CultureInfo.InvariantCulture プロパティ

定義

カルチャに依存しない (インバリアントな) CultureInfo オブジェクトを取得します。

public:
 static property System::Globalization::CultureInfo ^ InvariantCulture { System::Globalization::CultureInfo ^ get(); };
public static System.Globalization.CultureInfo InvariantCulture { get; }
member this.InvariantCulture : System.Globalization.CultureInfo
Public Shared ReadOnly Property InvariantCulture As CultureInfo

プロパティ値

CultureInfo

カルチャに依存しない (インバリアントな) オブジェクト。

注釈

インバリアント カルチャはカルチャに依存しません。これは英語に関連付けられていますが、国/地域には関連付けされません。 インバリアント カルチャを名前で指定するには、インスタンス化メソッドの呼び出し CultureInfo で空の文字列 ("") を使用します。 CultureInfo.InvariantCulture インバリアント カルチャのインスタンスも取得します。 これは、カルチャを必要とする名前空間のほぼすべてのメソッドで System.Globalization 使用できます。 などのCompareInfoDateTimeFormatプロパティによって返されるオブジェクトとNumberFormat、不変カルチャの文字列比較と書式設定規則も反映されます。

ユーザーのカスタマイズや、.NET Frameworkやオペレーティング システムの更新によって変更されるカルチャに依存するデータとは異なり、インバリアント カルチャ データは時間の経過と共に、インストールされているカルチャ間で安定しており、ユーザーがカスタマイズすることはできません。 これにより、インバリアント カルチャは、書式設定されたデータを保持する書式設定操作や解析操作、カルチャに関係なく固定の順序でデータを表示する必要がある並べ替えおよび順序付け操作など、カルチャに依存しない結果を必要とする操作に特に役立ちます。

文字列操作

現在のカルチャの規則の影響を受けず、カルチャ間で一貫性のあるカルチャに依存する文字列操作には、インバリアント カルチャを使用できます。 たとえば、並べ替えられたデータを固定の順序で表示したり、現在のカルチャに関係なく文字列に標準の大文字と小文字の規則のセットを適用したりできます。 これを行うには、次のようなToUpper(CultureInfo)Compare(String, String, Boolean, CultureInfo)パラメーターを持つメソッドにオブジェクトをCultureInfoInvariantCultureします。

データの保持

この InvariantCulture プロパティを使用して、カルチャに依存しない形式でデータを保持できます。 これにより、変更されず、カルチャ間でデータをシリアル化および逆シリアル化するために使用できる既知の形式が提供されます。 データを逆シリアル化した後は、現在のユーザーのカルチャ規則に基づいて適切に書式設定できます。

たとえば、日付と時刻のデータを文字列形式で保持することを選択した場合は、オブジェクトを or DateTimeOffset.ToString(IFormatProvider) メソッドに渡InvariantCultureしてDateTime.ToString(String, IFormatProvider)文字列を作成し、オブジェクトを or DateTimeOffset.Parse(String, IFormatProvider, DateTimeStyles) メソッドにDateTime.Parse(String, IFormatProvider)InvariantCultureして文字列を日時の値に変換できます。 この手法により、異なるカルチャのユーザーがデータを読み取ったり書き込んだりするときに、基になる日付と時刻の値が変更されないようにします。

次の例では、不変カルチャを使用して値を DateTime 文字列として保持します。 次に、フランス語 (フランス) カルチャとドイツ語 (ドイツ) カルチャの書式規則を使用して、文字列を解析し、その値を表示します。

using System;
using System.IO;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      // Persist the date and time data.
      StreamWriter sw = new StreamWriter(@".\DateData.dat");

      // Create a DateTime value.
      DateTime dtIn = DateTime.Now;
      // Retrieve a CultureInfo object.
      CultureInfo invC = CultureInfo.InvariantCulture;

      // Convert the date to a string and write it to a file.
      sw.WriteLine(dtIn.ToString("r", invC));
      sw.Close();

      // Restore the date and time data.
      StreamReader sr = new StreamReader(@".\DateData.dat");
      String input;
      while ((input = sr.ReadLine()) != null)
      {
         Console.WriteLine("Stored data: {0}\n" , input);

         // Parse the stored string.
         DateTime dtOut = DateTime.Parse(input, invC, DateTimeStyles.RoundtripKind);

         // Create a French (France) CultureInfo object.
         CultureInfo frFr = new CultureInfo("fr-FR");
         // Displays the date formatted for the "fr-FR" culture.
         Console.WriteLine("Date formatted for the {0} culture: {1}" ,
                           frFr.Name, dtOut.ToString("f", frFr));

         // Creates a German (Germany) CultureInfo object.
         CultureInfo deDe= new CultureInfo("de-De");
         // Displays the date formatted for the "de-DE" culture.
         Console.WriteLine("Date formatted for {0} culture: {1}" ,
                           deDe.Name, dtOut.ToString("f", deDe));
      }
      sr.Close();
   }
}
// The example displays the following output:
//    Stored data: Tue, 15 May 2012 16:34:16 GMT
//
//    Date formatted for the fr-FR culture: mardi 15 mai 2012 16:34
//    Date formatted for de-DE culture: Dienstag, 15. Mai 2012 16:34
Imports System.Globalization
Imports System.IO

Module Example
   Public Sub Main()
      ' Persist the date and time data.
      Dim sw As New StreamWriter(".\DateData.dat")
      
      ' Create a DateTime value.      
      Dim dtIn As DateTime = DateTime.Now
      ' Retrieve a CultureInfo object.
      Dim invC As CultureInfo = CultureInfo.InvariantCulture
      
      ' Convert the date to a string and write it to a file.
      sw.WriteLine(dtIn.ToString("r", invC))
      sw.Close()

      ' Restore the date and time data.
      Dim sr As New StreamReader(".\DateData.dat")
      Dim input As String = String.Empty
      Do While sr.Peek() >= 0 
         input = sr.ReadLine()
         Console.WriteLine("Stored data: {0}" , input)    
         Console.WriteLine()
         
         ' Parse the stored string.
         Dim dtOut As DateTime = DateTime.Parse(input, invC, DateTimeStyles.RoundtripKind)

         ' Create a French (France) CultureInfo object.
         Dim frFr As New CultureInfo("fr-FR")
         ' Displays the date formatted for the "fr-FR" culture.
         Console.WriteLine("Date formatted for the {0} culture: {1}" , 
                           frFr.Name, dtOut.ToString("f", frFr))

         ' Creates a German (Germany) CultureInfo object.
         Dim deDe As New CultureInfo("de-De")
         ' Displays the date formatted for the "de-DE" culture.
         Console.WriteLine("Date formatted for {0} culture: {1}" , 
                           deDe.Name, dtOut.ToString("f", deDe))
      Loop
      sr.Close()
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'    Stored data: Tue, 15 May 2012 16:34:16 GMT
'    
'    Date formatted for the fr-FR culture: mardi 15 mai 2012 16:34
'    Date formatted for de-DE culture: Dienstag, 15. Mai 2012 16:34

セキュリティの決定

文字列比較やケースの変更の結果に基づいてセキュリティの決定 (システム リソースへのアクセスを許可するかどうかなど) を行う場合は、インバリアント カルチャを使用しないでください。 代わりに、パラメーターを含むStringComparisonメソッドを呼び出し、引数としてまたは引数として指定することで、大文字と小文字を区別またはStringComparison.OrdinalIgnoreCase大文字と小文字をStringComparison.Ordinal区別しない序数比較を実行する必要があります。 カルチャに依存する文字列操作を実行するコードは、現在のカルチャが変更された場合、またはコードを実行しているコンピューター上のカルチャがコードのテストに使用されるカルチャと異なる場合、セキュリティの脆弱性を引き起こす可能性があります。 これに対し、序数比較は、比較された文字のバイナリ値のみに依存します。

適用対象

こちらもご覧ください