組織フォーム ライブラリを作成するExchange OnlineおよびExchange Server

元の KB 番号:   3109076

概要

この記事では、2013 および 2013 以降のバージョンExchange Onlineで組織Exchange Server作成する方法について説明します。 この手順を実行した後、ユーザーは Microsoft Outlookを使用して、組織のフォーム ライブラリを表示して作業できます。

詳細情報

  1. 状況に応じて、次のいずれかを実行します。

    • リモート PowerShell を使用して Exchange Online に接続します。 詳細については、「Exchange Online PowerShell への接続」を参照してください。
    • [Exchange Server] で、[管理シェルExchange開きます。
  2. PFHierarchy という名前の新しいパブリック フォルダー メールボックスを作成します。 そのためには、次のコマンドを実行します。

    New-Mailbox -PublicFolder -Name PFHierarchy
    
  3. 組織フォーム ライブラリという名前の NON_IPM_SUBTREE ディレクトリに新しいパブリック フォルダーを作成します。 そのためには、次のコマンドを実行します。

    New-PublicFolder -Path "\NON_IPM_SUBTREE\EFORMS REGISTRY" -Name "Organizational Forms Library"
    
  4. 作成したフォルダーのロケール ID を設定します。 そのためには、次のコマンドを実行します。

    Set-PublicFolder "\NON_IPM_SUBTREE\EFORMS REGISTRY\Organizational Forms Library" -EformsLocaleID EN-US
    

    使用する正しいロケール ID を確認するには、「 languagecode Field」を参照してください

  5. 通常のユーザーごとに読み取りアクセス許可を設定します。 そのためには、次のコマンドを実行します。

    Add-PublicFolderClientPermission -identity "\NON_IPM_SUBTREE\EFORMS REGISTRY\Organizational Forms Library" -user User@domain.com -AccessRights ReadItems
    
  6. 組織のフォームをパブリック フォルダーに保存する管理者ごとに書き込みアクセス許可を設定します。 そのためには、次のコマンドを実行します。

    Add-PublicFolderClientPermission -identity "\NON_IPM_SUBTREE\EFORMS REGISTRY\Organizational Forms Library" -user Admin@domain.com -AccessRights CreateItems
    
  7. ユーザーがライブラリでフォームを発行または作成する必要がある場合は、組織フォーム ライブラリ フォルダーの所有者としてユーザーを追加します。 このためには、次のコマンドを実行します。

    Add-PublicFolderClientPermission "\NON_IPM_SUBTREE\EFORMS REGISTRY\Organizational forms library" -User <User@domain.com> -AccessRights Owner
    

    注意

    ユーザーを所有者として追加しない場合、組織フォーム ライブラリが組織フォーム ライブラリに表示Outlook。

  8. レプリケーションが発生するまでしばらく待ちます。

関連情報

詳細については、以下を参照してください。