宣言コンテキストと既定のアクセス レベル (Visual Basic)

このトピックでは、どの Visual Basic の型を他のどの型内に宣言できるか、およびそれらのアクセス レベルが指定されていない場合の既定値について説明します。

宣言コンテキスト レベル

プログラミング要素の 宣言コンテキスト は、それが宣言されているコードの領域です。 これは、多くの場合、別のプログラミング要素であり、そのために 親要素 と呼ばれます。

宣言コンテキストのレベルは次のとおりです。

  • 名前空間レベル - ソースファイルまたは名前空間内であり、クラス、構造体、モジュール、またはインターフェイス内ではありません

  • モジュール レベル - クラス、構造体、モジュール、またはインターフェイス内であり、プロシージャまたはブロック内ではありません

  • プロシージャ レベル - プロシージャまたはブロック (IfFor など) 内です

次の表に、宣言コンテキストに応じて、宣言されたさまざまなプログラミング要素の既定のアクセス レベルを示します。

宣言された要素 名前空間レベル モジュール レベル プロシージャ レベル
変数 (Dim ステートメント) 使用できません Private (Structure 内の PublicInterface では使用できません) Public
定数 (Const ステートメント) 使用できません Private (Structure 内の PublicInterface では使用できません) Public
列挙型 (Enum ステートメント) Friend Public 使用できません
クラス (Class ステートメント) Friend Public 使用できません
構造体 (Structure ステートメント) Friend Public 使用できません
モジュール (Module ステートメント) Friend 使用できません 使用できません
インターフェイス (Interface ステートメント) Friend Public 使用できません
プロシージャ (Function ステートメントSub ステートメント) 使用できません Public 使用できません
外部参照 (Declare ステートメント) 使用できません Public (Interface では使用できません) 使用できません
演算子 (Operator ステートメント) 使用できません Public (Interface または Module では使用できません) 使用できません
プロパティ (Property ステートメント) 使用できません Public 使用できません
既定のプロパティ (Default) 使用できません Public (Module では使用できません) 使用できません
イベント (Event ステートメント) 使用できません Public 使用できません
委任 (Delegate ステートメント) Friend Public 使用できません

詳しくは、「Visual Basic でのアクセス レベル」を参照してください。

関連項目