宣言された要素の特性 (Visual Basic)

宣言された要素の "特性" は、その要素の側面の 1 つで、コードが要素とやり取りする方法に影響を与えます。 宣言されたすべての要素には、次の 1 つ以上の特性が関連付けられています。

要素の特性

次の表に、宣言された要素と、それぞれに適用される特性を示します。

要素 データの種類 有効期間 スコープ 1 アクセス レベル
変数 はい はい はい はい
定数 はい いいえ はい はい
列挙 はい いいえ はい はい
構造体 いいえ いいえ はい はい
プロパティ はい はい はい はい
メソッド いいえ はい はい はい
プロシージャ (Sub または Function) いいえ はい はい はい
プロシージャ パラメーター はい はい はい いいえ
関数の戻り値 はい はい はい いいえ
演算子 はい いいえ はい はい
Interface いいえ いいえ はい はい
クラス いいえ いいえ はい はい
event いいえ いいえ はい はい
Delegate いいえ いいえ はい はい

1 スコープは、"可視性" と呼ばれることもあります。

関連項目