HCW の実行中Get-WebServicesVirtualDirectoryコマンドレットの実行で例外エラーがスローされた

元の KB 番号:   3032093

注意

2010 年のハイブリッド構成ウィザード (HCW) は、2010 Exchange 管理コンソールのMicrosoft Exchange Serverサポートされなくなりました。 したがって、古いハイブリッド構成ウィザードを使用しなくなりました。 代わりに、ハイブリッド構成ウィザードOffice 365使用します。 詳細については、「ハイブリッド構成ウィザード Office 365 2010 Exchange」を参照してください。

問題

ハイブリッド構成ウィザードを 2013 年 2013 年Microsoft Exchange Server実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。

コマンドレットの実行Get-WebServicesVirtualDirectory例外がスローされます。 これは、ハイブリッド構成設定で無効なパラメーターを示している可能性があります。

これにより、ウィザードが終了しなきます。

原因

ハイブリッド構成ウィザードがメールボックス レプリケーション サービス プロキシ (MRS プロキシ) エンドポイントを有効にしていたときに、タイム アウトが発生しました。 この動作は、大規模な環境で発生する可能性があります。

回避策

この問題を回避するには、状況に応じて、次のいずれかの方法を使用します。

オンプレミス環境で 2013 Exchange Server 2010 Exchange Serverサーバーを使用している場合

MRS プロキシ エンドポイントの構成は、ウィザードの最後の手順です。 エラー メッセージは無視しても問題ない場合があります。

MRS プロキシ エンドポイントが 2013 および 2010 サーバー Exchange Server有効Exchange Server確認します。 これを行う方法の詳細については、「 リモート移動に対して MRS プロキシ エンドポイントを有効にする」を参照してください

または、ハイブリッド構成ウィザードのMicrosoft Office 365アプリケーションを使用して、ハイブリッド環境をセットアップすることもできます。

オンプレミス環境で 2013 Exchange Serverサーバーのみを使用している場合

MRS プロキシ エンドポイントが有効になっているか確認します。 これを行う方法の詳細については、「 リモート移動に対して MRS プロキシ エンドポイントを有効にする」を参照してください

また、ハイブリッド構成ウィザードの終了後に、ハイブリッド構成ウィザードが Exchange ハイブリッド (OAuth) 構成ウィザードへのリンクを表示しなくというエラー メッセージも表示されます。 トポロジで OAuth 認証をExchangeする必要がある場合は、「組織と組織の間で OAuth 認証Exchange構成Exchange Onlineしてください

または、ハイブリッド構成ウィザードのMicrosoft Office 365アプリケーションを使用して、ハイブリッド環境をセットアップすることもできます。

オンプレミス環境で 2010 Exchange Serverサーバーのみを使用している場合

MRS プロキシ エンドポイントの構成は、ウィザードの最後の手順です。 エラー メッセージは無視しても問題ない場合があります。

2010 年のすべてのサーバーで MRS プロキシ エンドポイントが有効Exchange確認します。 これを行う方法の詳細については、「 リモート移動に対して MRS プロキシ エンドポイントを有効にする」を参照してください

状態

これは既知の問題です。 この問題に対処するために取り組み、このような情報が利用可能になったら、この記事に詳細を掲載します。

詳細

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft Communityまたは TechNet フォーラムExchange移動します