XmlnsDefinitionAttribute クラス

定義

XAML 名前空間と CLR 名前空間の間でアセンブリごとのマッピングを指定します。これは XAML オブジェクト ライターまたは XAML スキーマ コンテキストで、型の解決に使用されます。

public ref class XmlnsDefinitionAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly, AllowMultiple=true)]
public sealed class XmlnsDefinitionAttribute : Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly, AllowMultiple=true)>]
type XmlnsDefinitionAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class XmlnsDefinitionAttribute
Inherits Attribute
継承
XmlnsDefinitionAttribute
属性

注釈

XAML で使用するためにアセンブリ内の型を識別するために、アセンブリに 1 つ以上 XmlnsDefinitionAttribute の属性を適用します。

XAML ファイルでオブジェクト要素の使用法またはオブジェクト参照を返す適切な型を検索するために、XAML プロセッサは、参照される各アセンブリでアプリケーションを XmlnsDefinitionAttribute 検索します。 一般に、XAML スキーマ コンテキストは、この情報を提供します。

XAML ファイルでは、オブジェクト要素またはプロパティ要素のxmlns属性が in と一致するXmlNamespace場合、XAML プロセッサはClrNamespaceアセンブリ内XmlnsDefinitionAttributeの型に対して型解決のために使用およびAssemblyName格納されますXmlnsDefinitionAttribute

以前のバージョンの.NET Frameworkでは、このクラスは WPF 固有のアセンブリ WindowsBase に存在しました。 .NET Framework 4 では、 XmlnsDefinitionAttribute System.Xaml アセンブリにあります。 詳細については、「 Types Migrated from WPF to System.Xaml」を参照してください。

コンストラクター

XmlnsDefinitionAttribute(String, String)

XmlnsDefinitionAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

AssemblyName

属性に関連付けられているアセンブリの名前を取得または設定します。

ClrNamespace

この属性で指定された CLR 名前空間の文字列名を取得します。

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。

(継承元 Attribute)
XmlNamespace

この属性で指定された XAML 名前空間識別子を取得します。

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください