Microsoft 365 にメールボックスを移動するときに"Active Directory プロパティ 'homeMDB' が受信者に書き込み可能ではありません" というエラー

現象

オンプレミスの Exchange メールボックスを Microsoft 365 に移動すると、次のエラー メッセージが表示されます。

エラー: MigrationPermanentException: Active Directory プロパティ 'homeMDB' は受信者contoso.com/Users/mailboxに書き込みできません。 --> Active Directory プロパティ 'homeMDB' は受信者 ‎contoso.com/Users/mailbox‎‎に書き込みできません。

原因

この問題は、次のいずれかの理由で発生します。

  • [このオブジェクトの親から継承可能なアクセス許可を含める/継承を有効にする] チェック ボックスはオンになっていません。
  • プロキシから使用されるMicrosoft Exchange Serverを実行しているオンプレミス サーバーは、Exchange サーバーExchange 信頼されたサブシステム の役割グループのメンバーではありません。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Active Directory の [プロパティ] ダイアログ ボックスで、[このオブジェクトの親から継承可能なアクセス許可を含める/継承<User Account> 有効にする] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. Active Directory ユーザーとコンピューター 開き、[表示] を選択し、[高度な機能] オプションを選択します。
    2. Active Directory ユーザーとコンピューター開き、影響を受けるユーザーを見つけ、[プロパティ] を選択 **<User Account>し、[**セキュリティ] を選択して、[詳細設定] を選択します。
    3. [このオブジェクトの親から継承可能なアクセス許可を含める/継承を有効にする] チェック ボックスをオンにします。
  2. 組織内でExchange Serverを実行しているすべてのサーバーが 、Exchange サーバーExchange 信頼されたサブシステム の役割グループのメンバーであることを確認します。 メンバーを確認または追加するには、次の手順に従います。

    1. [Active Directory ユーザーとコンピューター] を開きます。
    2. Microsoft Exchange セキュリティ グループを選択します
    3. [Exchange サーバー]、[Exchange 信頼されたサブ システム] の順に選択し、[プロパティ] を選択して、[メンバー] を選択します。
    4. [追加] を選択します。