ハイブリッド構成ウィザードを実行するときに (基になる接続が閉じられました) エラー

元の KB 番号:   3068838

現象

ハイブリッド構成ウィザードを実行すると、Live へのアクセス中にエラーがWindows されます。基になる接続が閉じられました。接続が予期せず 閉じられました。エラー メッセージが表示されました。 メッセージの全文は次のようになります。

ERROR:ハイブリッド構成の更新に失敗し、エラー 'Subtask Configure execution failed: Creating Organization Relationships.

コマンドレットの実行Set-FederatedOrganizationIdentifier例外がスローされた。 これは、ハイブリッド構成設定で無効なパラメーターを示している可能性があります。

パートナー STS へのプロビジョニングを試行Exchangeエラーが発生しました。 詳細情報 ""Live へのアクセス中にエラー Windowsしました。 詳細情報: "基になる接続が閉じられました: 接続が予期せず閉じられました。."."。
at Microsoft.Exchange。Management.Hybrid.RemotePowershellSession.RunCommand(String コマンドレット, Dictionary'2 パラメーター, Boolean ignoreNotFoundErrors)

原因

これは、プロキシ設定が正しく構成されていない場合に発生する可能性があります。 たとえば、プロキシ設定では、ユーザーが使用するエンドポイントへのアクセスが許可Microsoft Office 365。

解決方法

  1. サービスで使用されるエンドポイントへのアクセスを許可するプロキシ サーバーの設定を構成します。 ユーザーが使用する IP アドレスと URL の一覧については、Microsoft Exchange Online URL と IP アドレスの Exchange Online セクションOffice 365を参照してください

  2. 次の手順を実行して、環境内Exchangeサーバーでプロキシ設定が正しく構成されていることを確認します。

    1. [プロキシ] でプロキシをInternet Explorer。

    2. netsh コマンド ライン ツールを使用してプロキシを設定します。 詳細については、「Netsh Commands in for Windows Hypertext Transfer Protocol」を参照してください

    3. コマンドレットを使用してプロキシを設定 Set-ExchangeServer します。 たとえば、次のコマンドを実行します。

      Set-ExchangeServer NameOfServer -InternetWebProxy Http://proxyURL:Port
      

      詳細については 、「Set-ExchangeServer」を参照してください

  3. ハイブリッド構成ウィザードを再実行します。

さらにサポートが必要な場合 Microsoft [Community] または [Microsoft Q&A] に移動します