MultiBinding クラス

定義

単一のバインド対象のプロパティに添付される Binding オブジェクトのコレクションを記述します。

public ref class MultiBinding : System::Windows::Data::BindingBase, System::Windows::Markup::IAddChild
[System.Windows.Markup.ContentProperty("Bindings")]
public class MultiBinding : System.Windows.Data.BindingBase, System.Windows.Markup.IAddChild
[<System.Windows.Markup.ContentProperty("Bindings")>]
type MultiBinding = class
    inherit BindingBase
    interface IAddChild
Public Class MultiBinding
Inherits BindingBase
Implements IAddChild
継承
属性
実装

注釈

1 つのオブジェクトで複数のバインドを MultiBinding 指定できます。 コンバーターでオブジェクトを MultiBinding 使用すると、それらのバインディングの値に基づいてバインディング ターゲットの最終的な値が生成されます。 たとえば、色は赤、青、緑の値から計算できます。これは、同じバインディング ソース オブジェクトまたは異なるバインディング ソース オブジェクトの値である場合があります。 ターゲットからソースに値が移動すると、ターゲットのプロパティ値は、バインドにフィードバックされる値のセットに変換されます。

プロパティとプロパティUpdateSourceTriggerの値によって、個々のModeMultiBindingバインディングによってこれらのプロパティがオーバーライドされない限り、コレクション内のすべてのバインディングの機能が決定され、既定値として使用されます。 たとえば、オブジェクトのModeMultiBindingプロパティが設定されている場合、バインディングのいずれかに別Modeの値をTwoWay明示的に設定しない限り、コレクション内のすべてのバインディングが考慮TwoWayされます。 詳細については、Binding.Mode プロパティおよび Binding.UpdateSourceTrigger プロパティを参照してください。

MultiBinding は、現在、型 Binding のオブジェクトのみをサポートしており、MultiBindingPriorityBinding はサポートしていません。

コンストラクター

MultiBinding()

MultiBinding クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

BindingGroupName

そのバインディングが属している BindingGroup の名前を取得または設定します。

(継承元 BindingBase)
Bindings

この MultiBinding のインスタンス内の Binding オブジェクトのコレクションを取得します。

Converter

対象の値との間でソース値の変換に使用するコンバーターを取得または設定します。

ConverterCulture

CultureInfo によってラップされたバインディングまたは MultiBinding 自体にあるバインディングに割り当てられている任意のコンバーターに適用される MultiBinding オブジェクトを取得または設定します。

ConverterParameter

コンバータに追加情報として渡すオプション パラメーターを取得または設定します。

Delay

ターゲット上の値が変更された後でバインディング ソースを更新する前に待機する時間 (ミリ秒単位) を取得または設定します。

(継承元 BindingBase)
FallbackValue

バインドが値を返すことができないときに使用する値を取得または設定します。

(継承元 BindingBase)
Mode

このバインディングのデータ フローの方向を示す値を取得または設定。

NotifyOnSourceUpdated

バインディング ターゲットからバインディング ソースへ値が転送されたときに、SourceUpdated イベントを発生させるかどうかを示す値を取得または設定します。

NotifyOnTargetUpdated

バインディング ソースからバインディング ターゲットへ値が転送されたときに TargetUpdated イベントを発生させるかどうかを示す値を取得または設定します。

NotifyOnValidationError

バインドされた要素に対して Error 添付イベントを発生させるかどうかを示す値を取得または設定します。

StringFormat

バインドされている値が文字列として表示される場合に、バインディングの書式を指定する文字列を取得または設定します。

(継承元 BindingBase)
TargetNullValue

ソースの値が null のときにターゲットで使用される値を取得または設定します。

(継承元 BindingBase)
UpdateSourceExceptionFilter

バインディング ソースの値の更新時にバインディング エンジンが検出した例外を処理するためにカスタム ロジックの提供に使用できるハンドラーを取得または設定します。 これは、MultiBinding オブジェクトに ExceptionValidationRule を関連付けている場合にのみ適用できます。

UpdateSourceTrigger

バインディング ソースの更新のタイミングを決定する値を取得または設定します。

ValidatesOnDataErrors

DataErrorValidationRule を含めるかどうかを示す値を取得または設定します。

ValidatesOnExceptions

ExceptionValidationRule を含めるかどうかを示す値を取得または設定します。

ValidatesOnNotifyDataErrors

NotifyDataErrorValidationRule を含めるかどうかを示す値を取得または設定します。

ValidationRules

この ValidationRule のインスタンスの MultiBinding オブジェクトのコレクションを取得します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ProvideValue(IServiceProvider)

このバインディングおよび拡張機能の適用先のプロパティに設定されるオブジェクトを返します。

(継承元 BindingBase)
ShouldSerializeBindings()

Bindings プロパティを永続化する必要があるかどうかを示します。

ShouldSerializeFallbackValue()

シリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスの FallbackValue プロパティの有効値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 BindingBase)
ShouldSerializeTargetNullValue()

TargetNullValue プロパティをシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 BindingBase)
ShouldSerializeValidationRules()

ValidationRules プロパティを永続化する必要があるかどうかを示します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

IAddChild.AddChild(Object)

子オブジェクトを追加します。

IAddChild.AddText(String)

オブジェクトにノードのテキスト コンテンツを追加します。

適用対象

こちらもご覧ください