Private Protected (Visual Basic)

キーワード組み合わせ Private Protected はメンバー アクセス修飾子です。 Private Protected メンバーは、その親クラスのすべてのメンバーと、親クラスから派生した型でアクセスできますが、それらがその親アセンブリにも存在する場合に限られます。

Private Protected は、クラスのメンバーに対してのみ指定できます。構造体は継承できないため、構造体のメンバーに Private Protected を適用することはできません。

Private Protected アクセス修飾子は Visual Basic 15.5 以降でサポートされています。 これを使用するには、次の要素を Visual Basic プロジェクト (*.vbproj) ファイルに追加します。 システムに Visual Basic 15.5 以降がインストールされている限り、Visual Basic コンパイラの最新バージョンでサポートされているすべての言語機能を利用できます。

<PropertyGroup>
   <LangVersion>latest</LangVersion>
</PropertyGroup>

詳細については、Visual Basic 言語バージョンの設定に関するページを参照してください。

注意

Visual Studio で、private protected に対して F1 ヘルプを選択すると、private または protected のヘルプが表示されます。 IDE では、複合語ではなくカーソルの下にある 1 つのトークンが選択されます。

ルール

  • 宣言コンテキスト。 Private Protected は、クラス レベルでのみ使用できます。 つまり、Protected 要素の宣言コンテキストはクラスにする必要があり、ソース ファイル、名前空間、インターフェイス、モジュール、構造体、またはプロシージャにすることはできません。

動作

  • アクセス レベル。 クラス内のすべてのコードで、その要素にアクセスできます。 基底クラスから派生し、同じアセンブリに含まれるすべてのクラスのコードで、基底クラスのすべての Private Protected 要素にアクセスできます。 ただし、基底クラスから派生し、別のアセンブリに含まれるクラスのコードでは、基底クラスの Private Protected 要素にアクセスできません。

  • アクセス修飾子。 アクセス レベルを指定するキーワードは、アクセス修飾子 と呼ばれます。 アクセス修飾子の比較については、「Visual Basic でのアクセス レベル」を参照してください。

Private Protected 修飾子は、次のコンテキストで使用できます。

関連項目