebug(ILogger, String, Object[])

デバッグ ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogError(ILogger, EventId, Exception, String, Object[])

エラー ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogError(ILogger, EventId, String, Object[])

エラー ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogError(ILogger, Exception, String, Object[])

エラー ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogError(ILogger, String, Object[])

エラー ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogInformation(ILogger, EventId, Exception, String, Object[])

情報ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogInformation(ILogger, EventId, String, Object[])

情報ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogInformation(ILogger, Exception, String, Object[])

情報ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogInformation(ILogger, String, Object[])

情報ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogTrace(ILogger, EventId, Exception, String, Object[])

トレース ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogTrace(ILogger, EventId, String, Object[])

トレース ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogTrace(ILogger, Exception, String, Object[])

トレース ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogTrace(ILogger, String, Object[])

トレース ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogWarning(ILogger, EventId, Exception, String, Object[])

警告ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogWarning(ILogger, EventId, String, Object[])

警告ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogWarning(ILogger, Exception, String, Object[])

警告ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

LogWarning(ILogger, String, Object[])

警告ログ メッセージの書式を設定し、書き込みます。

適用対象