2010 管理コンソールを使用してメールボックスのプロパティを表示Exchangeオブジェクトがターゲットの種類Exchange Online一致しない

元の KB 番号:   3142004

問題

Exchange Online メールボックスのプロパティを表示するために、オンプレミス Exchange Server 2010 インストールで Exchange 管理コンソール を使用すると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

オブジェクトがターゲットの種類と一致しません。
追加情報 :

at System.Reflection.RuntimeMethodInfo.CheckConsistency(Object target)
at System.Reflection.RuntimeMethodInfo.Invoke(Object obj, BindingFlags invokeAttr, Binder Binder, Object[] パラメーター, CultureInfo culture, Boolean skipVisibilityChecks)
at System.Reflection.RuntimeMethodInfo.Invoke(Object obj, BindingFlags invokeAttr, Binder Binder, Object[] パラメーター, CultureInfo culture)
at System.Reflection.RuntimePropertyInfo.GetValue(Object obj, Object[] index)
at Microsoft.Exchange.Management.SystemManager.WinForms.DataObjectStore.GetValue(String name, String propertyName)
at Microsoft.Exchange.Management.SystemManager.WinForms.AutomatedDataHandlerBase.UpdateTable(DataRow 行、String targetConfigObject、Boolean isOnReading)
at Microsoft.Exchange.Management.SystemManager.WinForms.AutomatedDataHandler.OnReadData(CommandInteractionHandler interactionHandler, String pageName)
at Microsoft.Exchange.Management.SystemManager.WinForms.DataHandler.Read(CommandInteractionHandler interactionHandler, String pageName)
at Microsoft.Exchange.Management.SystemManager.WinForms.DataContext.ReadData(CommandInteractionHandler interactionHandler, String pageName)
at Microsoft.Exchange.Management.SystemManager.WinForms.ExchangePage. <OnSetActive>b__0(オブジェクト送信者、DoWorkEventArgs e)
at System.ComponentModel.BackgroundWorker.WorkerThreadStart(Object 引数)

これは、2010 年のExchange Serverです。 2010 Exchange Serverのメインストリーム サポートは 2015 年 1 月 13 日に終了しました。 詳細については、「Microsoft サポート ライフサイクル 」を参照してください

回避策

ディレクトリ同期が有効になっている環境でメールボックスの受信者プロパティを表示するには、Exchange Online の Exchange 管理センターを使用するか、powerShell Exchange Online を使用します。

注意

オンプレミス のメールボックスを使用して、Exchange 管理コンソールメールボックスを作成および管理Exchange Online。

詳細

さらにヘルプが必要ですか? [Microsoft Community]または[TechNetフォーラムExchangeに移動します