ハイブリッド構成ウィザードを実行すると、SSL 証明書で失効の確認が行えな

元の KB 番号:   3067224

問題

ハイブリッド構成ウィザードを実行すると、"SSL 証明書が失効を確認できない" が表示されます。 失効の確認に使用するサーバーが到達不能である可能性があります" というエラー メッセージ。 このメッセージの全文は、次のようになります。

ERROR:ハイブリッド構成の更新に失敗し、エラー 'System.Management.Automation.Remoting.PSRemotingTransportException: リモート サーバーへの接続が失敗し、次のエラー メッセージが表示されました: 接続先コンピューター (ps.outlook.com:443) のサーバー証明書に次のエラーがあります。 SSL 証明書で失効を確認できません。 失効の確認に使用するサーバーに到達できない可能性があります。 詳細については、「ヘルプ」about_Remote_Troubleshooting参照してください。
at System.Management.Automation.Runspaces.AsyncResult.EndInvoke()
at System.Management.Automation.Runspaces.AsyncResult.EndInvoke()
at System.Management.Automation.Runspaces.Internal.RunspacePoolInternal.EndOpen(IAsyncResult asyncResult)
at System.Management.Automation.Runspaces.RunspacePool.Open()
at System.Management.Automation.RemoteRunspace.Open()
at Microsoft.Exchange。Management.Hybrid.RemotePowershellSession.Connect(PSCredential credentials, CultureInfo sessionUiCulture)
at Microsoft.Exchange.Management.Hybrid.Engine.Execute(ILogger logger, String onPremPowershellHost, PSCredential onPremCredentials, PSCredentialials, PSCredentials, HybridConfiguration hybridConfiguration)
at Microsoft.Exchange.Management.SystemConfigurationTasks.UpdateHybridConfiguration.InternalProcessRecord()'.

原因

この問題は、Microsoft Exchange Server が Windows HTTP サービス (WinHTTP) を使用してすべての HTTP トラフィックと HTTPS トラフィックを管理し、WinHTTP が Web ブラウザーで設定されているプロキシ設定を使用しないので発生します。

WinHTTP プロキシ設定を表示するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

netsh winhttp show proxy

ソリューション

この問題を解決するには、コマンド ライン ツールを使用して WinHTTP プロキシ設定と、WinHTTP バイパス リスト内のサーバーの完全修飾ドメイン名 netsh (FQDN) を構成します。

WinHTTP のプロキシ設定を設定する方法の詳細については、次のリソースを参照してください。

さらにサポートが必要な場合 [Microsoft Community]または[TechNetフォーラムExchangeに移動します