アプリケーション環境で MFCMAPI を使用して迷惑メール ルールをExchange Serverする方法

元の KB 番号:   2860406

迷惑メール ルールを削除する方法

注意

迷惑メール ルールを完全に削除した場合は、迷惑メール フィルター リストに表示されるアドレスを復元できません。 迷惑メール ルールを削除する前に、リストをエクスポートしてください。
迷惑メール フィルター リストからアドレスをエクスポートする方法の詳細については、「迷惑メール フィルター リストからアドレスをエクスポート する」を参照してください

迷惑メール ルールを削除するには、次の手順を実行します。

  1. 管理者は、オンライン モードでメール プロファイルを使用して新Outlook作成します。

    メール プロファイルを作成および構成する方法の詳細については、「Create an a Outlook参照してください

  2. 差出人セーフ リストとブロックされた送信者を含むアドレスの一覧をテキスト (.txt) ファイルにエクスポートします。

  3. MFCMAPI から MFCMAPI をダウンロードします

    注意

    メールボックスのExchangeを持つ管理者だけが、MFCMAPI ツールを使用して迷惑メール ルールを削除できます。

  4. メールボックスにアクセスOutlookすべてのクライアントを閉じます。 それ以外の場合、MFCMAPI ツールは迷惑メール ルールを正しく削除できません。

  5. MFCMAPI ツールを使用して迷惑メール ルールを削除します。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. MFCMAPI を開きます。

    2. [セッション] タブをクリック し、[ログオン] を選択します。 (この手順のスクリーンショットを以下に示します)。

      [セッション] タブから [ログオン] を選択するスクリーンショット

    3. リスト内の既定のメールボックス Exchangeをダブルクリックします。 これは UserName ファイルとして表示 @ DomainName.com。 新しい MFCMAPI ウィンドウが開きます。

    4. [ルート コンテナー] を展開し、[インフォメーション ストアの先頭] を展開します。 (この手順のスクリーンショットを以下に示します)。

      Top of Information Store を展開するスクリーンショット。

      注意

      リストに [IPM_SUBTREE] が表示されている場合は、キャッシュモードを使用してメールボックスにExchangeします。 MFCMAPI を終了し、オンライン モードを使用するメール プロファイルを変更します。

    5. [ 情報ストアの上部] で、[ 受信トレイ] を 選択します

    6. [受信トレイ] を 右クリックし 、[関連付 けられたコンテンツ テーブルを開く] を選択します。 新しい MFCMAPI ウィンドウが開きます。

    7. [メッセージ クラス] 列で上部ウィンドウ を並べ替、IPM を探します。ExtendedRule.Message. 表示される受信トレイは 1 つのみです。

    8. [IPM] を選択します。上部ウィンドウの ExtendedRule.Message。

    9. 下部ウィンドウで、[タグ] 列で並べ **替え、**次の 0x65EB001F。 このタグは 、JunkEmailRule 値に対応 します。

    10. 迷惑メール ルールを見つけて、迷惑メールのタグを 0x65EB001F、[IPM] を選択します。上のウィンドウで ExtendedRule.Message を再び表示します。

    11. [IPM] を右クリックします。ExtendedRule.Message を選択し、[ メッセージの 削除] を選択します。 [ アイテムの削除] ウィンドウが開きます。

    12. [削除スタイル ] ボックス の一覧で、[削除の完全なDELETE_HARD_DELETE (回復不可) を選択し 、[OK] をクリックします。 (この手順のスクリーンショットを以下に示します)。

      [完全な削除渡し] を選択DELETE_HARD_DELETE。

    13. IPM。ExtendedRule.Message は、ルールが削除された後、上部ウィンドウから消える必要があります。

    14. 最初の 2 つの MFCMAPI ウィンドウを閉じます。

    15. 最後の MFCMAPI ウィンドウで、[セッション] タブ クリックし、[ログオフ] を選択 して MAPI セッションを閉じます。 (この手順のスクリーンショットを以下に示します)。

      [ログオフ] を選択するスクリーンショット。

    16. 最後の MFCMAPI ウィンドウを閉じます。

  6. もう一度Outlookします。

  7. [ホーム ] タブの [削除] グループで 、[迷惑 メール] をクリックし、[迷惑メール のオプション] を選択します

  8. [送信者] 、[受信者 セーフ送信者セーフ] の各 タブを 確認します。 リストにアドレスは表示されません。 それでもアドレスが表示される場合、迷惑メール ルールが正しく削除されませんでした。

  9. 手順 2 でエクスポートしたリストを使用して、電子メール アドレスを迷惑メール フィルター リストにインポートします。

関連情報