DataAdapter からの DataSet の読み込み

ADO.NET の DataSet は、データ ソースに依存しない一貫したリレーショナル プログラミング モデルを提供するメモリ常駐型のデータ表現です。 DataSet はテーブル、制約、およびテーブル間のリレーションシップを含む完全なデータのセットを表します。 DataSet はデータ ソースとは独立しているため、 DataSet にはそのアプリケーションに固有のデータと複数のデータ ソースからのデータを含めることができます。 既存のデータ ソースとの対話は DataAdapterによって制御されます。

SelectCommandDataAdapter プロパティは、データ ソースからデータを取得する Command オブジェクトです。 InsertCommandUpdateCommandDeleteCommandDataAdapter の各プロパティは、 Command のデータに対して行われた変更に基づいてデータ ソースのデータ更新を管理する DataSetオブジェクトです。 これらのプロパティについて詳しくは、「DataAdapter によるデータ ソースの更新」をご覧ください。

FillDataAdapter メソッドは、 DataSetSelectCommand の結果を DataAdapterに設定するために使用します。 Fill は、その引数として、設定対象である DataSet と、 DataTable オブジェクト (つまり、 DataTable から返された行を格納する SelectCommandの名前) を受け取ります。

Note

DataAdapter を使用してテーブル全体を取得すると、特にテーブルの行数が多い場合は処理に時間がかかります。 データベースにアクセスし、データを検索して処理した後、そのデータをクライアントに転送するという時間のかかる処理が伴うためです。 また、テーブル全体をクライアントに取得しようとすると、サーバー上ですべての行がロックされます。 WHERE 句を使用して、クライアントから返される行数をできるだけ減らすことでパフォーマンスを向上させることができます。 また、 SELECT ステートメントで必要な列を明示的に指定するだけでもクライアントに返されるデータ量を減らすことができます。 それ以外の対策としては、一度に数百行など、行をバッチで取得し、クライアントが現在のバッチの処理を完了した時点で次のバッチを取得する方法も効果的です。

Fill メソッドは、 DataReader オブジェクトを暗黙的に使用して DataSet内でテーブルを作成するための列の名前と型、および DataSet内のテーブルの行を設定するためのデータを返します。 テーブルおよび列は、存在しない場合にのみ作成されます。それ以外の場合、 Fill には、既存の DataSet スキーマが使用されます。 列の型は、「ADO.NET でのデータ型のマッピング」のテーブルに従って、.NET Framework 型として作成されます。 データ ソースに主キーが存在し、DataAdapterDataAdapterMissingSchemaActionMissingSchemaActionMissingSchemaActionAddWithKey に設定されている場合だけ、主キーが作成されますが、それ以外の場合は主キーは作成されません。 Fill はテーブルに主キーがあることがわかると、主キー列の値がデータ ソースから返された主キー列の値と一致する行について、データ ソースから返されたデータで DataSet 内のデータを上書きします。 主キーが見つからない場合は、 DataSetのテーブルの末尾にデータを追加します。 Fill では、DataSet を設定するときに存在する可能性があるすべてのマッピングが使用されます (「Fill」を参照)。

Note

SelectCommand が OUTER JOIN の結果を返す場合、 DataAdapter は、生成される PrimaryKeyDataTable値を設定しません。 自分で PrimaryKey を定義して、重複行が正しく解決されるようにする必要があります。 詳しくは、「主キーの定義」をご覧ください。

次のコード サンプルでは、Microsoft SQL Server の SqlDataAdapter データベースへの SqlConnection を使用する Northwind のインスタンスを作成し、 DataTable 内の DataSet に顧客リストを読み込みます。 SqlConnection コンストラクターに渡される SQL ステートメントおよび SqlDataAdapter 引数は、 SelectCommandSqlDataAdapterプロパティを作成するために使用されます。

' Assumes that connection is a valid SqlConnection object.  
Dim queryString As String = _  
  "SELECT CustomerID, CompanyName FROM dbo.Customers"  
Dim adapter As SqlDataAdapter = New SqlDataAdapter( _  
  queryString, connection)  
  
Dim customers As DataSet = New DataSet  
adapter.Fill(customers, "Customers")  
// Assumes that connection is a valid SqlConnection object.  
string queryString =
  "SELECT CustomerID, CompanyName FROM dbo.Customers";  
SqlDataAdapter adapter = new SqlDataAdapter(queryString, connection);  
  
DataSet customers = new DataSet();  
adapter.Fill(customers, "Customers");  

注意

このサンプル コードでは、 Connectionの開始と終了を明示的に行っていません。 Fill メソッドは、接続がまだ開いていないことを認識すると Connection が使用している DataAdapter を暗黙的に開きます。 Fill が接続を開いた場合は、 Fill の終了時に Fill が接続を終了します。 これにより、 FillUpdateなどの単一の操作を扱う場合にコードを簡略化できます。 これに対し、開いている接続を必要とする複数の操作を実行する場合は、 OpenConnectionメソッドを明示的に呼び出し、データ ソースに対する操作の実行後に CloseConnectionメソッドを呼び出すことでアプリケーションのパフォーマンスを改善できます。 リソースを解放して他のクライアント アプリケーションが使用できるようにするために、データ ソースへの接続を開いたままにする時間は最小限にすることをお勧めします。

複数結果セット

DataAdapter は複数の結果セットを検出すると、 DataSetに複数のテーブルを作成します。 これらのテーブルには、Table0 のように、"Table" で始まるインクリメンタル既定名 TableNが割り当てられます。 テーブル名を引数として Fill メソッドに渡すと、TableName0 を表す "TableName" で始まるインクリメンタル既定名 TableNameFillが割り当てられます。

複数の DataAdapter からの DataSet の読み込み

1 つの DataSet で、任意の数の DataAdapter オブジェクトを使用できます。 それぞれの DataAdapter で 1 つ以上の DataTable オブジェクトにデータを格納し、関連するデータ ソースに更新を反映させることができます。 DataRelation に対して Constraint オブジェクトおよび DataSet オブジェクトを部分的に追加できるため、複数の異なるデータ ソースから取得したデータを関連付けることができます。 たとえば、Microsoft SQL Server データベース、OLE DB を通じて公開される IBM DB2 データベース、および XML をストリーム転送するデータ ソースからのデータを DataSet に含めることができます。 1 つ以上の DataAdapter オブジェクトを使用して、各データ ソースとの通信を行うことができます。

次のコード サンプルでは、Microsoft SQL Server 2000 の Northwind データベースおよび Microsoft Access の Northwind データベースから、それぞれ顧客リストと注文リストを取得します。 取得したテーブルを DataRelationで関連付けて、顧客および対応する注文の一覧を表示します。 DataRelation オブジェクトについて詳しくは、「DataRelation」および「DataRelation の移動」をご覧ください。

' Assumes that customerConnection is a valid SqlConnection object.  
' Assumes that orderConnection is a valid OleDbConnection object.  
Dim custAdapter As SqlDataAdapter = New SqlDataAdapter( _  
  "SELECT * FROM dbo.Customers", customerConnection)  
  
Dim ordAdapter As OleDbDataAdapter = New OleDbDataAdapter( _  
  "SELECT * FROM Orders", orderConnection)  
  
Dim customerOrders As DataSet = New DataSet()  
custAdapter.Fill(customerOrders, "Customers")  
ordAdapter.Fill(customerOrders, "Orders")  
  
Dim relation As DataRelation = _  
  customerOrders.Relations.Add("CustOrders", _  
  customerOrders.Tables("Customers").Columns("CustomerID"), _
  customerOrders.Tables("Orders").Columns("CustomerID"))  
  
Dim pRow, cRow As DataRow  
For Each pRow In customerOrders.Tables("Customers").Rows  
  Console.WriteLine(pRow("CustomerID").ToString())  
  
  For Each cRow In pRow.GetChildRows(relation)  
    Console.WriteLine(vbTab & cRow("OrderID").ToString())  
  Next  
Next  
// Assumes that customerConnection is a valid SqlConnection object.  
// Assumes that orderConnection is a valid OleDbConnection object.  
SqlDataAdapter custAdapter = new SqlDataAdapter(  
  "SELECT * FROM dbo.Customers", customerConnection);  
OleDbDataAdapter ordAdapter = new OleDbDataAdapter(  
  "SELECT * FROM Orders", orderConnection);  
  
DataSet customerOrders = new DataSet();  
  
custAdapter.Fill(customerOrders, "Customers");  
ordAdapter.Fill(customerOrders, "Orders");  
  
DataRelation relation = customerOrders.Relations.Add("CustOrders",  
  customerOrders.Tables["Customers"].Columns["CustomerID"],  
  customerOrders.Tables["Orders"].Columns["CustomerID"]);  
  
foreach (DataRow pRow in customerOrders.Tables["Customers"].Rows)  
{  
  Console.WriteLine(pRow["CustomerID"]);  
   foreach (DataRow cRow in pRow.GetChildRows(relation))  
    Console.WriteLine("\t" + cRow["OrderID"]);  
}  

SQL Server の 10 進数型

既定では、DataSet によるデータの格納には、.NET Framework のデータ型が使用されます。 ほとんどのアプリケーションで、これらのデータ型を使用してデータ ソース情報を簡単に表示できます。 しかし、データ ソースのデータ型が SQL Server の 10 進数データ型または数値データ型の場合は、この表現によって問題が生じる場合があります。 .NET Framework の decimal データ型の最大有効桁数は 28 桁であるのに対し、SQL Server の decimal データ型の有効桁数は 38 桁です。 SqlDataAdapter が動作している間に、 Fill が、SQL Server の decimal フィールドの有効桁数が 28 文字を超えていると判断した場合、現在の行は DataTableに追加されません。 その場合は FillError イベントが発生するため、開発者は有効桁数の消失が発生していないかどうかを確認し、適切に対応できます。 FillError イベントについて詳しくは、「FillError」をご覧ください。 SQL Server の decimal 値を取得するために、 SqlDataReader オブジェクトを使用し、 GetSqlDecimal メソッドを呼び出すこともできます。

ADO.NET 2.0 では、DataSet での System.Data.SqlTypes に対するサポート機能が強化されています。 詳細については、「 SqlTypes and the DataSet」を参照してください。

OLE DB のチャプター

階層構造の行セット、つまりチャプター (OLE DB では DBTYPE_HCHAPTER型、ADO では adChapter型) を使用して DataSetの内容を格納できます。 OleDbDataAdapterFill が動作している間にチャプター列を検出すると、そのチャプター列のための DataTable を作成し、チャプターから取得した列と行をこのテーブルに格納します。 チャプター列用に作成されたテーブルには、親テーブルの名前とチャプター列の名前の両方を使用した "ParentTableNameChapteredColumnName" 形式の名前が割り当てられます。 DataSet にチャプター列の名前と一致するテーブルが既に存在する場合は、現在のテーブルにチャプター データが格納されます。 既存のテーブルにチャプター内の列と一致する列が存在しない場合は、新しい列が追加されます。

DataSet 内のテーブルにチャプター列のデータを格納する前に、親テーブルと子テーブルの両方に 1 つの整数列を追加し、親列を自動インクリメントに設定し、両方のテーブルに追加された列を使用して DataRelation を作成すると、階層構造の行セットを形成している親テーブルと子テーブルの間にリレーションが作成されます。 追加されたリレーションには親テーブルの名前とチャプター列の名前を使用した "ParentTableNameChapterColumnName" 形式の名前が割り当てられます。

関連付けられた列は、 DataSetだけに存在します。 そのデータ ソースからの次の Fill 操作を実行すると、変更を既存の行にマージするのではなく、テーブルに新しい行が追加されます。

DataAdapter.Fill を受け取る DataTableオーバーロードを使用した場合は、そのテーブルだけにデータが格納されます。 自動インクリメント整数列は、引き続きそのテーブルに追加されますが、子テーブルの作成、子テーブルへのデータの格納、およびリレーションの作成は行われません。

MSDataShape プロバイダーを使用して顧客リスト内の各顧客に対応するオーダー列を生成する例を次に示します。 チャプター列を生成した後で、1 つの DataSet 内にそのデータを格納します。

Using connection As OleDbConnection = New OleDbConnection( _  
  "Provider=MSDataShape;Data Provider=SQLOLEDB;" & _  
  "Data Source=(local);Integrated " & _  
  "Security=SSPI;Initial Catalog=northwind")  
  
Dim adapter As OleDbDataAdapter = New OleDbDataAdapter( _  
  "SHAPE {SELECT CustomerID, CompanyName FROM Customers} " & _  
  "APPEND ({SELECT CustomerID, OrderID FROM Orders} AS Orders " & _  
  "RELATE CustomerID TO CustomerID)", connection)  
  
Dim customers As DataSet = New DataSet()  
  
adapter.Fill(customers, "Customers")  
End Using  
using (OleDbConnection connection = new OleDbConnection("Provider=MSDataShape;Data Provider=SQLOLEDB;" +  
  "Data Source=(local);Integrated Security=SSPI;Initial Catalog=northwind"))  
{  
OleDbDataAdapter adapter = new OleDbDataAdapter("SHAPE {SELECT CustomerID, CompanyName FROM Customers} " +  
  "APPEND ({SELECT CustomerID, OrderID FROM Orders} AS Orders " +  
  "RELATE CustomerID TO CustomerID)", connection);  
  
DataSet customers = new DataSet();  
adapter.Fill(customers, "Customers");  
}  

Fill 操作が完了すると、 DataSetCustomersCustomersOrdersの 2 つのテーブルが格納されます。 CustomersOrders はチャプター列を表します。 Orders という列が Customers テーブルに追加され、 CustomersOrders という列が CustomersOrders テーブルに追加されます。 Orders テーブルの Customers 列は、自動インクリメントに設定されます。 親テーブルである DataRelationテーブルに追加された列を使用して、 CustomersOrdersという Customers が作成されます。 サンプル結果の一部を次の表に示します。

TableName: 顧客

CustomerID CompanyName Orders
ALFKI Alfreds Futterkiste 0
ANATR Ana Trujillo Emparedados y helados 1

TableName: CustomersOrders

CustomerID OrderID CustomersOrders
ALFKI 10643 0
ALFKI 10692 0
ANATR 10308 1
ANATR 10625 1

関連項目