Protected (Visual Basic)

1 つ以上の宣言されたプログラミング要素を指定するメンバー アクセス修飾子は、独自のクラス内から、または派生クラスからのみアクセスできます。

Remarks

場合によっては、クラスで宣言されたプログラミング要素に機密データまたは制限コードが含まれていて、要素へのアクセスを制限する必要があります。 ただし、クラスが継承可能であり、派生クラスの階層を想定している場合は、これらの派生クラスがデータまたはコードにアクセスする必要がある場合があります。 このような場合は、基底クラスとすべての派生クラスの両方から要素にアクセスできるようにする必要があります。 この方法で要素へのアクセスを制限するには、Protected を使用して宣言できます。

注意

Protected アクセス修飾子は、次の 2 つの修飾子と組み合わせることができます。

  • Protected Friend 修飾子は、クラス メンバーに、クラス内、派生クラス、およびクラスが定義されている同じアセンブリからアクセスできるようにします。
  • Private Protected 修飾子は、派生型によってクラス メンバーにアクセスできるようにしますが、その包含アセンブリ内に限られます。

ルール

宣言コンテキスト。 Protected は、クラス レベルでのみ使用できます。 つまり、Protected 要素の宣言コンテキストはクラスにする必要があり、ソース ファイル、名前空間、インターフェイス、モジュール、構造体、またはプロシージャにすることはできません。

動作

  • アクセス レベル。 クラス内のすべてのコードで、その要素にアクセスできます。 基底クラスから派生するすべてのクラスのコードで、基底クラスのすべての Protected 要素にアクセスできます。 これは、派生のすべての世代に当てはまります。 これは、クラスが基底クラスの基底クラスの Protected 要素にアクセスでき、以下同様に続くことを意味します。

    保護されたアクセスは、フレンド アクセスのスーパーセットまたはサブセットではありません。

  • アクセス修飾子。 アクセス レベルを指定するキーワードは、アクセス修飾子 と呼ばれます。 アクセス修飾子の比較については、「Visual Basic でのアクセス レベル」を参照してください。

Protected 修飾子は、次のコンテキストで使用できます。

関連項目