Public (Visual Basic)

1 つ以上の宣言されたプログラミング要素にアクセス制限がないことを示します。

Remarks

クラス ライブラリなどのコンポーネントまたはコンポーネントのセットを公開する場合は、通常、アセンブリと相互運用できるコードでプログラミング要素にアクセスできるようにする必要があります。 要素に対してこのような無制限のアクセス権を付与するには、Public で宣言します。

パブリック アクセスは、プログラミング要素へのアクセスを制限する必要がない場合の通常のレベルです。 インターフェイス、モジュール、クラス、または構造体で宣言されている要素のアクセス レベルは、宣言しない場合、既定では Public になることに注意してください。

ルール

  • 宣言コンテキスト。 Public は、モジュール、インターフェイス、または名前空間レベルでのみ使用できます。 つまり、Public 要素の宣言コンテキストは、ソース ファイル、名前空間、インターフェイス、モジュール、クラス、または構造体にする必要があり、プロシージャにすることはできません。

動作

  • アクセス レベル。 モジュール、クラス、または構造体にアクセスできるすべてのコードは、その Public 要素にアクセスできます。

  • 既定のアクセス。 プロシージャ内のローカル変数は、既定でパブリック アクセスに設定されていて、それらでアクセス修飾子を使用することはできません。

  • アクセス修飾子。 アクセス レベルを指定するキーワードは、アクセス修飾子 と呼ばれます。 アクセス修飾子の比較については、「Visual Basic でのアクセス レベル」を参照してください。

Public 修飾子は、次のコンテキストで使用できます。

Class ステートメント

Const ステートメント

Declare ステートメント

Delegate ステートメント

Dim ステートメント

Enum ステートメント

Event ステートメント

Function ステートメント

Interface ステートメント

Module ステートメント

Operator ステートメント

Property ステートメント

Structure ステートメント

Sub ステートメント

関連項目