TextWriter.WriteLine メソッド

定義

データを、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

オーバーロード

WriteLine(String, Object, Object)

Format(String, Object, Object) メソッドと同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(Char[], Int32, Int32)

文字の部分配列を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(String, Object[])

Format(String, Object) と同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(String, Object)

Format(String, Object) メソッドと同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(UInt64)

8 バイト符号なし整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(UInt32)

4 バイト符号なし整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(String, Object, Object, Object)

Format(String, Object) と同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(StringBuilder)

文字列ビルダーのテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(String)

文字列を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(Single)

4 バイト浮動小数点値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(Double)

8 バイト浮動小数点値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(Object)

オブジェクトで ToString メソッドを呼び出して、そのオブジェクトのテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(Int64)

8 バイト符号付き整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(Int32)

4 バイト符号付き整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(Decimal)

10 進値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(Char[])

文字配列を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(Char)

文字を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(Boolean)

Boolean 値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine()

行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(ReadOnlySpan<Char>)

文字スパンのテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

WriteLine(String, Object, Object)

Format(String, Object, Object) メソッドと同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(System::String ^ format, System::Object ^ arg0, System::Object ^ arg1);
public virtual void WriteLine (string format, object arg0, object arg1);
public virtual void WriteLine (string format, object? arg0, object? arg1);
abstract member WriteLine : string * obj * obj -> unit
override this.WriteLine : string * obj * obj -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (format As String, arg0 As Object, arg1 As Object)

パラメーター

format
String

複合書式設定文字列。

arg0
Object

書式設定および書き込みをする最初のオブジェクト。

arg1
Object

書式設定および書き込みをする 2 番目のオブジェクト。

例外

formatnullです。

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

format は有効な復号書式指定文字列ではありません。

  • または - 書式指定項目のインデックスが、0 (ゼロ) より小さいか、書式設定されるオブジェクトの数 (このメソッド オーバーロードでは 2) 以上です。

注釈

このメソッドは、複合書式指定を使用して、オブジェクトの値を文字列形式に変換し、その表現を文字列に埋め込みます。 .NET では、次の書式設定トピックで詳しく説明されている、広範な書式設定のサポートが提供されています。

このパラメーターは format 、このメソッドのパラメーター リスト内のオブジェクトに対応する、0 個以上のインデックス付きプレースホルダー (書式項目と呼ばれます) と混合された 0 個以上のテキスト実行で構成されます。 書式設定プロセスは、各書式項目を、対応するオブジェクトの値の文字列表現に置き換えます。

書式項目の構文は次のとおりです。

{index[,length][:formatString]}

角かっこ内の要素は省略可能です。 次の表は、それぞれの要素の説明です。 書式項目の構文など、複合書式指定機能の詳細については、「 複合書式」を参照してください。

要素 説明
インデックス 書式設定するオブジェクトのパラメーター リスト内の 0 から始まる位置。 index で指定されたオブジェクトが指定されている場合、null書式項目は に置き換String.Emptyえられます。 このオーバーロードにはパラメーター リストに 2 つのオブジェクトがあるため、 インデックス の値は常に 0 または 1 である必要があります。 インデックス 位置にパラメーターがない場合は、a FormatException がスローされます。
length パラメーターの文字列表現の最小文字数。 正の場合、パラメーターは右揃えになります。負の場合は左揃えになります。
:formatString 書式設定するオブジェクトでサポートされる標準書式指定文字列またはカスタム書式指定文字列。 formatString に指定できる値は、オブジェクトToString(string format)のメソッドでサポートされている値と同じです。 formatString が指定されておらず、書式設定するオブジェクトがインターフェイスをIFormattable実装している場合は、null書式指定文字列として使用されるパラメーターのformat値としてIFormattable.ToString渡されます。

先頭と末尾の中かっこ文字 "{" と "}" が必要です。 1 つのリテラル中かっこ文字 formatを指定するには、2 つの先頭または末尾の中かっこ文字 、つまり "{{" または "}}" を指定します。

このメソッドは、指定した文字列で個別の改行文字 (16 進数で 0x000a) を検索しないため、改行文字は NewLine に置き換えられません。

指定したオブジェクトが書式指定文字列で参照されていない場合は無視されます。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(Char[], Int32, Int32)

文字の部分配列を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(cli::array <char> ^ buffer, int index, int count);
public virtual void WriteLine (char[] buffer, int index, int count);
abstract member WriteLine : char[] * int * int -> unit
override this.WriteLine : char[] * int * int -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (buffer As Char(), index As Integer, count As Integer)

パラメーター

buffer
Char[]

データの読み取り元の文字配列。

index
Int32

データの読み込みを開始する、buffer 内の文字の位置。

count
Int32

書き込む文字の最大数。

例外

バッファーの長さから index を引いた値が count 未満です。

buffer パラメーターが null です。

index または count が負の値です。

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

このメソッドは、位置indexから始まる文字配列からデータのbuffer文字をこれにTextWriter書き込みますcount

このオーバーロードは、メソッドを呼び出し、その後に Write(Char[]) 続く WriteLine 各文字の bufferindex と (index + count) を呼び出すことと同じです。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(String, Object[])

Format(String, Object) と同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(System::String ^ format, ... cli::array <System::Object ^> ^ arg);
public virtual void WriteLine (string format, params object[] arg);
public virtual void WriteLine (string format, params object?[] arg);
abstract member WriteLine : string * obj[] -> unit
override this.WriteLine : string * obj[] -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (format As String, ParamArray arg As Object())

パラメーター

format
String

複合書式設定文字列。

arg
Object[]

書式設定および書き込みをする 0 個以上のオブジェクトを含むオブジェクト配列。

例外

文字列またはオブジェクトが null として渡されました。

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

format は有効な復号書式指定文字列ではありません。

  • または - 書式項目のインデックスが 0 (ゼロ) 未満であるか、arg 配列の長さ以上です。

注釈

このメソッドは、複合書式指定を使用して、オブジェクトの値を文字列形式に変換し、その表現を文字列に埋め込みます。 .NET では、次の書式設定トピックで詳しく説明されている、広範な書式設定のサポートが提供されています。

このパラメーターは format 、このメソッドのパラメーター リスト内のオブジェクトに対応する、0 個以上のインデックス付きプレースホルダー (書式項目と呼ばれます) と混合された 0 個以上のテキスト実行で構成されます。 書式設定プロセスは、各書式項目を、対応するオブジェクトの値の文字列表現に置き換えます。

書式項目の構文は次のとおりです。

{index[,length][:formatString]}

角かっこ内の要素は省略可能です。 次の表は、それぞれの要素の説明です。 書式項目の構文など、複合書式指定機能の詳細については、「 複合書式」を参照してください。

要素 説明
インデックス 書式設定するオブジェクトのパラメーター リスト内の 0 から始まる位置。 index で指定されたオブジェクトが指定されている場合、null書式項目は に置き換String.Emptyえられます。 このオーバーロードのパラメーター リストには配列があるため、 インデックス の値は常に配列の長さより小さくする必要があります。 インデックス 位置にパラメーターがない場合は、a FormatException がスローされます。
length パラメーターの文字列表現の最小文字数。 正の場合、パラメーターは右揃えになります。負の場合は左揃えになります。
:formatString 書式設定するオブジェクトでサポートされる標準書式指定文字列またはカスタム書式指定文字列。 formatString に指定できる値は、オブジェクトToString(string format)のメソッドでサポートされている値と同じです。 formatString が指定されておらず、書式設定するオブジェクトがインターフェイスをIFormattable実装している場合は、null書式指定文字列として使用されるパラメーターのformat値としてIFormattable.ToString渡されます。

先頭と末尾の中かっこ文字 "{" と "}" が必要です。 1 つのリテラル中かっこ文字 formatを指定するには、2 つの先頭または末尾の中かっこ文字 、つまり "{{" または "}}" を指定します。

このメソッドは、指定した文字列で個別の改行文字 (16 進数で 0x000a) を検索しないため、改行文字は NewLine に置き換えられません。

指定したオブジェクトが書式指定文字列で参照されていない場合は無視されます。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(String, Object)

Format(String, Object) メソッドと同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(System::String ^ format, System::Object ^ arg0);
public virtual void WriteLine (string format, object arg0);
public virtual void WriteLine (string format, object? arg0);
abstract member WriteLine : string * obj -> unit
override this.WriteLine : string * obj -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (format As String, arg0 As Object)

パラメーター

format
String

複合書式設定文字列。

arg0
Object

書式設定および書き込みをするオブジェクト。

例外

formatnullです。

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

format は有効な復号書式指定文字列ではありません。

  • または - 書式指定項目のインデックスが、0 (ゼロ) より小さいか、書式設定されるオブジェクトの数 (このメソッド オーバーロードでは 1) 以上です。

注釈

このメソッドは、複合書式指定を使用して、オブジェクトの値を文字列形式に変換し、その表現を文字列に埋め込みます。 .NET では、次の書式設定トピックで詳しく説明されている、広範な書式設定のサポートが提供されています。

このパラメーターは format 、このメソッドのパラメーター リスト内のオブジェクトに対応する、0 個以上のインデックス付きプレースホルダー (書式項目と呼ばれます) と混合された 0 個以上のテキスト実行で構成されます。 書式設定プロセスは、各書式項目を、対応するオブジェクトの値の文字列表現に置き換えます。

書式項目の構文は次のとおりです。

{index[,length][:formatString]}

角かっこ内の要素は省略可能です。 次の表は、それぞれの要素の説明です。 書式項目の構文など、複合書式指定機能の詳細については、「 複合書式」を参照してください。

要素 説明
インデックス 書式設定するオブジェクトのパラメーター リスト内の 0 から始まる位置。 index で指定されたオブジェクトが指定されている場合、null書式項目は に置き換String.Emptyえられます。 このオーバーロードのパラメーター リストにはオブジェクトが 1 つしかないため、 インデックス の値は常に 0 である必要があります。 インデックス 位置にパラメーターがない場合は、a FormatException がスローされます。
length パラメーターの文字列表現の最小文字数。 正の場合、パラメーターは右揃えになります。負の場合は左揃えになります。
:formatString 書式設定するオブジェクトでサポートされる標準書式指定文字列またはカスタム書式指定文字列。 formatString に指定できる値は、オブジェクトToString(string format)のメソッドでサポートされている値と同じです。 formatString が指定されておらず、書式設定するオブジェクトがインターフェイスをIFormattable実装している場合は、null書式指定文字列として使用されるパラメーターのformat値としてIFormattable.ToString渡されます。

先頭と末尾の中かっこ文字 "{" と "}" が必要です。 1 つのリテラル中かっこ文字 formatを指定するには、2 つの先頭または末尾の中かっこ文字 、つまり "{{" または "}}" を指定します。

このメソッドは、指定した文字列で個別の改行文字 (16 進数で 0x000a) を検索しないため、改行文字は NewLine に置き換えられません。

指定したオブジェクトが書式指定文字列で参照されていない場合は無視されます。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(UInt64)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

8 バイト符号なし整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(System::UInt64 value);
[System.CLSCompliant(false)]
public virtual void WriteLine (ulong value);
[<System.CLSCompliant(false)>]
abstract member WriteLine : uint64 -> unit
override this.WriteLine : uint64 -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As ULong)

パラメーター

value
UInt64

書き込む 8 バイト符号なし整数。

属性

例外

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

指定した値のテキスト表現は、メソッドを呼び出 UInt64.ToString すことによって生成されます。 指定されていないnull場合、このプロパティはFormatProviderカルチャ固有の書式を指定します。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(UInt32)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

4 バイト符号なし整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(System::UInt32 value);
[System.CLSCompliant(false)]
public virtual void WriteLine (uint value);
[<System.CLSCompliant(false)>]
abstract member WriteLine : uint32 -> unit
override this.WriteLine : uint32 -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As UInteger)

パラメーター

value
UInt32

書き込む 4 バイト符号なし整数。

属性

例外

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

指定した値のテキスト表現は、メソッドを呼び出 UInt32.ToString すことによって生成されます。 指定されていないnull場合、このプロパティはFormatProviderカルチャ固有の書式を指定します。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(String, Object, Object, Object)

Format(String, Object) と同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(System::String ^ format, System::Object ^ arg0, System::Object ^ arg1, System::Object ^ arg2);
public virtual void WriteLine (string format, object arg0, object arg1, object arg2);
public virtual void WriteLine (string format, object? arg0, object? arg1, object? arg2);
abstract member WriteLine : string * obj * obj * obj -> unit
override this.WriteLine : string * obj * obj * obj -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (format As String, arg0 As Object, arg1 As Object, arg2 As Object)

パラメーター

format
String

複合書式設定文字列。

arg0
Object

書式設定および書き込みをする最初のオブジェクト。

arg1
Object

書式設定および書き込みをする 2 番目のオブジェクト。

arg2
Object

書式設定および書き込みをする 3 番目のオブジェクト。

例外

formatnullです。

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

format は有効な復号書式指定文字列ではありません。

  • または - 書式指定項目のインデックスが、0 (ゼロ) より小さいか、書式設定されるオブジェクトの数 (このメソッド オーバーロードでは 3) 以上です。

注釈

このメソッドは、複合書式指定を使用して、オブジェクトの値を文字列形式に変換し、その表現を文字列に埋め込みます。 .NET では、次の書式設定トピックで詳しく説明されている、広範な書式設定のサポートが提供されています。

このパラメーターは format 、このメソッドのパラメーター リスト内のオブジェクトに対応する、0 個以上のインデックス付きプレースホルダー (書式項目と呼ばれます) と混合された 0 個以上のテキスト実行で構成されます。 書式設定プロセスは、各書式項目を、対応するオブジェクトの値の文字列表現に置き換えます。

書式項目の構文は次のとおりです。

{index[,length][:formatString]}

角かっこ内の要素は省略可能です。 次の表は、それぞれの要素の説明です。 書式項目の構文など、複合書式指定機能の詳細については、「 複合書式」を参照してください。

要素 説明
インデックス 書式設定するオブジェクトのパラメーター リスト内の 0 から始まる位置。 index で指定されたオブジェクトが指定されている場合、null書式項目は に置き換String.Emptyえられます。 このオーバーロードのパラメーター リストには 3 つのオブジェクトがあるため、 インデックス の値は常に 0、1、または 2 である必要があります。 インデックス 位置にパラメーターがない場合は、a FormatException がスローされます。
length パラメーターの文字列表現の最小文字数。 正の場合、パラメーターは右揃えになります。負の場合は左揃えになります。
:formatString 書式設定するオブジェクトでサポートされる標準書式指定文字列またはカスタム書式指定文字列。 formatString に指定できる値は、オブジェクトToString(string format)のメソッドでサポートされている値と同じです。 formatString が指定されておらず、書式設定するオブジェクトがインターフェイスをIFormattable実装している場合は、null書式指定文字列として使用されるパラメーターのformat値としてIFormattable.ToString渡されます。

先頭と末尾の中かっこ文字 "{" と "}" が必要です。 1 つのリテラル中かっこ文字 formatを指定するには、2 つの先頭または末尾の中かっこ文字 、つまり "{{" または "}}" を指定します。

このメソッドは、指定した文字列で個別の改行文字 (16 進数で 0x000a) を検索しないため、改行文字は NewLine に置き換えられません。

指定したオブジェクトが書式指定文字列で参照されていない場合は無視されます。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(StringBuilder)

文字列ビルダーのテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(System::Text::StringBuilder ^ value);
public virtual void WriteLine (System.Text.StringBuilder? value);
abstract member WriteLine : System.Text.StringBuilder -> unit
override this.WriteLine : System.Text.StringBuilder -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As StringBuilder)

パラメーター

value
StringBuilder

テキスト ストリームに書き込む文字列ビルダーとしての文字列。

注釈

指定した値のテキスト表現は、メソッドを呼び出 StringBuilder.ToString すことによって生成されます。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

適用対象

WriteLine(String)

文字列を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(System::String ^ value);
public virtual void WriteLine (string value);
public virtual void WriteLine (string? value);
abstract member WriteLine : string -> unit
override this.WriteLine : string -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As String)

パラメーター

value
String

書き込む文字列。 valuenull の場合は、行終端記号だけを書き込みます。

例外

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

このオーバーロードは、オーバーロードと Write(Char[]) 同じです。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

このメソッドは、指定した文字列で個別の改行文字 (16 進数で 0x000a) を検索しないため、改行文字は NewLine に置き換えられません。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(Single)

4 バイト浮動小数点値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(float value);
public virtual void WriteLine (float value);
abstract member WriteLine : single -> unit
override this.WriteLine : single -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Single)

パラメーター

value
Single

書き込む 4 バイト浮動小数点値。

例外

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

指定されていないnull場合、このプロパティはFormatProviderカルチャ固有の書式を指定します。 共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(Double)

8 バイト浮動小数点値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(double value);
public virtual void WriteLine (double value);
abstract member WriteLine : double -> unit
override this.WriteLine : double -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Double)

パラメーター

value
Double

書き込む 8 バイト浮動小数点値。

例外

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

指定されていないnull場合、このプロパティはFormatProviderカルチャ固有の書式を指定します。 共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(Object)

オブジェクトで ToString メソッドを呼び出して、そのオブジェクトのテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(System::Object ^ value);
public virtual void WriteLine (object value);
public virtual void WriteLine (object? value);
abstract member WriteLine : obj -> unit
override this.WriteLine : obj -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Object)

パラメーター

value
Object

書き込むオブジェクト。 valuenull の場合は、行終端記号だけを書き込みます。

例外

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

このオーバーロードは、オーバーロードと Write(String, Object) 同じです。 指定されていないnull場合、このプロパティはFormatProviderカルチャ固有の書式を指定します。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(Int64)

8 バイト符号付き整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(long value);
public virtual void WriteLine (long value);
abstract member WriteLine : int64 -> unit
override this.WriteLine : int64 -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Long)

パラメーター

value
Int64

書き込む 8 バイト符号付き整数。

例外

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

指定した値のテキスト表現は、メソッドを呼び出 Int64.ToString すことによって生成されます。 指定されていないnull場合、このプロパティはTextWriter.FormatProviderカルチャ固有の書式を指定します。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(Int32)

4 バイト符号付き整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(int value);
public virtual void WriteLine (int value);
abstract member WriteLine : int -> unit
override this.WriteLine : int -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Integer)

パラメーター

value
Int32

書き込む 4 バイト符号付き整数。

例外

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

指定した値のテキスト表現は、メソッドを呼び出 Int32.ToString すことによって生成されます。 指定されていないnull場合、このプロパティはTextWriter.FormatProviderカルチャ固有の書式を指定します。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(Decimal)

10 進値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(System::Decimal value);
public virtual void WriteLine (decimal value);
abstract member WriteLine : decimal -> unit
override this.WriteLine : decimal -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Decimal)

パラメーター

value
Decimal

書き込む 10 進値。

例外

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

指定されていないnull場合、このプロパティはFormatProviderカルチャ固有の書式を指定します。 共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(Char[])

文字配列を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(cli::array <char> ^ buffer);
public virtual void WriteLine (char[] buffer);
public virtual void WriteLine (char[]? buffer);
abstract member WriteLine : char[] -> unit
override this.WriteLine : char[] -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (buffer As Char())

パラメーター

buffer
Char[]

データの読み取り元の文字配列。

例外

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

すべての文字 buffer が基になるストリームに書き込まれます。 文字配列が null の場合は、行終端記号だけが書き込まれます。

このオーバーロードは、その後に続くWriteLine()オーバーロードとWrite(Char[])同じです。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(Char)

文字を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(char value);
public virtual void WriteLine (char value);
abstract member WriteLine : char -> unit
override this.WriteLine : char -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Char)

パラメーター

value
Char

テキスト ストリームに書き込む文字。

例外

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

このオーバーロードは、その後に続くWriteLine()オーバーロードとWrite(Char)同じです。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(Boolean)

Boolean 値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(bool value);
public virtual void WriteLine (bool value);
abstract member WriteLine : bool -> unit
override this.WriteLine : bool -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Boolean)

パラメーター

value
Boolean

書き込む Boolean 値。

例外

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

指定した値のテキスト表現は、メソッドを呼び出 Boolean.ToString すことによって生成されます。

このメソッドは、次のいずれかをBoolean.TrueString出力します。Boolean.FalseString

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine()

行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine();
public virtual void WriteLine ();
abstract member WriteLine : unit -> unit
override this.WriteLine : unit -> unit
Public Overridable Sub WriteLine ()

例外

TextWriter が閉じています。

I/O エラーが発生します。

注釈

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteLine(ReadOnlySpan<Char>)

文字スパンのテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。

public:
 virtual void WriteLine(ReadOnlySpan<char> buffer);
public virtual void WriteLine (ReadOnlySpan<char> buffer);
abstract member WriteLine : ReadOnlySpan<char> -> unit
override this.WriteLine : ReadOnlySpan<char> -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (buffer As ReadOnlySpan(Of Char))

パラメーター

buffer
ReadOnlySpan<Char>

テキスト ストリームに書き込む文字スパン値。

注釈

指定した値のテキスト表現は、 ReadOnlySpan<Char> を呼び出すことによって生成されます。ToString メソッド。

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

適用対象