プライマリ SMTP プロキシ アドレスがハイブリッド環境の targetAddress 値に置き換えられる

元の KB 番号:   4459261

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • ハイブリッド環境では、ユーザーのメールボックスのプライマリ SMTP プロキシ アドレスが SMTP:FirstName.LastName @ に設定 domain.com。

  • ユーザー targetAddress の属性は SMTP:FirstName.LastName @ に設定 ExternalDomain.com。

  • ハイブリッド環境の電子メール アドレス ポリシーは、次のように設定されます。

    • EnabledPrimarySMTPAddressTemplate: @domain.com
    • EnabledEmailAddressTemplates: { smtp:%m@domain.mail.onmicrosoft.com , SMTP:@domain.com }

このシナリオでは、ハイブリッド 構成ウィザード (HCW) を実行すると、次のコマンドレットが実行されます。

Set-EmailAddressPolicy -Identity "Default Policy" -ForceUpgrade "True" -EnabledEmailAddressTemplates ("SMTP: @domain.com", "smtp:%m@domain.mail.onmicrosoft.com", + "SMTP: @domain.com" + "smtp:%m@domain.mail.onmicrosoft.com")
Update-EmailAddressPolicy -Identity "Default Policy" -UpdateSecondaryAddressesOnly "True" -DomainController "GlobalCatalog.domain.com"

このシナリオでは、プライマリ SMTP アドレスが属性の値に置き換 targetAddress えられる。 この属性は、以前のプライマリ SMTP アドレスをセカンダリ アドレスとして持ち、属性値は proxyAddresses { 、 、 } SMTP:FirstName.LastName@ExternalDomain.com smtp:FirstName.LastName@domain.com smtp:FirstName.LastName@domain.mail.onmicrosoft.com になります。

原因

この動作は、電子メール アドレス ポリシーを更新するときに属性値が考慮される targetAddress ので、設計上の動作です。

属性 UpdateSecondaryAddressesOnly はセカンダリ SMTP アドレスのみを変更します。 ただし、属性に値がある場合は、属性のアドレスの一覧 targetAddress に追加 proxyAddresses されます。 形式が SMTP :EmailAddress の場合、属性のプライマリ アドレスが置き換え、前のプライマリ アドレス targetAddress proxyAddresses (SMTP:) が置き換まれます。セカンダリ アドレス (smtp:) として表示されます。

回避策

この問題を回避するには、属性の大文字ではなく小文字を使用します (SMTP ではなく targetAddress smtp を使用します)。