Private (Visual Basic)

1 つ以上の宣言されたプログラミング要素が、含まれている型の中からを含め、その宣言コンテキスト内からのみアクセス可能であることを示します。

Remarks

プログラミング要素が独自の機能を表している場合、または機密データが含まれている場合は、通常、できるだけ厳密にアクセスを制限することをお勧めします。 最大の制限を達成するには、それを定義するモジュール、クラス、または構造体だけがアクセスできるようにします。 この方法で要素へのアクセスを制限するには、Private を使用して宣言できます。

注意

また、Private Protected アクセス修飾子を使用することもできます。これにより、メンバーには、クラス内から、および包含アセンブリにある派生クラスからアクセスできます。

ルール

  • 宣言コンテキスト。 Private は、モジュール レベルでのみ使用できます。 つまり、Private 要素の宣言コンテキストは、モジュール、クラス、または構造体にする必要があり、ソース ファイル、名前空間、インターフェイス、またはプロシージャにすることはできません。

動作

  • アクセス レベル。 宣言コンテキスト内のすべてのコードは、その Private 要素にアクセスできます。 これには、入れ子になったクラスや列挙内の代入式など、含まれている型内のコードが含まれます。 宣言コンテキストの外側のコードは、その Private 要素にアクセスすることはできません。

  • アクセス修飾子。 アクセス レベルを指定するキーワードは、アクセス修飾子 と呼ばれます。 アクセス修飾子の比較については、「Visual Basic でのアクセス レベル」を参照してください。

Private 修飾子は、次のコンテキストで使用できます。

Class ステートメント

Const ステートメント

Declare ステートメント

Delegate ステートメント

Dim ステートメント

Enum ステートメント

Event ステートメント

Function ステートメント

Interface ステートメント

Property ステートメント

Structure ステートメント

Sub ステートメント

関連項目