ファイル内の添付ファイルのファイル名の拡張子に基づいてメッセージの送信または受信をブロックするMicrosoft 365

元の KB 番号:   2795329

Procedure

メッセージに添付されているファイルに、現在メッセージによってブロックされていない拡張子がある場合は、メッセージの送信または受信をMicrosoft 365。 これを行うには、状況に応じて、次のいずれかの方法を使用してトランスポート ルールを作成します。

注意

このルールは、ユーザーがメッセージを送信する前にファイル名の拡張子を変更するシナリオには適用されません。

添付ファイルのファイル拡張子に基づいてメッセージをブロックするトランスポート ルールを作成するには、次Microsoft 365手順を実行します。

  1. ポータルにサインインMicrosoft 365します

  2. [管理者] を 選択し、[管理者]をExchange します。

  3. 左側のナビゲーション ウィンドウで、[メール フロー] を選択し、[ルール] を 選択します

  4. [ 新規]  ([新規] アイコンのスクリーン ショット) を 選択し、[新しいルールの作成] を選択します

  5. [新しい ルール] ウィンドウで 、[その他のオプション ] を選択します

  6. [名前 ] ボックス に、新しいルールの名前を指定します。

  7. [*このルールを適用 する] ドロップダウン リストを選択し、[任意の添付ファイル] をポイントし、[ファイル拡張子にこれらの単語が含まれる]を選択します

  8. [単語または語句の指定] ウィンドウで、ブロックする添付ファイルのファイル名の拡張子を入力し、プラス記号 (プラス記号のスクリーン ショット  ) を選択して、ファイル名の拡張子を一覧に追加します。 リストが完了したら 、[OK] を選択します

  9. [*Do] ドロップダウン リストを選択し、[メッセージをブロックする] をポイントし、[メッセージを拒否する] を選択して説明を含めるか、[誰にも通知せずにメッセージを削除する]を選択します

    必要な場合は、メール配信が失敗した理由を配信不可レポート (NDR) を受信するユーザーに通知するステートメントを追加し 、[OK] を選択します。

  10. ルール監査、ルールのアクティブ化、非アクティブ化時間などの追加オプションを指定し、[保存] を 選択します

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。