ATP 動的配信と Exclaimer が使用されている場合、添付ファイルを含むメッセージは配信されません

元の KB 番号:   4014438

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • 署名Office 365免責事項サービスのためにメッセージを Exclaimer にルーティングするテナントが設定されています。
  • 高度な脅威保護 (ATP) セーフ機能が有効になっています。
  • [添付ファイル セーフ不明なマルウェア応答] オプションの下 で、[動的配信] 機能が選択されています。

このシナリオでは、メッセージが数時間遅れるか、受信者のメールボックスに表示されない場合があります。

原因

Exclaimer は、組織内で発信されたメールを送信コネクタを介して Exclaimer クラウドにルーティングするトランスポート ルールをインストールします。 署名が適用されるとすぐに、メッセージは配信用にOffice 365にルーティングされます。 添付ファイルのスキャンはメッセージが終了する前に開始Office 365、メッセージが返された場合、添付ファイルをメッセージに正しく追加できません。

解決方法

この問題を解決するには、Exclaimer ルールを編集して、Exclaimer がメッセージを処理するまで添付ファイルスキャンをバイパスします。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. 管理者センターにExchangeします。

  2. メール フローを見つけ、ルール を選択 し、Exclaimer ルールを開きます。

  3. [次の 操作] フィールドで 、[メッセージのプロパティの変更] を 選択 し、次のようにメッセージ ヘッダーを設定します。

    ヘッダー: X-MS-Exchange-Organization-SkipSafeAttachmentProcessing
    値: 1

  4. トランスポート ルールを保存します。