リモート接続アナライザー ツールを使用する場合、"Active Sync URL が無効な形式でした"

注意

このシナリオは、Microsoft Office 365オンプレミス のハイブリッド展開をExchange OnlineユーザーにのみExchange Server。

問題

Microsoft Remote Connectivity Analyzer ツールを使用して組織内の Microsoft Exchange ActiveSync (EAS) のトラブルシューティングを行う場合、次のエラー メッセージが表示されます。

ActiveSync URL が無効な形式でした。これは、 である必要があります https://host/Microsoft-Server-ActiveSync 。URL は Your URL でした

注意

テストを実行すると、HTTP 要求がクライアント アクセス サーバー上の MobileSync 自動検出プロバイダーに送信されます。 この要求は、ActiveSync デバイスがデバイス サーバーに接続するときに使用する ActiveSync デバイスの外部 URL を取得Exchangeされます。

CAUSE

この問題は、外部 URL が次の形式ではない場合に発生します。

https:// /Microsoft-Server-ActiveSyncNote

注意

この URL では、ホスト名プレースホルダーは、ActiveSync デバイスが EAS への接続に使用する外部ドメイン ネーム システム (DNS) の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を表します。

ソリューション

この問題を解決するには、オンプレミスサーバー上の Microsoft-Server-ActiveSync 仮想ディレクトリの ExternalURL プロパティの設定Exchangeしてください。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. オンプレミス Exchange 管理コンソール (EMC) を開Exchangeします。

  2. [サーバー構成] を展開 し、[クライアント アクセス] を選択し、適切なクライアント アクセス サーバーを選択し、[アクティブな同期] Exchange をクリック します。

  3. Microsoft-Server-ActiveSync 仮想ディレクトリを選択し、[プロパティ] を クリックします

  4. ExternalURL プロパティ で次 の形式が使用されます。

    https:// //Microsoft-Server-ActiveSync

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。