(550 5.1.10 RESOLVER。ADR。RecipientNotFound) ハイブリッド展開Office 365ユーザーがオンプレミス ユーザーにメールを送信しようとすると、NDR エラーが発生する

元の KB 番号:  3197393

問題

ユーザー Office 365ハイブリッド展開で、ユーザーがオンプレミスのユーザーにExchangeメッセージを送信Exchangeできません。 ユーザー Office 365次の非提供レポート (NDR) を受け取ります。

配信できなかった User@contoso.com メッセージ。

ユーザーが見つかりませんでした<contoso.com>

NDR には、次のエラー コードが含まれます。

550 5.1.10 RESOLVER。ADR。RecipientNotFound;SMTP アドレス参照で受信者が見つからない

原因

この問題は、ユーザーがユーザーのアカウントで作成された場合Office 365。 このシナリオでは、オンプレミスのExchangeユーザーに対して参照するオブジェクトはありません。 したがって、その SMTP アドレスのすべてのクエリが失敗します。

ソリューション

この問題を解決するには、オンプレミス環境にリモート メールボックスを作成し、ディレクトリ同期の発生を待機または強制します。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. クラウド メールボックスのオンプレミス オブジェクトを作成するには、管理シェルの New-RemoteMailboxコマンドレットExchangeします。

    注意

    このオブジェクトには、クラウド メールボックスと同じ名前、エイリアス、およびユーザー プリンシパル名 (UPN) が必要です。 詳細については 、「New-RemoteMailbox」を参照してください

  2. 手順 1 で作成した新しいオンプレミス オブジェクトの ExchangeGuid プロパティを、クラウド メールボックスと一致する設定します。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. Connect PowerShell をExchange Onlineして、この操作を実行します。

      詳細については、「Exchange Online PowerShell への接続」を参照してください。

    2. クラウド メールボックスGet-Mailboxの値を取得するには、次の ExchangeGuid コマンドレットを使用します。 たとえば、次のコマンドを実行します。

      Get-Mailbox <MailboxName>| FL ExchangeGuid
      

      詳細については 、「Get-Mailbox」を参照してください

    3. オンプレミスサーバー Exchange管理シェルを開Exchangeします。

    4. コマンドレットを使用して、オンプレミス オブジェクトのプロパティの値を、手順 2b で取得した値 Set-RemoteMailbox ExchangeGuid に設定します。 たとえば、次のコマンドを実行します。

      Set-RemoteMailbox <MailboxName> -ExchangeGuid <GUID>
      

      詳細については 、「Set-RemoteMailbox」を参照してください

  3. ディレクトリ同期が行われるのを待ちます。 または、ディレクトリ同期を強制します。

    詳細については、「ディレクトリの同期 」を参照してください

  4. ユーザー オブジェクトが Active Directory Office 365として表示 されます

詳細

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。